技術系必見 ~春休みの活用方法~

みなさん、こんにちは!!
LEC技術系合格アドバイザーのMです。

学生のみなさんはそろそろ春休みですね!!
春休みといえば...
公務員試験勉強追い上げのチャンスです!!
今回は春休みの活用方法についてご紹介していきますので、
みなさんも一緒に春休みを充実させましょう!!


技術系必見!! 春休みの活用方法

1.春休みの計画を立てる
勉強関連
受験日から逆算して、今の時期にやっておくべきことを決め
そこから春休み期間中の目標としてスケジューリングしていきましょう!!

イベント関連
春休み期間中は各省庁のイベントや
リアル面接シミュレーションなどのLEC相談ツールを活用するチャンスです!!
早いうちから興味のあるイベントの日時を調べ、
春休みの期間を活用し、積極的に参加するようにしましょう!!
(気付いたら終わっていた...なんてもったいない!!)

2.自分のお気に入りの勉強場所を確保
春休みは勉強以外特にすることないな~これは要注意!!
自宅で勉強するつもりが、ついつい怠けてしまい全然勉強できていない!!

そんなことにならないためにもお気に入りの勉強場所を確保しておきましょう
大学の図書館や、喫茶店、LECの自習室、どこでもいいのです。
決まった時間にそこで勉強するようにルーティーン化しておくと
自然に勉強時間も確保されていきます。
但し、外出する際はマスク着用をオススメします!!

3.ご褒美を決めておく
春休み中に勉強がスケジュール通りに行き、やるべきことをやったら
自分にご褒美を!!ご褒美はモチベーション維持になり、
ご褒美のために今頑張れば、最終的に「合格」というご褒美が...


以上、春休みの活用方法についてご紹介していきました!!
勉強スケジュールを立てる際は
あくまでも合格するための効率的な勉強スケジュールを心掛けてください。
何をすべきかよくわからない!!そんなときは...
LECの担任相談、アドバイザー相談をご活用ください!!

技術系必見!!お悩み相談その2~専門記述の勉強方法~

みなさん、こんにちは!!
LEC技術系合格アドバイザーのMです。

技術系によくあるお悩み...第2段!!
「専門科目、特に記述式の場合はどのように対策したらいいんですか?!」
私も受講生時代、これは悩みどころでしたね~
そこで今回は技術系必見、記述式専門試験の対策方法についてご紹介していきます。
それでは以下3つのステップをご覧ください!!

基礎固めをする
記述式は完答出来ずとも部分点を得られる可能性が高く、
それには基礎固めが必須です。
公式もすぐ思いつくまでに完璧にし、
公式の意味も抑えておきましょう。
何を求めるために何を使った公式なのか、
講義でも説明があるのでよく聞いておきましょう。

過去問を解く
過去問を解き、正誤を確認する際に特に間違った問題に注意しましょう。
その際に『なぜこの問題が解けなかったのか』『どこまで解けたのか
ご自身の理解度をよく意識しながら、
解けなかった問題への対処法を考え早急に対処していきましょう。

過去問を元に周辺知識を埋めていく
過去問の傾向を分析し、出題傾向に合った勉強をしていきます。
東京都であれば専門用語の意味を問われる問題もあるので
教科書等から出そうな専門用語とその意味を抜粋し、
文章として記述できるようにしておく といったように
出題傾向に合ったポイントをつかむことで
単なる勉強ではなく、試験対策をするように意識しましょう!!

以上のステップで特にのステップを反復し、
で過去問を解いていった際に理解が甘いと感じたところで
に戻ってみるといったことを繰り返していきました。


オススメアイテム
ノート
問題と自分の回答、正誤を見直しできるノート
やる気が出ないとき、空き時間に見返せば
何もしない時間よりずっとイイ☆

教科書
問題集では理解できなかったとき、
または専門用語の意味を知りたいとき、教科書が活躍します!!
大学で使った教科書で十分です!!
自分が使い慣れた、自分に合った教科書を相棒にしましょう。
インターネットに頼る手もあるのかもしれませんが、
なかなか検索がヒットしなかったりで意外にも教科書より時間がかかったりします。
そこで教科書をメインにすることをオススメします!!

LECの東京都・特別区 記述対策講座(電気・建築・土木・機械・化学)
東京都・特別区の過去問はHPに過去数年分しか掲載されていないうえ解説がありません。
この講座では最新のもの、入手困難な年度のものを含めた
数年分の過去問が解説付きで用意されています。
これは単なる勧誘ではなく、本気でオススメいたします
気になる方は是非、各支店にお問い合わせください。


長くなりましたが...皆さん、いかがでしたか?
今回の勉強方法も参考にしつつ、
ご自身に合った勉強方法を確立していっていただきたいと思います!!

専門科目はすぐに理解できる内容ではなく、何度か嫌になったこともありますが
根気があれば必ずクリアできます!!
一緒に頑張りましょう!!

それでは今日はここまで


技術系公務員 お正月企画~新年まずはコレをやろう!!~

あけましておめでとうございます!!
LEC技術系合格アドバイザーのMです。

今回のテーマはお正月企画ということで
新年に是非やっておいていただきたいことを
お伝えしたいと思います。


技術系お正月企画
試験本番までの計画を立てよう!!

ここで早速ですが、
計画を立てる上でまずは準備が必要です!!

準備1まず手帳を用意してください!!
今年の手帳買いましたか?
手帳は書き込めるスペースが多く、
タイムスケジュールの機能があると
勉強スケジュールの管理がしやすいのでオススメ!!

準備2今年の予定を手帳に記入
大学のテストや春休み、模試や説明会の日時等
既に明らかになっている予定はスケジュール帳に
どんどん書き込んでいきましょう。
ここでポイントは説明会の予約の有無を確認しながら
予約開始時も手帳に書き込んでおくことです。
忙しくなるとついついこういった
手続きを忘れてしまうのを防ぐためです。
LECのリアル面接シミュレーションもそうですよ!!

では、いよいよ計画を立てるときです!!
手帳に記入したスケジュールを基に
勉強計画を立てましょう!!
基礎固めはいつまでに仕上げ、過去問はいつから手をつけるべきか
それは自身の今後の予定が大きく左右します。
例えば、1,2月のテスト期間中には公務員試験勉強の比重をやや下げて
春休み開始時点で巻き返すといったようなことです。

ここでストイックに勉強計画を立てていくと、
後で出来なかったときにストレスになり
予定も狂いやすくなります。
よってその時期の状況に合わせて勉強計画にも強弱をつけ
確実にこなせる勉強計画を立てましょう。

ここでお伝えするように
あくまでも勉強スケジュールは
自分に合ったものをオススメします!!
合格経験者と同じ時期に取り組もうとするのは
注意が必要です!!時間の使い方は人それぞれですから!!


試験本番の時期が迫ってくると本当に忙しくなります。
今のうちから計画を立て、出来ることはやっておく
数ヵ月後には今の自分に感謝したくなるほど楽なのが最高の状態です!!
課題をクリアにすると精神的にも余裕が生まれ、
いい状態で試験にも望めます。

勉強等のスケジュールで不安があれば
いつでもLECアドバイザー相談、担任相談をご活用ください!!

技術系受講生~よくあるお悩み相談その1~

皆さん、こんにちは!!
LEC技術系合格アドバイザーのMです。

今回は技術系受講生によくあるお悩みについて
皆さんとシェアして
一緒に考えていきたいと思います。

今回のお悩みテーマは
「大学でやっていることを公務員になってから活かせる気がしない」です。

「今、ちょうど自分も悩んでいることだ!!」
そんな受講生の方には
1つの参考として読んでいただけると幸いです


「大学でやっていることを公務員になってから活かせるのか」
⇒自身の専攻分野もしくは研究内容が
  志望先の業務内容に一致しそうにない...
⇒ うわぁぁあああー!!
   志望動機が書けない

ということになり公務員試験自体も不安になったりします。
そこで簡単に諦めず、まずは自身がやってきたことを
よーく理解しましょう!!
次に自身の志望先の仕事内容を調べていくのです。
採用HPに記載されている情報もそうですが
一番は
説明会で職員さんからお話を聞くこと です。

このような準備段階を経て、
次に共通点を探していきます。
一見すると共通点はなさそうに見えますが、
授業のグループワークや研究等で問題解決に尽力し
周りを説得したり、何か特別な工夫を凝らしたり
そんな経験は問題テーマは違えど公務員のお仕事と共通します。  

このように専攻分野のみに気をとられず、
取り組んできた際の方法、工程にも着目してみましょう。
すると共通点、もしくは公務員になってから活かせそうな
自分の強みを見出せたりします。

整理しないまま
ただ漠然と「関係しそうにないから無理かな~」
と諦めてしまうのはもったいない!!
皆さんの今までの取り組みは無駄にはならないはずです!!

それでもやっぱり誰かに相談したい!!そんなときは...
LECの担任相談、アドバイザー相談をご活用ください!!

【技術】土木職の民間と公務員の違い

おはようございます!!
合格者アドバイザーの高見です!
本日は土木の民間と公務員の違いについて書きたいと思います

就職活動を始めたての頃は全く分からず将来どうすればいいんだと悩むところだと思います。
まず大前提として社会インフラの整備,都市づくりには大きく4段階あります。
第1に都市づくりの基本となる計画
第2に具体的な方法を考え図面に書き下ろす設計
第3に実際に構造物を作る施工
第4に完成した構造物を長期に渡って保全していく維持・管理

計画→設計→施工→維持・管理という手順になっています!!

では,まず民間について見ていくと民間は1つの分野に特化して専門的に携わることができることが大き点です。具体的には計画であれば建設コンサルタント,設計であれば設計会社,施工であればゼネコンといった風に携わる分野が分かれています。
なので「私はこの分野を極めてスペシャリストになりたいんだ」という人には向いていると思います。また,実際に自分の手で作りあげた構造物を見たときにはとても達成感を味わうことができると思います。

続いて次は公務員について見ていくと,公務員は土木の幅広い分野に総合的に携わることができるのが大きな違いです。
自治体によって異なりますが東京都で言えば,道路・鉄道・河川・港湾・上下水道といった風にとても分野が広いです。公務員の土木での立場としては社会インフラの課題を見つけ計画をたて民間に発注し,民間が行う作業に対して総合的に監督することです。なので「1つのことに専門的になるのではなく計画から維持管理まで全て経験してみたい」という好奇心旺盛の人には公務員の土木職が向いていると思います。
実際私自身も1つの専門職を決めきれずに公務員という職を選びました。
また,自分が好きな街を自分の手でより良い街にしていくことができるのは公務員という立場でしかできないと私は考えています。

今から公務員を目指しても全然間に会うので自分がこれから先40年間何をしたいかをよく考えて就職活動してみてくださいヾ(・∀・)ノ

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR