アドバイザー全員に聞きました。面接失敗談③

こんにちは!アドバイザーの岡野です。


今日は面接失敗談の最後の日。国家系の人たちの意見を紹介します。

国家系では、採用面接があったり、いやに倍率が高いとこがあったりして特殊な面接対策が必要になるときがあります。
国家系を志望している人は是非参考にしてください。

小林(自己紹介はこちら
県庁の面接にも関わらず「~という理由で民間ではなく国家公務員を志望しました」と言い間違えてしまいました。すぐに言い直しましたが、かなり焦りました。国民・県民・区民・市民などは意外と言い間違えやすいので注意してください。
また、難しい質問をされて答えに困ったときに「そうですね…」などと言い、必死で場をつなぎましたが、結局結論が出ませんでした(笑)そのときは面接官のほうが折れてくれたので何とかなりましたが、難しい質問は素直に降参してしまうのも手だと思います。

佐藤(人間科学)(自己紹介はこちら
特にないです。

渡邉(自己紹介はこちら
特にないです。

山田(自己紹介はこちら
面接会場に時間ぎりぎりで到着したため身だしなみチェックを忘れ、スーツの前ボタンが空きっぱなしかつ襟も乱れたまま面接を受けていたこと。

鈴木さ(自己紹介はこちら
面接前の健康診断時にスカートがほつれている(糸が10cmくらい出てた)ことが発覚し、診療所のお姉様にはさみを借りて切りました。このまま面接に行ってたらと思うとゾッとします・・・。



こんな感じです。

特によくありそうなのは、小林さんの国民・県民・区民・市民の間違いがすごく良くありそうです。
特に第一志望ではない自治体とかを受けるときに、やっちゃいそうですね。

あとは、同じく小林さんの難しい質問がきたら素直に降参するのも手だっていうのはよく言われることです。
具体的にいうと、分からないことは素直に「勉強不足でわかりません」って言っとくとか、そういう感じですね。とにかく、黙ってて時間がすぎてしまうっていうのだけは避けましょう。

~今日(2月28日)のブース~
皆川
男性 新卒
最終合格先 都庁ⅠB、国家総合職法律区分、裁判所一般職
(衆議院事務局一般職、国立大学法人、国会図書館一般職も筆記試験通過)
28日12時~17時半 池袋

アドバイザー全員に聞きました!面接失敗談②

こんにちは!アドバイザーの岡野です。


今日は昨日に引き続き、全員に聞きましたシリーズ二日目です。今日は特別区の人と地上の人に面接失敗談を聞いてきました。


岸谷(自己紹介はこちら
最終面接で足が痺れてしまい、退室の際になかなか立ち上がれず、ふらふらの状態で部屋を出た。面接前に屈伸運動をすることをオススメします。


笠木(自己紹介はこちら
部屋に蚊が飛んでいて面接中に刺されました。痒すぎて面接官が下を向いてる間にかいたり、集中力が落ちました。虫除けしてもいいかもしれないです。


江坂(自己紹介はこちら
①面接で答えにくい質問に「う~ん、なんだろうなぁ」と答えてしまったことです。結果は聞かないで下さい。面接官はやさしく微笑んでいました。。。。
②面接前にカレーを食べてしまい、シャツにカレーをつけてしまったことです。指摘はされませんでしたが、お昼は汁物やカレー等は避けたほうがいいと思います。


宮崎(自己紹介はこちら
神奈川県の面接なのに、なぜ神奈川を志望するかを考えていきませんでした。本番では3回も繰り返し聞かれました。そこで察しました。
7月の面接でクールビズ指定がなかったので、上着を着ていきました。面接が始まると面接官の方が脱いでもよいと言ってくださったのに、なぜか拒否しました。その結果、今だかつてない大量の汗をかきました。


鈴木み(自己紹介はこちら
面接終了後控え室の紙にチェックを入れなければならないのに入れ忘れてしまったことです…控え室を退出するまで油断は禁物ですね…


玉田(自己紹介はこちら
7月の暑さ+短期間に沢山の面接を受けた疲労+水分不足(面接中にトイレ行きたくなったら嫌だな・・・と思って面接前に全然飲み物を飲んでませんでした)で脱水症状を起こして体調を崩してしまいました。面接の時期は暑い上に複数の面接が短期間に集中するのでコンディションの管理が非常に重要になってきます。十分に食事・睡眠・水分を取った上で面接に望みましょう!



地上・特別区の人たちは恐らく、時期の関係で全ての面接をクールビズで受けている可能性が高いです。

特に、笠木さんの蚊に指された話とか、江坂さんのカレーをつけちゃった話とか、半そで白シャツの面接ではより気をつけなきゃいけないことだと思います。


後は、宮崎さんのジャケット脱ぐの拒否した話とか、江坂さんのタメ口で話しちゃった話とか、こういうのは「緊張してついやっちゃった」的なミスですね。
僕も以前、大学法人の面接で似たようなことをやった記憶があります。面接の場面は通常とは違った緊張感があるので、何度も面接の練習をして、少しでも雰囲気になれておきましょう。


~今日(2月27日)のブース~
小林
女性 新卒
最終合格先 国家一般職、群馬県庁
(特別区、国家総合職政治国際、国立大学法人も筆記試験通過)
27日16時~20時半 池袋

鈴木(美)
女性 新卒
最終合格先 神奈川県庁(早期)、特別区
(藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市も筆記試験通過)
27日13時~20時半 渋谷

江坂
女性 新卒
最終合格先 特別区、川崎市、浦安市
(財務専門官、武蔵野市も筆記試験通過)
27日16時~20時半 水道橋

アドバイザー全員に聞きました。面接失敗談①

こんにちは!アドバイザーの岡野です。


今日は、多分アドバイザーが聞きましたシリーズ最後の一回です!
今回は、面接でアドバイザーがやらかした失敗談を紹介します。



面接の当日は結構色々失敗をすると思います。事前に防げるものは防いで行きたいです。

しかし、予想だにしない失敗というのはいつでもあるもので、その辺は誰かの失敗体験の中から学んでいくといいんじゃないかなぁと思います。そこで、今回はこういう記事をみんなで書くことにしてみました。

例によって、三日間連続で更新します。



岡野(自己紹介はこちら
裁判所一般職の面接カードを期限までに提出するのを忘れました。受け取ってもらえましたが、面接で普通に突っ込まれました。裁判所は面接カードの提出が早いので気をつけてください。

猪口(自己紹介はこちら
面接は第一印象が大事といいますが、私は面接のしょっぱなから大きなミスをしました。都庁の1回目の面接で面接室に入ると、回転椅子が90度横を向いた状態でセッティングされていました。回転椅子の座り方を忘れていたことに加えて、立ち止まってはいけないという心理が働き、面接官に対して横向きに座って、くるっと椅子を回して面接官のほうを向き直りました。その時の面接官の唖然とした顔は忘れることが出来ません(笑)
皆さんにはそんな思いをしてもらいたくないので、回転椅子の座り方くらいは調べてから、面接に臨んで下さい!!

皆川(自己紹介はこちら
集合時間を勘違いして、集合時間に駅に到着してしまい、かつ、駅から試験会場まで15分もかかる場所だった。電話をし、走って試験会場まで行ったので汗だくで面接を受けることになってしまった。

坂井(自己紹介はこちら
面接の待合室が暑くて息苦しかったのでシャツを第二まで開けていたのですが、そのことを忘れてそのまま面接を受けました
また、面接前に考え事をしていたので誘導係の方が「どうぞ」と言っていることに気付かずに面接室の扉の前でしばらくぼーっと立っていたことがあります。誘導係の方を困惑させました。



こんなとこです。

皆川くんが書いてる「走って受験会場にいって汗だくで面接」っていうのは結構よく聞きます。
僕自身も国立大学法人の面接のとき、電車が止まってしまい、駅についてから汗だくで面接をしに行ったことがありました。

こういうトラブルを防ぐためにはやっぱり集合時間の一時間前くらいに会場についておくようにするとか、会場の下見をしておくとか、そういうのが有効だと思います。

あとは・・・猪口さんの失敗談も結構印象的ですね。面接でしゃべる練習をするのも重要なのですが、いすの座り方とか基本的な作法を抑えることも忘れないようにしてください。

~今日(2月26日)のブース~
皆川
男性 新卒
最終合格先 都庁ⅠB、国家総合職法律区分、裁判所一般職
(衆議院事務局一般職、国立大学法人、国会図書館一般職も筆記試験通過)
26日14時~18時半 早稲田

笠木
女性 既卒職歴有り
最終合格先 特別区、埼玉県庁、国家一般職
26日13時~16時 新宿

岸谷
男性 既卒職歴有り
最終合格先 特別区、横浜市、国家一般職
(藤沢市、小平市、八王子早期も筆記試験通過)
26日16時~20時半 水道橋

アドバイザー全員に聞きました。教養論文対策はどうしたか?③

こんにちは!アドバイザーの岡野です。

今日も昨日おとといに続いて、教養論文対策について国家系の人に聞いてきました。
参考にしてみてください。
質問項目は①何論点用意したか。②4~7月に論文対策は何をしていたかです。


小林(自己紹介はこちら

24論点。とにかく数を書いて慣れようと思ったので多くの論点おさえた。また、どのようなテーマが来ても対応できるようになるべく幅広く論点を用意しておきたかったのも多くの論点を用意した理由の一つ。


2月…教養論文道場を受講
3月…引き続き道場を受講。担任相談を予約して書いた論文を添削してもらう。
4月…書いた論文の骨格をまとめるノートを作り、空き時間に暗記。
5月…論文の骨格を暗記。また、特別区本試験以降論文の視点を国家視点で書く練習をする。
6月…論文の最終確認、暗記。
7月…特になし


佐藤(人間科学)(自己紹介はこちら

0論点。国家系志望だったので、国家総合職と裁判所総合職で課される政策論文のみの対策でした。政策論文は教養論文と違い、当日提示された資料を基にテーマについて論ずるものなので、文章構成を頭に入れる程度の対策しかしませんでした。


2月…LECの政策論文の講義を受ける。
3月…上記講義で課された答練を提出。
4月…2.3月に受験した模試の復習。
5月…受験先の過去の出題を把握。
6月…県庁対策として、直前に市販の教養論文用の参考書と県庁HPをチェック。
7月…特になし。


渡邉(自己紹介はこちら

0論点。第一志望の裁判所は抽象課題が毎年出題されるため、テーマが予想できないため、論点をしぼって用意するということはしませんでした。その代わり、文章構成や重要語句・政策について、様々な模範答案を読み込んで徹底的に頭に叩き込みました。


2月…模範答案の読み込み。
3月…模範答案の読み込みと模試を受けた。
4月…3月と同じ。
5月…時々模範答案を読んでいた。
6月…5月と同じ。
7月…特になし。


山田(自己紹介はこちら

10論点:1テーマを広めに情報収集して、当日どのような切り口から論点が出ても柔軟に対応できるようにしていました
最初は時間がもったいないのでワードで論理的な文章を書く練習をして、ある程度のスピードが身についたら実際に紙に書いていました。
案外時間に余裕がないので、直前は毎日論文を書いて時間内に論文を書ききる感覚を身につけていました


2月…半ばに教養論文対策講座を受講開始。
3月…1週間に1論点ペースで知識のストックを増やしていく。
4月…国家と特別区両方の過去問をやってみて傾向を把握。4月末から毎日紙に書く練習をする。
5月…特別区の後は国家用の択一対策に専念。
6月…国家の直前一週間は毎日紙に書く練習をする。
7月…特になし。


鈴木さ(自己紹介はこちら

論点。第一志望の国税では専門記述だったので、併願用として少し対策していました。書き方だけ覚えるつもりだったので用意した論点は少ないです。ですが、時事対策として、ニュースや新聞は毎日チェックしていましたし、本屋さんで気になる特集のときのみ東洋経済を購読したりしていました。


2月…答練に参加。書き方を押さえる。2論点くらい練習。
3月…2論点くらい練習。ニュース、新聞は毎日チェック!
4月…専門記述に特化したため何もしてない。
5月…特別区の試験が終わったので何もしてない。専門記述がんばる!!
6月…国家一般、埼玉の前に見直し程度。
7月…試験がおわったので何もしていない。



こんな感じですね。

国家系の試験は教養論文があんまり重視されないところが多いです。特に国税・財務あたりは教養論文の出題自体がありません。しかし、特別区や地上との併願を考えると、論文対策は必要になってきます。

重視されない分、対策のためにどの程度時間を割くかは結構難しくなってくるところです。アドバイザーの対策法をぜひ参考にしてみてください。


~今日(2月17日)のブース~
笠木
女性 既卒 職歴有り
最終合格先:特別区、埼玉県庁、国家一般職
17日13時~20時半 新宿

玉田
男性 新卒
最終合格先:千葉県庁 特別区、裁判所一般職、国家一般職
17日13時~20時半 池袋

岸谷
男性 既卒 職歴有り
最終合格先:特別区、横浜市、国家一般職
(藤沢市、小平市、八王子早期も筆記試験通過)
17日16時~20時半 横浜

アドバイザー全員に聞きました!教養論文対策はどうしたか?②

こんにちは。アドバイザーの岡野です。



今日は全員に聞きましたシリーズ教養論文対策の二回目です。
今日は地上・特別区志望の人たちに対策について聞いてきました。

地上・特別区共に教養論文は超大事です。地上・特別区志望の人たちはどんな対策をしていたのでしょうか。参考にしてください。

今日も二つ質問をしてきました。
一つ目は①論点は何論点用意したか?二つ目は②4月~7月にどんな対策をしていたか?です。



岸谷(自己紹介はこちら

論点としては16程度になると思いますが、実際に準備した論文数は20くらいです。


2月・・・教養論文道場に参加。論文は週に2つくらいのペース。ちなみに私はパソコンで作成していました。作成した論文は担任相談で添削してもらいました。
3月・・・2月と同様。3月いっぱいで主要テーマの論文は書き終わる。
4月・・・作成した論文の訂正や、細かな論点の作成等。
5月・・・本試験まで論点の暗記。本試験後は何もしていません。
6月・・・特になし。
7月・・・特になし。


笠木(自己紹介はこちら

論点は15程度ですが、論文として準備していたのは19くらいです。特別区は論文の配点が高いと言われているので、多めに対策しました。


2月・・・教養論文道場に参加。添削ありで申し込んでいたので、2週間に1回の提出日に合わせて2つ書いていました。
3月・・・2月と同様。道場で添削してもらったものをさらに修正し、10論点ほど終えていました。
4月・・・音読して録音したものを聞いて暗記。また、過去問を解く際に論文まで行い、時間内に書き終えるよう練習していました。
5月・・・本試験まで論点をひたすら暗記して書く練習を繰り返していました。
6月・・・国般や地上のために特別区で書いていたものを見直して、たまに書きました。
7月・・・特になし。


江坂(自己紹介はこちら

17論点。特別区を目指していたので、教養論文の構成は20本用意しました。特別区は教養論文が大きく鍵を握っています。油断せずに行きましょう!


2月・・・論文を週1回のペースで書き、LECの講師の方の添削を受けていた。
3月・・・論文を書くペースを週2~3回に増やし、添削を受けていた。時間内に論文が書けるように気をつけるようになった。
4月・・・3月に行ったことに加えて、論文の構成をノートにまとめ、本試験直前に見直せるようにした。
5月・・・5月上旬に特別区を受験した後、しばらく論文は放置した。
6月・・・特になし。
7月・・・7月下旬に川崎市の論文試験があったので、川崎市の政策について、ノートにまとめた


宮崎(自己紹介はこちら

12論点。教養論文道場で扱ったテーマに加えて何論点か用意しました。構成のみ準備したものもありましたが、特別区は論文が大変重要なので、中途半端な準備はせず、対策などはしっかりまとめました。


2月…教養論文道場開始。扱ったテーマを書いて添削を受ける。
3月…引き続き道場。また、道場受講生限定のホームルームがあったのでできるだけ参加し、添削をしてもらうことを繰り返した。それに加えて、道場で扱ったもののほかにテーマを増やすべく論文マスターの講義編を見て、構成を作った。
4月…書いた論文、まとめた構成を復習。
5月…特別区が終わってから何もせず。
6月…裁判所、地上があったが何もせず。
7月…論文が課される試験がなかったので何もせず。


鈴木み(自己紹介はこちら

0論点。市役所は作文的な試験が多いことや大学で政治系の論文を比較的多く執筆していたため、レックの授業で基礎を学び、模範解答などを読んで構成を頭に入れる程度の対策しかしませんでした。


2月…授業で論文の基礎を学ぶ
3月…模範解答を読む
4月…模範解答を読む
5月…模範解答を読む
6月…特になし
7月…特になし


玉田(自己紹介はこちら

14論点。本試験では自分が用意したテーマから多少ずれたものが出題されると思うので、自分が用意したものをその場で上手くアレンジして題意に沿って回答するように心がけましょう!


2月・・・特になし。
3月・・・教養論文の勉強を始める。論文マスターをweb受講した後、頻出テーマについて書いてみて担任相談で添削していただいた。論文道場を取っていなかったため、対策開始時期が他の人に比べて遅くなってしまった。
4月・・・3月と同様に頻出テーマについて自分で書く→担任相談で添削、の流れを繰り返し14テーマの論文を完成させた。自分が書いたものを丸暗記するのではなくテーマごとにキーワードや骨組みだけ覚えた。
5月・・・本試験が始まる。本試験では題意に沿って書くことを意識した。
6月・・・3、4月中に完成させたものをたまに見直して再確認。
7月・・・特になし。



こんな感じですね。地上・特別区の人たちは15~20論点くらい用意するみたいですね。都庁の人が8論点くらいしか覚えないのに比べるとかなり大きな数字です。
しかし、多くの論文を用意する分他の試験と併願するときに使える論点を押さえることが出来ます。その点では、用意する論点数が多いのは有利な要素の一つといえるかもしれません。

詳しい書き方とかについては、特別区アドバイザーの人たちが11日にイベントという形で解説をしていました。もし、学校の用事等で出席できなかったって人がいたら、特別区アドバイザーのブースで話を聞いてみてください。資料は確かイベント限定配布でしたが書き方くらいなら口頭で教えてくれると思います。



PS
全然記事に関係ないことなのですが・・・たまにブログにコメントを書いてくださる方がいらっしゃいます。
とてもありがたいことなのですが、残念ながらアドバイザーは決まりによって返信をすることが出来ません・・・申し訳ありませんが、ご了承下さい・・・

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR