FC2ブログ

集団討論・プレゼンテーション対策

こんにちは~!渋谷駅前本校アドバイザーのH・Jです。

今日は集団討論・プレゼンテーション対策についてお話させて頂きます~! 

私自身、公務員試験では、集団討論→東京都(新方式)、調布市、武蔵野市、多摩市プレゼンテーション→東京都(新方式)で経験しました!

どこの自治体にもあるわけではないですし、練習する機会も少なく対策の仕方もわからない…と私は去年の今頃感じていました.。しかも私は人見知りでもあります。知らない人と話す集団討論なんて絶対無理…できるだけ避けたい…と考えていた程です。

そこで、同じように不安だったりどんな対策をしたらいいかわからない!という方に向けて集団討論:①個人的に行っていた対策&②当日はどう取り組んだか+プレゼンテーションについてお話させて頂きます!

①行っていた対策(事前)大きく分けて3つあります!

事前対策の1つ目は、第1志望が東京都(新方式)であったため通っていた新谷先生の対策ゼミです!私は一般方式から新方式に変更したのが遅かったため、1次試験後のゼミにしか参加できていませんでしたが、これが一番実践的な力になりました。

自治体によって沢山話す人がいる集団討論・あまり誰も話さない集団討論とそれぞれあると思いますが、個人的には都庁の新方式なら沢山話してくれる方が多い印象です!

同じ志望先同士で練習していると勉強になることも沢山ありますが、試験当日にその方と同じグループに振り分けられることもありますよ!私も同じ対策ゼミにいた方が当日同じグループになり、少し落ち着いて話すことができました。都庁新方式を目指す方はぜひ参加してみてくださいね!


事前対策の2つ目は担任相談です!
新方式に変えたのが遅すぎてアドバイザーの方々がご卒業されていたということもありますが…何度も何度も担任相談に行かせて頂き、歴代の試験のお話や先生視点での集団討論の重要点を聞いていました。学生の私では思いつかないような素敵な言い回しや、採用担当者のお話などなど、数え切れないほど沢山のことを教えて頂きました!


事前対策のラスト!3つ目は実際に経験した先輩に聞くことです。
先輩だからこそ聞けるぶっちゃけ話や、当日困ったことなど、先輩にお聞きした内容を元に当日の役回りや立ち回りをパターン化したりしていました!パターン例をここに詳細全て書くと長くなってしまうので一部を書きます。

①役を作るか作らないか
→好みによります。役は作らないこと、という縛りをされた自治体もありましたが私が経験した集団討論は基本役がありました。役になる時は元は誰かが仕切ってて、役を決めるときに立候補するパターンor自分が最初に提案して流れで引き受けた感じにするパターンがあるかなと思います。

②自分がファシリテーター
→意見を言わなくて済みます(むしろ言ったらダメ)。

③自分がタイムキーパー
→要所要所で意見をまとめること、共通認識の確認、議論の潤滑剤などをやりやすくなります(その分仕事してないと目立つ)。個人的には意見も言いつつやるのが大変かと思いました。

④自分が書記
→まとめ方のテンプレートを用意しておくとやりやすいです。タイムキーパーよりは少ないですが、要所要所で意見しやすい立場でもあると思います(反対にまとめ方が悪いと討論がグダったときに印象が悪くなる)。

⑤役無し
→役無しだからといって落ちるわけでも活躍できないわけでも無いです!役無しになったときは役を乗っ取ろうとしないこと、役がないからこそ視野を広く意見を言う&聞くことが大切かと思います。


②当日はどう取り組んだか

練習とあいまってうろ覚えな所もあるのですがご容赦ください…

1.都庁新方式→いわゆる“泥舟”状態でした。役にはつかず、意見を言う聞くに専念しました。

2.調布市→参加者は6名で、ファシリテーター的な役割をした気がします。都庁とは打って変わった議論内容で、賑やかなムードで終了しました。その後そのメンバーのまま集団面接があります。

3.多摩市→参加者は4名で役を決めずに、と言われた記憶です。ですがほぼ書記のような立ち回りで、討論時間がかなり短かったため何を審査されてるのか掴めませんでした。

4.武蔵野市→参加者は8名で、ファシリテーターをしました。討論は割と円滑に進みましたが、最後のフィードバックで一人の方から「私がやったほうが良かった」的なお言葉を頂いて、それへの返答が難しかったです。



最後にプレゼンテーションについてです!

対策は大きく分けて3つ、情報収集・論点整理・形式確立です!

情報収集に関しては都政や社会情勢、他国他自治体の政策等を調べて各論点で何か言えるようにしていました。

論点整理や形式確立教養論文の対策がとても効きました。シートに何をまとめるべきなのか、まとめ方はどうするのかを考える作業は最初は何からやれば良いのかわからなくなりますが、私は論文の型縮小版を(現状・課題、取組、効果)まとめて表にしていました。

シートが書けるようになれば、あとはプレゼンの練習をするのみです!発表の仕方は自分に合った進行を見つけたほうがスムーズに発表できると思いますが、私は強弱と緩急をつけること、見ていてもっと聞きたい!と少しでも思ってもらえるような発表にすることに気をつけていました


以上が私の集団討論・プレゼンテーション対策でした。少しでも参考になれば幸いです!

それではラストスパート頑張ってください!!皆さんの合格を願っています

意外と知らない?グループディスカッションの心得

皆さんこんにちは!中野本部アドバイザーのY.Wです

 そろそろ学校の定期試験が終わった方も多いのではないでしょうか???たくさん時間が取れるようになった今こそ!直前期に向けてラストスパートをかけるチャンスです
体調を崩さないよう気をつけながら,悔いの残らないようにしましょう!

 さて!今回はグループディスカッションの心得を伝授したいと思います。
なかなか対策方法がわからず困っている方も多いのではないでしょうか?

 ちなみに私は特別区の区面接と,県庁の2次試験でグループディスカッションを行いました。当時,情報戦についていけていなかった私はグループディスカッションがあることなんてつゆ知らず,直前になって大慌てした思い出が・・・
そうならないためにも,是非ここで吸収していってください!

1, 求められている力
①協調性
②議論展開力
③思考力
公務員試験では特に協調性が大切だといわれています。奇天烈な意見で場を騒然とさせるよりも,無難な意見で周りと話し合う姿勢を見せましょう。

2, 役割
①司会
②タイムキーパー
③書記 etc...
明確な決まりはありませんが,この3つは大体のグループで決めてからはじめます。ただ,とある自治体では試験の冒頭で”司会を決めないように”との指示があります。自治体によって細かい指示が異なるので気をつけましょう。

3, 進め方
①時間配分を決める
②方向性を決める
③アイデアを整理する
④発表用にわかりやすくまとめる
グループワークでは,最初にある程度の時間配分を決めておくのが良いでしょう。時間が足りずにまとまっていないまま発表に・・・となると面接官の印象はだいぶ悪くなります。1人ずつ意見を述べてからディスカッションがスタートすることが多いので,何を優先的に話し合うべきかを見極め,円滑な進行を目指しましょう!

4, 勝ち抜くコツ!
①相槌を打つ
②発言数が少ない人のフォローをする
グループディスカッションでは程よく意見を出し,周りと合わせて進行していくことが求められます。しかし,中には発言の機会を見失ってしまっている方もいるとおもいます。そういった方へ助け舟を出せれば,面接官に好印象を与えられること間違いなし!

5, 練習法
①受講生同士で練習
②LECの模擬集団討論を利用
③民間のグループディスカッション対策イベントに参加
まずは,LECでのイベントやゼミなどを通してたくさんの受講生と知り合いましょう!同じ目標を持った戦友がいることは,心の支えにもなります。受講生同士でディスカッションや面接の練習が出来ると◎他にもLECや民間企業でディスカッション練習をする機会がたくさんあるので是非利用してみてくださいね!

以上,グループディスカッションの心得をお伝えしました。少しでも参考になったでしょうか??更に詳しい内容を知りたい方,ご相談に乗りますのでぜひ中野本部に遊びに来てくださいね!!

各校舎のアドバイザー相談日程はコチラ!
2月アドバイザー相談ブース枠

最後にアドバイザーイベントの告知です!
アドバイザーが行うイベントも残りわずか皆さんぜひご参加ください!!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
イベントタイトル:『官庁訪問攻略法』
日時:3月15日(日)  16:30~18:30
場所:LEC池袋本校


今回のテーマは「官庁訪問」です!官庁訪問ってネットや本で情報収集しようとしても情報が全然無い..!でもそれもそのはず。官庁訪問の内容は官庁によって様々..じゃあどうすればいいかって?それは経験者に聞くしかない!!本イベントでは官庁訪問を突破した合格者たちが集結し、経験を元に様々な官庁の官庁訪問攻略法をレクチャーします。面接内容からスケジュールの組み方まで何でもお任せあれ!ご参加お待ちしてます!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

集団討論のポイント

こんにちは!
今回は,官庁訪問や地方自治体の人物試験で課される「集団討論」について,想定される評価ポイントと,それに応じて心掛けるべきポイントについてご紹介させていただきます!


【論理性】…論理的な発言・議論ができているか
○討論を活発にするための適切な論点を提供していたか
⇒今話すべき論点はどこにあるのか,常に確認・共有しながら議論をしましょう

○課題解決に役立つ知識等を提供していたか
⇒具体的なデータ等の提供により,議論に説得力を持たせましょう

○もつれた議論を解きほぐし,的外れの議論を引き戻す発言をしたか
⇒常にゴールを見据え,議論が逸れていないか注意しましょう

○論旨が明確で筋道の通った発言をしていたか
⇒自分だけの理解にならず,全員が理解できるような発言を心掛けましょう


【社会性】…自己を失わずに,かつ,社会環境にとけこんでいるか
○他者の発言を妨害したり,自分勝手な発言ばかりしたりしていなかったか
⇒自分だけが目立つのではなく,グループ全員で議論をするということを意識しましょう

○いたずらに討論の流れを混乱させるような言動をしていなかったか
⇒決められた時間内で終結するよう,ゴールへの流れを意識しましょう

○発言が極端に少ないということはなかったか
⇒発言しない人間はいないも同然です,積極的な発言を心掛けましょう


【統率力】…仲間を統率し意見を調整し集団目標を達成しうるか
○他の参加者が発言しやすくなるような発言をしていたか
⇒相手の意見を真っ向から否定したりせず,お互いを尊重しあいましょう

○討論に参加できていない者に配慮した発言をしたか
⇒全員で議論を作り上げていく意識の下,発言の少ない者へは積極的に話を振りましょう

○意味不明、内容の不鮮明な発言を整理する発言はあったか
⇒意味不明な発言を放置してしまうと,全員が納得する議論にはなりません,その発言の意図を解きほぐし,グループ全員の理解に繋げましょう

○集団を引っ張っていく能力があるか
⇒議論の停滞や乱れがあったときには,積極的に道筋を示してあげましょう


上記のポイントに気をつけていれば,集団討論においては,それなりの評価をもらうことができると思います。
1つ気をつけていただきたいことは,上記のことを,役職に関係なく取り組んで欲しいということです。
集団討論において,司会・書記・タイムキーパーなど,役職を決めてから議論を始める場合もあると思います。
その場合でも,「この仕事は司会の仕事だから自分はやらなくていいや」と思うのではなく,常に「自分自身の手で議論を作り上げていく」という意識を忘れずに取り組んでいただきたいです。

「司会が頼りなかったら代わりに回す」「タイムキーパーが計測ミスをしたときのために自分でも時間の管理はしておく」など,常にどの立場についてもいいように意識はしておきましょう!


本番はもちろん,練習をする際にも上記のことを心掛けてみてください!
ではではー!

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR