地上・一般職コースから国家総合職を目指そう!(二次試験対策編)

こんにちは!
国家総合職試験を受けられた方,お疲れ様でした!!

今回の記事では,「総合職試験の自己採点の点数が1次試験通過ラインを超えそう!」という地上コース受講生の方に向けた,国家総合職二次試験対策をご紹介したいと思います(例年,教養6割・専門7割を超えれば一次は突破できるといわれております。この付近以上のスコアであれば,二次対策を始めてもいいのではないでしょうか)!
場慣れで受けただけで,今まで総合職のことなんて全く考えていなかった」なんて方でも,今からの対策で十分に最終合格・内々定を目指すことが出来ますので,是非挑戦してみてください!!
※法律区分に向けたものとなります。

まずは,総合職の二次試験の概要について確認してみましょう。
【専門記述試験(4時間)】
憲法,行政法,民法,国際法,公共政策(A,B)より3題選択
※公共政策は2題中1題のみ選択可

【政策論文試験(2時間)】
 1題必答。資料の中に英文を含む。

【人物試験(20~30分)】
 面接官3人:受験生1人の個別面接。

以上の内,筆記試験の2つは同日に行われ,人物試験は後日別日程にて行われます。
おそらくですが,みなさんが一番不安に感じるのは【専門記述試験】ではないでしょうか。

国家総合職の専門記述は,裁判所事務官などで課される,いわゆる一行問題(「表現の自由について述べよ」など)ではなく,具体的な事例において,どのような法律的疑義が発生するかというケース問題になります(これを読んで何言ってるかわからなくても問題ありません)。
そのため,都庁や裁判所の専門記述と同様の回答の仕方をしていては,合格は難しいです。

では,地上コースからの合格者はどのように専門記述試験を乗り越えたのか,昨年度のアドバイザーの例をご紹介します。


昨年度アドバイザーの専門記述試験対策
≪属性≫
経済系学部出身・地上一般職コース・都庁の併願をしていないため専門記述の知識は皆無
≪対策時期≫
2017年5月9日~5月27日の19日間(28日が二次筆記試験日)
≪対策方法≫
総合職向けの専門記述講座を追加購入していたが,講義を受講する時間はないと判断。ひたすら総合職の過去問の回答を作成することを繰り返した。専門記述の勉強をしたことがなかったため,回答を作成する際は,司法試験向けの論証集や,法律論文の書き方の本を参考にした。
≪試験対策に使ったもの≫
国家総合職過去問,司法試験用論証集,法律論文演習本
≪勉強した科目≫
 憲法,行政法,民法


上記のような対策のみで,憲法・民法は平均点以上行政法は平均を少し下回る点数を獲得することができたようです。
総合職の二次試験に関しては一般的に,筆記・面接ともに平均点を取れば最終合格をすることができるといわれておりますので,十分なスコアであると言えます。

また,政策論文に関しては,一般的な教養論文試験対策を行っていれば,特別な対策をする必要はないかと思われます。しかし,英文資料を含む3つの資料をもとに,1つの論文を書くという試験形態は,国家総合職独自の形態となるため,2年分ほどの過去問演習をしておくことをオススメします。

人物試験に関しては,全ての公務員試験を通じて,もっともオーソドックスな面接に部類するものであると言われております。なぜ公務員なのか,なぜ国家なのか,なぜその省庁なのか,なぜ総合職なのか,ということ,加えて自己PR等,自分自身に関する考えをしっかりと話すことが出来れば,C評価(おそらく平均点)は貰えるはずです。

さて,ここまでご覧いただくとお分かりいただけると思いますが,二次試験最大の山場は,専門記述試験であります。
しかし,もともと専門記述の勉強をしていた人や,法学部出身の方は,総合職の問題形式になれるだけで,あとは元々身につけていた知識を出し切れば,それなりの点数をもらうことが出来ると思います。

法学部以外の出身で,専門記述の勉強をしたこともないという方は,非常にハードではありますが,ひたすら過去問を解くことで,インプットとアウトプットの作業を同時に行いましょう!
その際は,先述したように,参考書などを見ながらでもかまわないので,正しい知識・正しい形式で1つでも多くの論文を書くことを心掛けましょう。

また,機会のある方は,受験生同士で添削をしあったり,担任相談を利用して添削を申し込んだりするのもいいかもしれません

限られた時間の中で,1つでも多くの答案を仕上げること,これが最終合格への鍵であると思います。
最後まで諦めずに頑張りましょうヾ(・∀・)ノ

横浜市に向けて何してた?


皆さんこんにちは!横浜本校の小林です!
いやぁ~月日が経つのは早いもので…もう3月ですね。アドバイザーと話せるのも本当にあと少しです。ちなみに…誠に申し上げづらいのですが、自分はアドバイザーイベントの大相談会には参加できません。そして…何の縁か分かりませんが、横浜本校での最終勤務も今日が最後です。「“面接の小林”に会いたい!」という方は今日までなら横浜本校にいますので、是非いらしてください!

さて、結局最後まで横浜から出ないように努めていた小林ですが、皆さんご存知の通り、自分は横浜市役所にて働くことになります。本当に横浜づくし!面接で「愛する横浜市」と言い放ったぐらいですから、横浜づくしなのは嬉しい限りです(笑)。そんな横浜ラブな小林からの最後のお話は…

「横浜市の受験に向けて何をしていたか」です。
せっかくですからね…最後も横浜で締めさせて頂きます。
東京の支店通いで横浜市志望の方、是非参考にしてください!

まず、前提として…横浜市の試験の配点比率はご存知でしょうか?

○横浜市配点比率(H29年度採用試験)
事務
一次試験:教養試験(610)=610
二次試験:専門時事論文(100)+面談(200)=300
三次試験:教養試験(15)+専門時事論文(15)+面談(30)最終面接(600)=660

ご覧になってお分かりの通り、横浜市の試験で最も重要な試験は人物試験です。そのため、何よりも対策に力を入れて頂きたいのは面接対策です!だからこそ!小林は「面接の小林」になったんです。
さて、面接対策が何よりも大切であるとお話したうえで、どのような対策をしたかについてお話します!

1.~4月中旬
4月の中旬に横浜市のエントリーシートの提出があります。これが人物試験を左右する大事なシートになります。自分は何度このシートの書き直しをしたか…。そしてどれだけ多くの人に話を聞いたことか…。そのため、このエントリーシート提出の前までに自己分析・他己分析を済ましていただいた上で、横浜市のエントリーシートの提出に繋げてもらいたいです。

2.~5月
基本的には特別区の対策しかしていません。筆記の対策は本当に専門の問題しか解いていないですし、論文の対策も教養論文しかやってないです。でもそれで大丈夫です。なぜなら、特別区の対策がそのまま横浜市の対策に繋がるからです。特別区の対策が終わり次第、横浜市に目を向けられるようにしてください!他の試験を受ける方も基本的にはその試験の対策をすれば大丈夫です。横浜市の試験日が近くなってしまうようなら…次の3を並行して進めてください!

3.5月~第1次試験日
社会科学の対策はあまり必要ありません。なぜなら、特別区の専門の対策がそのまま横浜市の社会科学の対策になっているからです。その代わりにやってもらいたいことが、「時事」です。これは2次試験の専門時事論文はもちろん、1次試験の教養試験にも出題されます。こちらはしっかりと対策をしてもらいたいです。また、「数的処理」も対策をしていく必要があります。そして、特別区では捨てていたかもしれない教養セレクトの単元の対策をして、この辺でも点数を拾えるようにしていきましょう!特別区の受験が終わったからといって、「燃え尽き症候群」にはならずに、しっかりと対策を続けてくださいね!

4.~二次試験(専門時事論文)
さぁ、長かった筆記対策は終わりました!残りでやるベきことは2つのみ!「時事論文対策」「面接対策」です!こちらを同じくらいの割合で対策を進めていきましょう!ただ、「時事論文対策」は対策が難しいです。教養論文の論点や対策講座の予想論点などに頼って自分なりの論文解答案を作っておくことが対策としては有効です。あとは「面接対策」!担任HRなどを通じて友達を作り、その友達とひたすらに数をこなしましょう!慣れていけば勝ちです!

5.~残りの期間
あとは「面接対策」のみです。しかしこれも週に2~3回くらいでかまいません。他に試験が無いならば、遊びながら対策を進めてください(笑)。ただ、家に引きこもるとかはやめてくださいね?人と話すことは普段から大切にしてください!数をこなして慣れていったその面接練習を本番で発揮できれば、合格が見えてきますよ!

大まかではありますが、以上が一通りの横浜市の対策です。とにかく「面接対策」!しっかりと「自己分析→他己分析→面接練習」を進めてくださいね!

さて、今日がWeb上(ブログ)でも、対面(アドバイザー相談が今日で最後)でもお会いできるのが最後です。皆さんが公務員となって、何かの縁でまたお会いできるのを楽しみにしていますね!
さぁ残り少し!
受験生ラストファイッッッッットオオォォォォォ!

2/21の新宿エルタワーイベントでいただいた質問にお答えしました!

こんにちは!
新宿エルタワー本校アドバイザーです!!

2/21に新宿エルタワー本校で行われました
「面接シート大公開!~私たちこれで合格しました~」
にていただいた質問にお答えしました。

イベントに参加された方もされていない方も是非ご覧下さい。

<詳細はここから!!!!>

来年度の試験日程が確定!!

こんにちは~アドバイザーのK.Rです。


平成30年度の国家総合職国家一般職
そして裁判所事務官の採用試験日程が決まりましたよ

国家総合職の第1次試験日:4月29日(日)
国家一般職の第1次試験日:6月17日(日)
国家公務員の採用試験情報はここから

裁判所事務官総合職&一般職の第1次試験日:5月13日(日)
裁判所事務官の採用試験情報はここから

今年の試験日程とほとんど変わりはありませんね

公務員試験において、まず重要なことは情報を入手することです
公務員試験は無料で受けられるので、気になる職種があれば
今回紹介した試験種以外の職種も積極的に調べてみましょうヽ(≧∀≦)ノ

財務専門官とは。

こんにちは!!!
合格者アドバイザーのS・Nです。

本日は、財務専門官とはどんな仕事かを、ご紹介したいと思います。

①財務専門官とは?
財務専門官とは、各地方の財務局で財務省と金融庁の仕事を行う、地方財政&金融のスペシャリストです。
財政・金融の業務を通じて、国と地方を結びつける役割を担っています。

②財務専門官はどんな仕事をしているの?
例えば、財務専門官は、地方版「財務省」として、各地域の国有財産を管理しています。
公共の目的で、事業用地を求める地方公共団体があれば、
打ち合わせを重ね、財務局が当該地方公共団体に国有地を適切な価格で貸付けています。
財務専門官は、国家公務員でありながら、
担当する地域の都市の再生・まちづくりに関わることが出来るのです!

また、財務専門官は、金融庁から事務の委任を受けて、金融機関の検査・監督を行っています。
金融機関とは言っても、メガバンクの検査・監督は、金融庁の管轄なので、
財務専門官は、担当する地域の金融機関、所謂、「地方銀行」と呼ばれている金融機関の検査・監督を行います。
このように、財務専門官は、金融の業務を通して、地方経済の発展に関わることも出来るのです。

③活躍の場は広い!!!
財務専門官は、全国10ヶ所の財務本局を中心として、40ヶ所の財務事務所と13ヶ所の出張所で働いています。
国家公務員でありながら、地域を主体で仕事をすることが出来ることは魅力的だと思います。
また、財務局だけでなく、財務省金融庁で、さらに大きいスケールの仕事が出来ます。
地方と国、どちらの仕事も出来る、やる気次第でどんどんと活躍の場が広がる財務専門官はとてもおすすめです!!

私からの財務専門官の仕事紹介はこれで以上となります。
本日紹介したものは、あくまで財務専門官の仕事の一部です。
他にも、魅力的な業務が沢山あると思います。
興味を持って頂いた方は、ぜひ、財務局のHPで財務専門官について調べてみて下さい。
そして、
さらに、財務専門官って良いな。と思った方は、試験に挑戦してみて下さい!!!

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR