講義の復習

みなさん、こんにちは!アドバイザーの小林です!

寒くなってきましたねぇ...、皆さんも体調崩さないように気をつけてくださいね~!

さて、今回自分がお話しますのは「講義の復習」についてです!
みなさん、まず受講は進んでいますでしょうか?勉強の進んでいなかった自分でも専門マスター3つくらいは既に終わらせていました。ヤヴァそうな人は頑張って下さい!

では、復習はどうするか?まず勉強の大前提として、基本的には...
「インプット→アウトプット」の繰り返しです!
ただ、あまりに暗記する量が多い公務員試験...
自分は以下のように復習を進めていました!

1.受講が終わったら、該当箇所のQMを解く
受講でインプットが済んだら...
「学んだ内容をしっかりと問題演習に活かせることができるか?」
の確認のためにすぐに問題を解いていました!

知能系の教養科目であれば、学んだ公式や読み方を自分なりに応用して問題の答えを導き出せるか?
知識系の教養科目であれば、学んだ知識をしっかり把握できているか?
法律系の専門科目であれば、学んだ条文や判例を応用して答えを導き出せるか?
経済系の専門科目であれば、学んだ公式や計算をしっかりと使って答えを導き出せるか?
学系の専門科目であれば、学んだ知識をしっかりと把握できているか?

かっこよく書いてみましたが、単純に知識の確認です(笑)
確認問題・基本問題だけで十分です!「まずは解く!」を大事にしていました。
そして、間違えた問題はKマスターで見直して、インプットし直していました!
この「受講→演習」の要領でひたすらに受講を進めていました。

2.受講全てが終わり次第、ひたすらに問題演習
自分は全ての受講が終わるのにかなりの時間を要しましたが...受講が終わり次第、ひたすらに問題演習していました。

大学受験の経験上、暗記でも計算でも...
「数をこなして慣れる」
ということを教訓にしていた自分は狂ったようにQMを回し続けていました。
そしてやはり、間違えた問題は再びKマスターを見直し、基本を常に振り返っていました。

あまりに時間が無かったので、全科目ではなく一部の科目は捨てていましたが...。
しっかりと問題数をこなせた科目は本番でも自信を持って臨むことが出来ました!



基本的には以上の2つしかしていません...。
「間違えた問題をまとめてノートを作る!」とか...
「公式をメモにまとめて常に持ち歩く」とか...
「スマホに講義の音声をダウンロードして電車とかで聞く」とか!
そういった殊勝な勉強法は一切していません...。(やったら実際に効果はありますよ?)

とはいえ、自分の経験上では...
「数をこなして慣れる」
という勉強はやはり有効です。
みなさん、受講が終わり次第、問題数をこなして知識を定着させるとともに問題に慣れていきましょう!

以上、塾講師であることもあり根性論で押し切りがちなアドバイザーの小林からでした!

苦手科目のアプローチ方法

こんにちは!
新宿エルタワー本校のアドバイザー、渡辺です。

8日に新宿エルタワーにてイベントを開催させていただきましたが
30人後半という予想を超える来場者に感涙しております(T_T)

今回はそのイベントでも少し扱いました苦手科目について
私がいかにアプローチしたかをお伝えさせていただきます

まず私の苦手科目は
世界史!
物理!!
行政法!!!

でした笑

3つありましたがそれぞれやり方も違うのでそれぞれ記載します!

①世界史
世界史はそもそも高校時代から苦手科目筆頭でした。
なぜか世界史のカタカナが異常に覚えられず、
高校生のときから本当に必要最低限のことしか覚えていませんでした。
そのためセンター試験でも世界史は選択せず…

そんな背景もあり、元々苦手意識はありましたが、
公務員試験では必答しなければいけない試験もあるため
とりあえず講義は受けました。
講義を受けた後すぐクイックマスターに取り組んだのですが、
・・・全く解けない_(:□ 」∠)_
ので捨てました笑

私は今年の1月というかなり遅れた応対で学習を始めました。
元々苦手で出題数の少ない科目よりもそれより取り組みやすく
かつ問題が多く出る科目を頑張ろうと考えました。


世界史が必答な試験では全て勘で解答しました!ドヤ

②物理
物理も高校時代から苦手な科目ではありました。
勉強時間をそれなりに割いてもなぜか赤点付近になるという魔の科目であり、
物理もとりあえず講義は受けましたがクイックマスターは解きませんでした。

その代わり、直前講座を受講しました!

特別区用の直前講座を受講し、過去の傾向から今年出そうな分野だけ
勉強して試験本番に臨んでいました。
結果としては、本試験に一部出題され、得点を稼ぐことが出来ました!!
先生ありがとう!!

③行政法
行政法は公務員試験の中でも主要科目といわれるほどの重要科目です。
しかし、他の法律系よりも判例と結びつけたりして解くということが出来ませんでした。
そのせいでクイックマスターの○×チェック表にも×ばっかりに…

そこで行政法は過去問を中心に解いていました!

公務員試験の中でも特別区・都庁は過去問に試験の傾向が現れていることが多いです。
そこで私は特別区の過去問を平成14年~平成28年の過去問を2周し、
他の科目よりも行政法の理解に時間をかけていました。

特別区後も各試験の傾向を照らし合わせながら、過去問を回しまくることで
試験当日に点数を稼ぐ事が出来るようにしておりました。

公務員対策が1月からのため苦手対策がかなり力技なところもありましたが、
科目に合わせて取り組み方を変えていくことで効率的な学習をしよう!
というのは心がけていました.

みなさまも苦手な科目はあるとは思いますが、どう取り組んでいくか一緒に考えていきましょう!
新宿エルタワーでご相談お待ちしております!

勉強場所について

こんにちは。千葉本校アドバイザーの榊原です。
本日は勉強場所について記事にしたいと思います。

 今の時期はクイックマスターなどの問題集を解くのに時間を割いていると思います。これからは、さらに時間を割いて問題集に取り組むことになるでしょう。起きている時間の多くは勉強に費やすことになると思いますが、自分に合った勉強場所を選ぶのは重要です。そこで、今回はいくつか候補を挙げてみたいと思います。参考にしていただけると幸いです。

①自室
 私は自室で勉強するようにしていました。自室のメリットは環境を整えることが容易であることです。冬という季節は体調を壊しやすいと思います。風邪予防のために空気の乾燥は最も警戒しなければならない問題です。加湿器を使いましょう・・・。無ければ濡れタオルを干しておくだけでも構いません。また、休憩を満喫できるのも自室のメリットであると考えます。休憩時間に珈琲を飲みながら、音楽を聴いたり、映画を観たりなど、他人に気兼ねしないでリフレッシュすることができます。以上の二点から私は自室で勉強していました。

②LEC自習室 
 自習室で勉強するのも有効な手段であると考えます。なぜならば、自身と同じように公務員を目指している方がいるからです。持論ですが、勉強は一人でやるものだと思います。しかし、時にはサボりたくなったり、挫けそうになったりすることもあると思います。そのような状況で同じ目標に向かい、苦しみながらも頑張る受講生を見ることは自身に刺激を与える貴重な機会であると思います。

③図書館・喫茶店
 図書館・喫茶店のメリットは色々な人がいる状況で勉強できることです。見られていると感じることで、自然と勉強する気持ちになります。時には環境を一変させることでマンネリから脱却しましょう。

 勉強は長期間継続して行わなければ、成果は出にくいと思います。自然とストレスも溜まるはずです。心と体のバランスを崩さないよう、自分に最も合った方法を探し、地道に頑張ってください。

捨て科目について

こんにちは!合格者アドバイザーのF.Mですヾ(・∀・)ノ

「公務員試験って出題される全ての科目を勉強しないといけないんですか?」
「○○の科目、苦手なんですけど捨て科目にしていいですか?」
最近、受験生からこのようなお話をよく聞きます。
かくいう私も受験生時代は苦手な民法を捨て科目にしたくて仕方ありませんでした。。。

ということで、今日は捨て科目についてお話します(^-^)/


★まず捨て科目って?
公務員試験の出題科目は膨大で、驚いた人も多いと思います。しかし、中には1点分しか出題されない科目もあります。
また、試験種によっては解答が選択式で、出題される全ての科目の勉強をしなくても得点できる場合があります。
このような試験の特徴を利用し、最初から勉強しない科目のことを「捨て科目」といいます!
私は物理を捨て科目と考えていました(実際には直前講座で少し対策をしました)。

捨て科目をつくるべきか、つくっても合格できるかどうかは、受験先の出題状況、受験勉強を始める時期、勉強に使える時間、受験生のバックグラウンドなど様々な要素によります。

ただ、個人的にはあまり早い時期に捨て科目をつくってしまうこと、3科目以上捨て科目をつくることはオススメしません。


★捨て科目をつくるメリット・デメリット
では、捨て科目をつくるメリット・デメリットは何でしょうか?私が受験生活を通じて感じたことをお伝えします。

①メリット
・時間のない受験生にとって効率的な勉強につながる
(苦手で配点が低い科目に時間を取られず、主要科目の勉強に集中できる)

②デメリット
・思ったより主要科目で得点できなかったときに、捨て科目で失った数点が合否を左右する
・試験科目、配点が昨年度の試験と異なった場合対応できない
これは今年度の東京都Ⅰ類A,Bで実際にありました(世界史or日本史 → 世界史&日本史 に変更)


★捨てるとダメージが大きい科目・捨ててもダメージが少ない科目
①捨るとダメージが大きい科目
配点が3点以上ある科目を捨てることは危険です。
なぜなら、公務員試験は1点が合否を分けるシビアな試験だからです(特に東京都のような足きりがある試験種は注意!)。
具体的には、教養の主要科目(数的処理・文章理解・社会科学・時事)、専門択一が課される試験種では専門の主要教科(法律系3科目・経済原論2科目)を捨て科目にするのはやめましょう!
また、行政系科目(政治学など)に関しても主要数科目は履修するようにしましょう。
上記にあげた科目については年内にしっかりと基礎を固めることをオススメします。

②捨ててもダメージが少ない科目
配点が1点しかないにも関わらず勉強に時間がかかる科目(A)、そもそも多くの試験種で出題されない科目(B)、は捨て科目とするのもやむなしだと思います。

(A)とは、教養の自然科学系科目(物理、化学など)、人文科学系科目(思想&文芸、日本史・世界史どちらか1科目)などを指します。
ただ、前述のとおり公務員試験は1点が合否を左右する試験です。このような捨て科目は1科目(多くても2科目)に留めましょう。命取りになる可能性があります。

(B)とは、教養の数学、専門の労働法・刑法・会計学などを指します。
これらの科目は自分が志望している試験種で出題されない場合、出題されても選択しないことが可能な場合は勉強する必要はありません。逆にコストパフォーマンスの観点から、主要科目の勉強により多くの時間を割くほうが望ましいと思います。


★ちょっと待った!完全に捨ててしまう前にやること
これまで捨て科目について説明してきましたが、やはり独断で完全に捨ててしまうことはもったいない…!ということで、完全に捨ててしまう前にやってほしいことをお伝えします(^∇^)ノ

①直前講座を活用する
LECでは、毎年4月・5月に本試験で出題されそうなポイントが詰め込まれた直前講座が実施されています!
「直前」といっても、内容が難しいわけではなく、基礎的な部分も含めて説明してくれます。
そのため、捨て科目と考えていた科目でも、直前講座を活用し、最低限のポイントを押さえることで、本試験で得点につなげることができます(^-^)/
実際、私も捨て科目としていた物理についても自然科学の直前講座を活用し、完全に捨てることはしませんでした。

②担任相談を活用して講師の先生の判断を仰ぐ
捨て科目が思わぬかたちで必要となり、合否に影響することも考えられます。また、タイムマネージメントをしっかりすれば、時間をつくることができる場合もあります。
そのため、独断で捨て科目を決めてしまうのは危険!!

担任相談を活用して、受験のプロである講師の先生に相談してから決めましょう(^∇^)ノ


以上、捨て科目についてのお話でした♪

捨て科目をつくるかどうかは、最終的に受験生の選択になります。
試験勉強全体のスケジュールを考え、広い視野を持って考えてくださいねヾ(o´∀`o)ノ


エルタワーオリジナルイベント「特別区と都庁!あなたはどっち?」開催のお知らせ
本日、LEC新宿エルタワー本校にて、オリジナルイベントを開催します!!
都庁、特別区どっち受けよう?と悩んでいる受験生にぴったりのイベントですヾ(o´∀`o)ノ
個別相談会も実施予定♪
多くの方のご来校お待ちしております~!

<詳細>
・日時:11/8(水) 17:00~18:30  ← 本日!!
・対象:LEC受講生
・参加アドバイザー:【特別区】渡辺、S.M、西村   【都庁】F.M
・持ち物:特になし♪

数的処理が絶望的に苦手なあなたへ

みなさんこんにちは、Y.Iです|v・`)ノ|Ю
今日は、数的処理の勉強方法についてお話しようと思います。
※冒頭は私の恥さらし記事です※


まず私は大学3年生の9月にLECに入会し、そこから勉強を開始しました。
理数系科目が絶望的に苦手で、数的処理は最後までできるようになったなという実感は得られませんでした。゚(゚´Д`゚)゚。
そして今だから言えますが、【図形】分野に関しては受講すらしていません…
3月の特別区模試でも数的の正答数は9/19で、本試験ではもっと少なかったです…(恥)
ただ、それでも国家総合職、特別区、市役所筆記試験など問題なく通過することができたので、数的でくじけそうな人にこそ読んでほしいなと思います。


今回の記事で皆さんにお伝えしたいことは以下の3つです。
数的が出来ないなら、他の得点戦略を立てよう!
苦手を克服するために時間を費やすことが必ずしも得策とは限りません!
過去問と似た問題が出題される試験種では、過去問演習を徹底しよう!


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

数的が出来ないなら、他の得点戦略を立てるべし!
 私の場合は数的が出来ない分、【文章理解】と【自然科学】+【社会科学】でしっかりと得点を稼ぎました
文章理解は1問間違いまでに留めるようにし、苦手な理系科目の自然科学も生物、地学を完璧にして、化学の暗記分野、物理の頻出分野をしっかり演習を繰り返しました。数的とは違い、覚えさえすれば点が取れるんですから!(o゚□゚)o
 数的を他の科目でカバーすることは十分に可能です!
その場合は早めの時期からどのように他の分野で得点していくのかを考え、それに合わせて日頃の勉強計画を立てましょう!


苦手を克服するために時間を費やすことが必ずしも得策とは限りません!
 私は2月頃まで、1日に3時間も数的のQMに時間をかけていましたが、それだけ時間を割いたわりに結局数的の力は伸びませんでした(恥)
つまり、費用対効果が全くつりあっていなかったのです…((((;゚Д゚)))))))
 数的を勉強してみて、全く実力の伸びを感じられないのであれば、数的の時間を減らし、そのぶん他の科目に回して全体的な得点アップを狙うことも一つの作戦だと思います。


過去問と似た問題が出題される試験種では、過去問演習を徹底しよう!
 これは数的が苦手な人にこそ徹底してほしいことです!
 私は数的が出来ないながら、絶対に特別区に行きたい!というとても強い思いがありました。
なので特別区の数的の過去問は、公開されている平成14年度のものから全て何度も繰り返し解きました。特別区の数的は過去の問題の焼き直しが多く出題されるためです。
苦手分野でも、似た問題を何度も繰り返し解いておけば、ある程度は対応することが出来ますので、特に特別区志望者は必ず実践して欲しいなと思います。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


「数的は絶対に克服しよう!」とばかり言われて、苦手な人からしたらとてもプレッシャーになりますよね…私もそんな受験生の1人でした(;_;)
ですが、苦手だからといって思い詰めないで下さい。他の科目とのバランスを考えて対応していくことで、筆記試験でも安定した点を取る作戦を立てていきましょう!
作戦を立てる際には、ぜひ担任相談やアドバイザーブースをご利用下さい(*’U`*)

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR