燃え尽き症候群に気をつけよう!

こんにちは~
国家総合職や都庁&特別区の筆記試験が終わり、ひと段落ですね!

みなさんは今も勉強のモチベーションを維持できていますか??
既に聞いたことがある人もいるかもしれませんが、「燃え尽き症候群」について今回は記事を書かせていただきます!



私は、「自身の第一志望やその他の筆記試験を終えた後に虚無感や達成感によって勉強のモチベーションが下がってしまうこと」を燃え尽き症候群と呼んでいます(笑)
公務員試験受験者の中には毎年このような燃え尽き症候群になる人がけっこういるみたいです!
実際に私も去年のこの時期は燃え尽きていました

私の場合は、(都庁or特別区) の志望度が高かったので、(都庁or特別区) の筆記試験が終わってからは1日あたりの平均勉強時間が減ってしまいました。起床時間が遅くなってしまったり、なかなか勉強モードにならなかったりと今思い返してみれば、だらだら過ごしてしまっていたな~と反省しています。


みなさんは私と同じようにならないように気をつけてくださいね!
逆に勉強が遅れてしまっていた人たち!!この時期はチャンスです!
試験直前期は、点数が伸びやすいのでこの時期に充分逆転できる可能性があります

私の知人から聞いた話なのですが、勉強がなかなかできておらず、特別区の試験で筆記はぜんぜんできなかったけれど、5月6月に必死に勉強できたことで地上A日程の県庁に逆転合格できた人がいるそうです
これからの過ごし方で筆記試験の合否は大きく分かれるかもしれません!
公務員試験の中で一番倍率が高いのは筆記試験です。まだまだ筆記試験を控えている人は、あと1点に泣かないためにも次の試験に向けてしっかり勉強しましょう

試験直前一週間、何をして過ごした?

みなさんこんにちは、Y.Iです|v・`)ノ|Ю

本日は、私が試験直前1週間のスケジュールをご紹介したいと思います。

私の第一志望である特別区の筆記試験が5月7日(日)だったので、
4月30日から5月6日までの日程ごとにまとめていきますね


4月30日
 午前中
 ABC日程法の該当科目(5科目ほど、何度も間違えて付箋を貼った箇所のみ)を解く
 午後
 ・教養論文対策:新しい論点で教養論文を2本書く
 ・『論文マスター』のテキストで、自分がまだ書いていない論点の課題や背景を学習

5月1日
 午前中
  ABC日程法の該当科目(何度も間違えて付箋を貼った箇所のみ)を解く
 午後
  ・昨日書いた2本の論文を、担任相談で添削してもらう
  ・昨日添削してもらった点を中心に、教養論文を修正する

5月2日 基本的には4月30日と同じ
5月3日 基本的には5月1日と同じ

5月4日
 午前中
  ABC日程法の該当科目(何度も間違えて付箋を貼った箇所のみ)を解く
 午後
  ・今まで書いてきた教養論文を読み返してざっと覚える
  ・特別区の過去問(数的)で間違えやすかった問題を中心に解き直す
  ・教養論文道場のレジュメを読み返す

5月5日
 午前中
  特別区の過去問(数的)を解き直す 
 午後
  ・苦手総まとめノートの見直し
  ・論文道場のレジュメ、自分の答案、『論文マスター』のテキストを読み込む
  ・教養論文を実際の試験時間内に書く練習

5月6日
 午前中
  ・苦手総まとめノートの確認
  ・教養論文の総復習
 午後
  ひたすらダラダラ


私は教養論文を始めた時期が遅く、直前は論文対策に明け暮れていました。
が、結局用意できた論点は8論点ほどでした・゚・(つД`)・゚・

自分で書けなかったその他の論点は、論文マスターのテキストや論文道場のレジュメを読み込み
背景知識を覚え、論展開を考えていました。

直前になるともはや何をするのが効果的なのか分からず、何もやる気が起きませんでした笑
比較的軽めの内容になっていたのはそのためです。

前日の夜に至ってはもう何をしても変わらないと開き直り、
大好きな映画を観たりお菓子を作ったりと、暇を持て余していました

それまでにしっかりと筆記試験対策ができていれば、
正直本試験の1週間前だからといって、特別やることはあまりないと思います。

強いて言えば今までどうしても暗記できずに後回しにしていた問題などを、
一気に暗記してしまう、というような作業が中心になるかと思います。

また、直前期の復習には、全ての科目の苦手分野だけをまとめた、苦手総まとめノートが大活躍しました
あとはこれだけやっておけば筆記試験対策は万全だろう、と思えたのでオススメですよ~

本日で私が担当する記事は最後となります
今まで読んでくださった皆様、ありがとうございました!

セルフで本番試験を一日通してやってみよう!


皆さん、こんにちは!
アドバイザーの西村です(^-^)/
私は、今回のブログで最後の投稿になります。
悲しいです・・・(;_;)
しかし、最後まで皆さんに伝えられることは精一杯お伝えしようと思います。

今回のブログでは、
実際の本試験(筆記試験)の一日と同様の流れで過去問を解く・教養論文を書くこと
をオススメしたいと思います。
※以下、本試験(筆記試験)→本試験と記載

ちなみに今回は、私が受験した特別区を想定して記載していきますので
教養試験→専門試験→教養論文という流れの試験想定になります。
ご容赦ください。

さて、本試験の一日と同様の流れで過去問を解くことに何の意味があるのでしょうか。
過去問演習は、行っているし大丈夫だよ!と思っている方もいると思いますが・・・
疲れた状態で教養論文を書くことに大きなメリットがあります!!


実際に、朝早くから教養・専門試験を受けると疲労が溜まってきます。
その状態で教養論文を書こうとすると、あれ、いつものようにすらすら書けない、
頭が回らない、という可能性があります|ω・`)

そうなんです!疲れた状態で教養論文を書くことにとても意味があるんです!

特別区の本試験は、教養試験→専門試験→教養論文という流れで実施されます。
朝早く起きて、電車に乗って、緊張しながら試験会場に向かう・・・
そして、教養・専門試験の後に待っている教養論文試験を受験するのは夕方近くになります。
皆さんは、このような状態で教養論文を書いたことがありますか?


・・・なかなかいませんよね。
なので、
疲れた状態で教養論文を書くとどのような感覚なのかしっかりと把握し、
慣れることで本試験で実力以上の力を発揮できるようにしましょう!!


また、勉強スタイルが夜型の人は、午前中から実施される本試験に慣れるためにも必要な対策ですね。


本試験まで、いよいよ時間が迫ってきました。
限られた時間の中で無駄な時間はつくりたくないですね。
今回紹介させていただいた、
実際の本試験(筆記試験)の一日と同様の流れで過去問を解く・教養論文を書くこと
は、とても実践的で有効な対策だと思いますので是非試してみてください。



最後に、今回で私のブログ投稿が最後なので一言ご挨拶させてください。

半年間という短い間でしたが大変お世話になりました。
今は、自分が本当に合格できるのかとても不安な気持ちでいっぱいだと思いますが
自分自身を裏切らない努力の姿勢が未来の結果として現れてくるものです。

ラストスパート頑張ってください!
応援しています!

公務員合格者アドバイザー 西村修

直前期の論文対策って言われてもどうすればいいのさ

こんにちは!
新宿アドバイザーの渡辺です。

特別区・都庁の1次試験日まで残り64日ですね。
去年の今日は他社の特別区模試を受けていました。
あの模試は択一がボロボロだった代わりに
論文は少しマシな結果でした。

ということで(?)、今回は直前期の教養論文対策
私が何をしていたかをご紹介させていただきます!

なにをしていたかというと・・・

■数人で初見の問題を解く!

教養論文をいくつか書いて迎える直前期、
もう自分だけの書き方や自治体の施策がいくつか
頭に入ってきている時期になっていきます。

なので次の段階では、
本番と同様に初見の問題にどう対応するか
が重要になってきます!

私は受講生仲間数人と教室を借り、
特別区の過去問から書いたことのない問題を選んで
特別区の本試験と同じ80分で書くというものをしていました。
そして書いた後はお互い読みあわせをし、講評し合っていました

これをやると、初見の問題に対して
自分が現在どう対応できるかを知ることができる
だけではなく
新しい論点を獲得できることにもなります。

【応用編】
本試験と同じ時間割で択一を解いてから
初見の問題に取り組む


朝から受講生仲間で集まり、
教養試験、専門試験、論文試験の順で
過去問に取り組みました。

ほぼ時間通りに進めていくので、
本番のイメージがつかみやすいのと
択一試験が2つ解いた後は
かなり疲れているので
本番と同様の疲労感で書くことができる
のが良い点です。

私は論文を体調が万全なときに
書いてしまいがちなので、(疲れてるときに書きたくない)
疲労が残っているときに書く自分の論文の実力が
この時点でわかるのはかなりありがたかったです。

私は以上の対策を直前期に行い、
本番に備えていました♪
みなさんもぜひ参考にしてみて下さいヾ(o´∀`o)ノ

専門記述対策は順調ですか?都庁模試の心構え

こんにちは

今日は東京都志望の受験生の皆さんに宛てたメッセージになります。

東京都を受験される皆さん、専門記述対策は順調に進んでいるでしょうか

もしまだ全然…という方がいたら少し急ぎましょう。
ちなみに暗記方法を一例としてご紹介します。

・特にメインにする科目は択一の知識を付けてから講座を観る
・キーワードをまとめて書けるようにする
・口で言ったり手を動かしたり自分で録音して耳で聞いたりする
等があると思います

未完成でも、模試は受験することを強くおすすめします。

LECの関東地区では3月11日(日)~13日(火)に東京都模試が実施されます。
東京都を受験予定の皆さん、既に申込は済ませましたか?

こちらはコースには含まれていない模試になりますので、
まだ申込をしていない方はぜひやりましょう

模試は東京都の実際の本試験と同じ形式で実施されます。
平成29年度の本試験と同じ順番ですので、
本試験を意識して、準備して模試当日を迎えましょう。

以下は都庁模試を受験する際の心構えについて書いていきます

見直し用のレジュメや資料

教養択一・教養論文・専門記述の最後の見直し用レジュメや資料がいくつもありますよね。
そのうち、どれを持っていき、
どのタイミングで確認するか
を考えておきましょう。

教養択一の時間配分

東京都の教養択一は2時間10分です。
数的処理や文章理解を含めて40問を解ききることを考えると、時間との戦いになります。

周囲の東京都合格者に聴取すると、
数的処理を1問○分、文章理解を1問○分、知識系で○分といった形で
時間配分を事前に決めている方が殆どです。

普段QMを解く際にもタイマーを手元に置いてやっている方も多いですが、
そのペース配分を実践する機会です。

事前にどこに何分使うか、
分からない問題や時間がかかりそうな問題の飛ばし方をどうするか
等を考えておきましょう。

長丁場

模試の実施時間は10:00~17:20となっています。
実際の本試験の場合は朝も余裕を持って会場に着くはずなので、もっと長いと思います。

その長丁場の最後が専門記述となっているので、
集中力が切れないようにしておかなくてはなりません。

長丁場の覚悟をしておくことはもちろん、しんどい最後にきちんと力が出せるようにできたらいいですね

毎日やることが多くて大変かと思いますが、
頑張っていきましょう

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR