私,この時期病みました【20】

「あなたの言っていることは矛盾していませんか?」


まさに去年のこの時期に行われた,
第1志望先の最終面接で面接官の方に突っ込まれたことです。

その場ではなんとか切り返したつもりでいましたが,
面接終了後,この言葉が頭の中でこだましていました。



考えれば考えるほど,落ちた気しかしない。



絶望感でいっぱいで,なにもする気が起きず,ぼーっと過ごす日々が続きました。

唯一残っていた併願先の面接対策にもまったく身が入らず,
「なんで今頑張れないんだ・・・」と自分を責めていました。


そんな私がこの時期を乗り越えた方法,それは
「気が済むまで休む」ことでした。


決して自分を甘やかしたつもりはありません。

不安でいっぱいな弱い自分を受け入れ,
次の面接対策に進むためにも,
まずはその不安を少しでも軽減しようと考えたのです。


そこから何日かは併願先の面接対策そっちのけで自分の好きなことをしていました。
買い物に行ったり,友達と飲んだりカラオケしたり・・・
LECの担任講師に,不安で仕方ないんです!と相談に行ったこともありました。


そうしているうちにちょっとだけ気が紛れて,本来の自分を取り戻すことができました。
次の面接対策しようって気持ちもになれました。



ここまで私の経験談を書き綴ってきましたが,私はこの経験を通じて,
大事なのは「不安を押し込むこと」ではなく,「不安とどう向き合うか」であると感じました。

不安を忘れるほど次の試験種対策に打ち込むもよし,
気晴らしに遊びに行くのもよし,
願掛けに行くもよし。



合格してしまえば,
「あー,あのとき不安でたまらなかったなぁ」っていう笑い話になりますよ!


ここまで読んでくださりありがとうございました。

この時期何してたか

みなさん、こんにちは

今回の記事は、「この時期何してたか」です


ここ二ヶ月で何をしていたかというと、


東京都

筆記試験が合格していたことに驚く

一回目の面接で撃沈、準備不足を痛感する

が、奇跡的に面接突破していたので、焦って最終面接の準備をしていく


国家一般職

マークシートの運が良かったのか抜群に出来た

色々な説明会に行った結果、経済産業省であれば行けたらいいなと思ったので、そこだけ官庁訪問する

初日でお祈りされる

人事院の面接があったが、面接シートを少し手を抜いて書いたため苦戦した
埼玉まで行くのが遠かった


神奈川県庁

東京都の面接シートを書いていたため、勉強する暇がなく挑んだ

なんとか筆記は通過し、一回目の面接は問題なく終えることができた


国立大学法人

説明会に行くと、大学以外にも面白そうな職場がたくさんあった

ただ、学生でない場合は働き始める時期の早いものが多く、面接を進める余裕もなかった

他の試験種で全部落ちたら面接を受けに行こうと思った


市役所

HPを見ると六月中に出願しなければいけないところもあり、余裕がなく地方上級に絞ることを決意

筆記試験で国家一般職に受からないようであれば、市役所の事務職に出願しようと思った

市役所を捨てることで、プレッシャーが大きくなってつぶれそうになった


こんな感じです

今振り返ると、準備を完璧にするというのは不可能だったのではないかと思います

常に準備不足で面接に臨むことになりましたが、そのときできる最善を尽くすことが大事なのではないでしょうか

完璧な回答を求めているわけではないと思うので、ここまできたら会話が出来るかどうかに集中したほうが良い結果につながると思います

最終面接の緊張は計り知れないと思いますが、長い人生を考えれば本当に短い時間です。

今は大変かと思いますが、もう少しだけ頑張りましょう

想定質問&アドバイザーはどう答えたか~地上・市役所編~

こんにちは
毎日暑い日が続きますが、冷たいものは食べ過ぎてませんか?

想定質問シリーズ、今回は地上編です。若干質問の内容が前後してるかもしれません。Acid Color Zoo(あしからず)。
面接官は3人、面接時間は30分でした。

面:「それでは面接を始めさせていただきます。よろしくお願いします。」
私:「よろしくお願いします。」
面:「最近暑い日が続いてますが体調は崩されてないですか?」
私:「はい、体調は問題ありません。」
面:「なにか体調管理で心がけていることなどありますか?」
私:「3食きちんと食べることとジョギングをすることです。」
面:「今日面接をするにあたって今まで練習などしてきましたか?」
私:「公務員予備校の友達と練習してきました。」
面:「そうですか、今日は練習の時のようにリラックスしてお話してくださいね。」
私:「はい!(笑顔で)」
面:「では始めに志望動機を教えてください。」
私:「~の理由から志望致しました。」
面:「なるほど、~さんは前職がおありとのことですが、前職で失敗してしまったことは?」
私:「~のことがあってお客様に迷惑をかけてしまったことです。」
面:「その時、どんな風に対処しましたか?」
私:「はい、~をして対処いたしました。」
面:「前職での経験は役所に入ってどんなところで活かせそう?」
私:「~には自信があるので…などで活かせるのではないかと思います。」
面:「前職の同僚と今でも付き合いある?」
私:「時々食事に行ったりフットサルをしたり今でも仲良くさせてもらってます。」
面:「そうですか、お仕事をされてるとストレスも溜まると思うのですが、どうやってストレス解消してましたか?」
私:「○○をしたり××をしたりしてストレス発散してます。」
面:「○○はどんなところが楽しいんですか?」
私:「~なところが楽しいです。」
面:「面接カードに~をやってたと書いてあるんですが、~ってどういうものなのか簡単に説明してもらっていですか?」私:「はい、~とは…のようなことをします。」
面:「~をやってて大変だったことってありますか?」
私:「そうですね、…は少し大変でした。」
面:「いままでの挫折経験は?」
私:「学生時代のアルバイト(焼鳥店閉店)でのエピソードを話す。」
面:「友人からどのように思われてる?」
私:「自分ではあまり思わないのですが、よく「お母さん」みたいだと言われます。(ちょっと場の雰囲気が和やかに)」
面:「卒論のテーマは?」
私:「~についてです。」
面:「なぜ、そのテーマにしたの?」
私:「アルバイトで~の経験があってもっと深く学んでみたいと思ったからです。」
面:「最終的にどういう結論になりましたか?」
私:「~のような結論になりました。」
面:「卒論で学んだことはどう活かせる?」
私:「直接的に活かすのは難しいですが、~の制度作りに活かせるのではないかと思います。」
面:「そうですか、今度は少し変わった質問をしますね。人生やり直せるならいつがいいですか?」
私:「(20秒くらい考えて)中学生ぐらいです。あの頃もっと数学ちゃんとやっておけば良かったと思いました。(面接官苦笑)」
面:「そうですか、それでは最後になりますが何か言い残したことなどはありますか?」
私:「(最後に自己PRをしました)」
面:「それではこれで面接を終了します。」
私:「ありがとうございました!」

ざっとこんな感じです。政策とかはほとんど聞かれず、自分のことに関する質問が多かった印象ですなのできちんと自己分析をしておきましょう

ここまで読んで頂きありがとうございました

面接が続く時期ですが、身体に気をつけて頑張って下さい

想定質問&アドバイザーはどう答えたか~人事院編~

みなさんこんにちは
暑い中みなさん官庁訪問していらっしゃるのでしょうか?ご苦労様です

今日は想定質問&アドバイザーはどう答えたか 人事院編
ということでお話したいと思います。


正直なことを言ってしまうと、人事院面接については
官庁訪問をこなしてしまえば特別な対策は必要ありません
面接官の方も落としてしまおうといった感じでは
全然無くて、基本的にとてもゆるやかです。



とりあえず、私が聞かれたことについて
お話していくことにします。
私、面接官の方3人(左からそれぞれ1、2、3)
ちなみに面接官1の方は官庁訪問にうかがった総務省の方で、覚えていてくださいました。
顔を見たときは特に理由は無いのですがとても安心しました

私「〇〇です。よろしくお願いします。」
面2「〇〇さんですね。いい名前ですね。名前の由来とかってあるの?」
私「(え、そんなこと聞くの!?)そうですね、かくかくしかじか…名前負けしているのですが…ははは」
面2「んー、専攻分野のところに文化相対主義ってあるけど、これどういうこと?」
私「(え、それ聞くの!?)文化相対主義は…これこれこんなことでして…」
面2「あーよくわからないんだけど、もっと詳しく…」
私「おろおろ。しどろもどろ」
面1「(内々定を出した手前、惨状を見かねたのか助け舟)
   いきなり難しいこと聞かれていつもより上手くしゃべれてないでしょ~。
   官庁訪問に行ったのは総務省だけ?」
私「(安堵)はい!そうです!」
面1「それはどうして?」
私「私は地方自治に興味がありまして、地方自治を進めようとする総務省の姿勢に惹かれたからです。
  (前お話しているのもあって、少し簡単に答えています)
面1「官庁訪問してどうだった?」
私「働く方々のお人柄に触れ、ここで働きたいという気持ちがさらに強くなりました。(面接官1の方満足そうに頷く)」
面2「個別指導のアルバイトのことが書いてあるけど、大変だったことはこの他にありますか?」
私「そうですね…思春期の生徒さんが多いので、親御さんと生徒さんとの意見が食い違うことがあり、
 その調整に苦労しました。」
面2「他のアルバイトしてました?」
私「コールセンターのアルバイトをしていました。」
面2「そのバイトで大変だったことってある?」
私「かくかくしかじか…」
面2「以上です」  
私「ありがとうございました」


上記を見ていただけばお分かりだと思いますが、
聞かれることはオーソドックスなことです(しどろもどろですが)
しかも、時間も比較的短いです。15分くらいでした


これだけでは想定問答を作るのは難しいと思うので、
こんなこと聞かれるんじゃないかな?ということについて
ピックアップしておきますね。

なんで公務員になりたいと思ったの?
その中でなぜ国家公務員なの?
上司の方と対立したらどうする?
苦手な人っている?
(団体行動のエピソードがある場合)意見が対立したときはどうやってまとめた?
友達の中でどんな役割?
併願先は?
趣味は?
息抜きの仕方は?
10年後にどんな自分でいたい?


…こんなところでしょうか?
参考にしていただればうれしいです。
官庁訪問そして人事院面接がんばってください
応援しています

私、この時期病みました【19】

「待たせてごめんなさい。…残念だけど、内定は出せません。」

上記の一言は、去年の官庁訪問で、私が人事の方から直接言われたものです。
私は去年の今頃、国家一般職の官庁訪問で某省へ行きました。
面接は順調に進み、最終面接も乗り越え、「なんとかなるかも」と甘い思いを抱いていました。
そして人事の方から告げられたのが上記の言葉と、補欠合格の通知でした。

当時、官庁訪問開始から4日が経過しており、他の本省は内定が出ているとの噂も耳にしていましたので、かなり絶望を感じました。
それ以上に、面と向かって人事の方に「補欠」と言われたことがショックでした。
他の人事担当の方にも、「どんぐりの背比べだよ」と励まされたり、「ご縁があればよろしくね」と言われたり…。
何を言われても、あまり頭には入ってきませんでした(ただ疲れていただけかもしれないですが)。
自分は補欠の価値しかないのか、と自暴自棄でした。

某省を後にするまでは何とか平静を保っていましたが、帰りの電車で人目も気にせず泣きじゃくったことは忘れません。
その日は、もう何も考えられなかったです。

そんな私を励ましてくださったのは、横浜校の担任の先生でした。
普段からお世話になっていましたが、私が補欠になった旨を伝えると、親身になって励ましてくださりました。
次年度コース(みなさんですね)の講義が終わった後であったにもかかわらず、話を聞いてくださり、次の日から「また頑張ろう!」という気持ちにさせてくださりました。
結果として、私はその後、出先機関から内々定をいただきました。
そして、それが自信となり、横浜市の最終面接にもつなげることができたのだと今では思います。

あの時先生がいなかったら、官庁訪問を止めていて、自信を失くしていたかもしれません。
もしかしたら、公務員試験に合格することはできなかったかもしれません。
先生には本当に感謝しています。

この記事が公開される頃(私がこれを書いているのは1月です)は、みなさんが官庁訪問をなさっている頃かと思います。
私のような思いをしている方、なかなか内定がいただけないと焦っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな時には、素直に思いを話してみてください。
自分が信頼できる先生方や両親、友人など…
皆さんの周りには、皆さんを支えてくれる方がいらっしゃるはずです。

辛くなったときは、素直に甘えてください。

そして、最後まで諦めずにがんばってください。
応援しています。

想定質問&アドバイザーはどう答えたか~特別区編~

みなさんこんにちは。

今回は【想定質問&アドバイザーはどう答えたか】シリーズの特別区編です。
実は去年のちょうど今日7月11日に私は特別区人事院の1回目の面接でした。
特別区の面接と言っても人事院面接は2回ありますし、最終合格すれば区面接もあるので、どれを書いたらいいのかわからなかったので、人事院面接をそれぞれ抜粋して書くことにしました。
区面接は・・・どうにかなると思うので(笑)

あくまで抜粋ですが、私と面接官との実際のやり取りなので参考にしてみてください。

では、まずは人事院面接1回目からです。※20分程度で、面接官は2人です。

面:「それでは今までに最もプレッシャーを感じたことを1分で説明してください」
私:「(アルバイトでの出来事)」
面:「実際にアルバイトでしたミスってどんなこと?」
私:「~~をしてしまいました」
面:「それに対するクレームはあった?」
私:「優しい常連さんだったので、丁寧に謝罪したら受け入れてくれたのでクレーム自体はありませんでした」
面:「それでその後はどうしたの?」
私:「すぐに○○をし、またその反省を活かすべくマニュアルも作りました」
面:「それってあなただけのものなの?」
私:「いえ、作ったのは私ですが店全体での意識共有のために店に置くようにしました」
面:「それ、他の人は確認する?」
私:「初めは確認してくれましたが、やはり慣れてくると見なくなりました」
面:「そうなったときあなたはどうしたの?そのまま
私:「××するようにしました」
面:「それでどうなった?」
私:「見てくれる人は増えました」
面:「それでも見てくれない人には?」
私:「●●しておくようにしました」
面:「わかりました。ありがとうございます」

1回目はこんな感じでした。さほど厳しい質問はなかったですが、準備不足を痛感しました。

では次に人事院面接2回目です。一応反省を活かして面接に臨んだつもりです。※30分程度で、面接官は3人です。

面①:「では志望動機をお願いします」
私 :「・・・なので特別区を志望しました」
面①:「安心安全のために特別区が行っている取組みでどんなことに興味ある?」
私 :「~~区の△△には興味があります」
面①:「それの具体的な内容わかる?」
私 :「△△には色んな業務のことが含まれているのですが、私が特に興味のある××に関することですと、▲▲などにも取組んでいます」
面①:「わかりました」

面②:「アルバイトで改善したことって具体的に何?」(面接カードに記入)
私 :「~~だったので、●●が必要だと感じそれを提案し、自分の案が採用されて実際に~~の改善に繋げることができました」
面②:「それに対して反対意見とかなかったの?」
私 :「提案した当初は反対される方もいました。●●には時間もかかりますので。ですがお客様にも意見を聞いてみて××の方がいいと言う意見が多かったのですし実際に成果も出せたので改善に向け提案してよかったと思っています」
面②:「そうですか。話は変わりますが、先ほど▲▲の話がでてきたけど、あなたは今後どういった取組み必要だと思う?」
私 :「はい、そうですね・・・・まずは□□のようなことが大事だと思います。ただそうは言ってもそれだけでは対処できないこともあるとは思うので、そのときのために■■も並行してやっていく必要があると思います」
面②:「そのためにあなたができることって何?」
私 :「はい、そうですね・・・・私の長所である○○を活かして~~をして~~~できるよう取組みたいと思います」
面②:「わかりました。ところで・・・」


2回目はこんな感じでした。正直自分の詰めの甘さを実感しましたが、堂々とハッキリと答えるようにしていたので何とかなりました。特別区では面接カードについて深堀するのは絶対です!「もう大丈夫だろう」と安心していると足元をすくわれる可能性があるので注意しましょう!
また答える内容も大事ですけど、表情とかも含めて答え方も重要だと思うので気をつけましょうね。

想定質問ですが、私が答えを用意していたのは、「あなたを漢字1字で表すと?」や「友人からどう思われてる?」などの一般的・突発的な質問から「特別区の歴史について」や「大都市制度わかる?」など特別区ならではのことも考えていました。実際どの質問も過去に聞かれた人がいるみたいなので、みなさんも準備してみてはいかがでしょう。

想定質問&アドバイザーはどう答えたか(技術)

みなさん、こんにちは

今回は、「想定質問&アドバイザーはどう答えたか(技術編)」です

技術編、といっても専門的な知識は筆記試験で充分試されているので、ほとんど事務の方と変わりません

なので、技術職の面接の情報だけでなく、事務職の方の面接の情報もぜひ参考にしていただければと思います

以下、私がどのように答えたか、簡単に書いていきます


長所と短所について、具体的な経験も踏まえて教えてください
長所:リーダーシップがあるので、物事に主体的に取り組むことです。
塾講師のアルバイトでは、様々な企画をして生徒の学力向上に尽力してきました。

短所:一つのことに集中しすぎることです。大学時代テニスサークルのコーチをやっていたときに、テニスの方に力を入れていたので、学業がおろそかになってしまい一度留年しました。

あなたが○○県でやりたいことはなんですか
水力発電所の設備管理・保守業務を通じて、環境に配慮したエネルギーの供給体制を構築していきたいと考えています。

他の受験先はどこまで進んでいますか?そこと○○県との違いは?
→△△の最終面接が先日ありました。
→○○県は水力発電所の規模が大きく、再生可能エネルギーの推進により貢献できると思いました。

ほんとにうちが第一志望?(×3ぐらい)△△も受かったらどうする?
→生まれ育った県というのもあり、○○県が第一志望です。
→私はぜひ、○○県で働いていきたいと考えています。

友人について、自分のポジションは?
旅行の企画や連絡を取るのは、よく自分が主体となることが多いです。

大学時代の友人などと、その後のつながりはある?
月一ぐらいでテニスをやったり、飲み会に参加するなどして交友関係は続いています。

趣味について
→テニスは試験勉強中は控えていましたが、大体月一くらいでやっていました
→バンドの方は、去年の十月にライヴに出るなどしていましたが、今は活動休止中です。
ギターをやっているので、趣味として続けていきたいとは考えています。

理系を志した時期と理由について教えてください
→小学生の頃から理科が好きで、数学は得意だったというのもあり、根っからの理系人間だったと思います。
→志した理由は、高校生の頃に天文学者になりたいと考えていたので、理系の大学を目指そうと思ったのがきっかけです。

この学部・学科を選んだ理由を教えてください
勉強していくにつれて情報系の学部に行きたいと思いましたが、物理系の学問を中心に学んでいたので、両方勉強できる学科を選びました。

身体の健康状態について
通院もなく、健康です。

大学時代に頑張ったことは
テニスサークルのコーチとして、毎年一回戦で負けていた団体戦でベスト32まで進んだことです。

いろいろとアルバイトの経験が書いてあるけど、この病院のアルバイトについてはどんな仕事だったの?
夜間の救急外来の受付だったので、15時間半の長い勤務でした。
仮眠はとれますが、ミスの許されない仕事だったので、プレッシャーの大きい仕事だったと思います。
資格はもっていませんでしたが、電話対応と簡単な会計をやっていました。

公務員を目指し始めたのはいつごろ?
一年前の夏ごろです。接客業よりも、もっと人の役に立つ仕事をしたいと思ったのがきっかけです。

大学に入ってよかったことは
自分よりも圧倒的に志の高い先輩や、たくさんの友人に出会えたことです。

親友は何人いますか
二人います

資格を取ろうとは思わなかったのか?
やりたい仕事で必要であれば、取ろうと考えていました。
現在は電気主任技術者の資格を取ろうと考えています。

公務員試験の勉強は、いつごろ始めたのか、どうやって勉強したのか
十二月から始めました。

ストレスたまりやすい?その解消法は?
わりとたまるほうだと思います。その際は、テニスをやるか、ギターを弾くなどして発散します。


こんな感じです

答える内容が理系の大学での内容になることは考えられますが、特別技術っぽいことを聞かれることは稀だと思います。

結局はその人自身がどういう人生を歩んできて、今後どんな仕事をしたいのかを聞きたいのだと思うので、しっかりと自己分析をしておきましょう

埼玉県面接対策

みなさんこんにちは!

本日は埼玉県の特徴に触れつつ,面接において肝となる「志望動機」について考えて行きたいと思います!
まずは,埼玉県の特徴を挙げてみましょう!

①交通網が発達
埼玉県には外環自動車道,圏央道,東北自動車道,関越自動車道等の高速道路があり,交通網が大変発達しています。

②農業が強い
埼玉ではさといも,小松菜,ねぎ,ほうれん草等の農作物の産出額がとても高く,農業の産出額は約2000億円(東京は約260億円)となっていて,都会の一面もありながら,農業県としての面も併せ持っています。

③災害が少ない
埼玉県の日照時間は全国で最も長く,災害も少ないのが特徴です。

④政策が先進的
ウーマノミクスプロジェクト等,面白い政策が多いのが特徴です。また,各部門毎で仕事の目標値を定めている点(例 5年以内に企業誘致件数200件等)も実践的で素晴らしいと思います。

⑤国の機関が置かれている

さいたま新都心駅には省庁の出先機関がいくつか置かれており,今後もこの地域の重要性が高まっていくと考えられます。

大体こんな所を挙げてみました。

私は志望動機を考える際は上記の要素を上手く使いながら,説明致しました。

例えば,
中小企業支援を中心とした産業振興がやりたい!
この点,埼玉県であれば,

・交通網が発達している
企業誘致をする際にも有効といえる!

・農業が強い
⇒工業と商業を絡めた農商工連携事業が効果的に出来る(実例として,春日部の梨業者と和菓子業者を連携させて,梨風味の残る和菓子を作ったり,というのがある)

・災害が少ない
企業誘致等をする際にもいいPRポイントになる!

上記の理由から,埼玉県で産業振興をやることに大きな魅力ややりがいを感じる
もちろん,仕事の目標を数値化していることも,やるべきことが明確で良い!

こんな感じで志望動機を考えると良いと思います!!
今回は志望動機が産業振興バージョンで例示しましたが,これ以外の動機を考える際にも上記の要素を有効に活用して下さいね!!

それでは,面接対策頑張ってください!

想定質問&アドバイザーはどう答えたか~国税編~

みなさんこんにちは!

さて、今回は想定質問&アドバイザーはどう答えたか【国税編】ということで、僕の国税の面接を覚えている範囲で再現したいと思います。


面接官は3人。いずれも多分50代ぐらいの方でした。
僕のときは男性2人・女性1人でしたが、これは人によって異なるかもしれません。
ちなみに男性はいずれも陽気な感じの方、女性はおしとやかな印象の方でした。

※僕のときは非常に和やかな面接でした。しかし結局は面接官によるため、厳しい質問が来ることも念頭においてください!


省略して書きますが、ちょっと分量が多いのでご了承くださいm(_ _)m


男1:では面接を始めます。
私:はい、よろしくお願いします。
男1:まず面接シートにある『大学のゼミ』についてだけど、これはどんな学問?
私:はい、○○とは経済学の一分野でして、……という学問です。
男1:へー なんか難しそうだね(笑) 卒論のテーマは?
私:まだ絞り切れてはいませんが、○○や××を検討中です。
男1:へー それは珍しいですね。話変わりますけど、最近気になったニュースとかあります?
私:いじめ問題ですね。もっと………にしていくべきだと思います。
男1:それが理想だけど難しいよねー。どうすればいいと思う?
私:○○や××などの対策をすればいいんではないかと思います。
男1:うーんなるほどね。あと英語が得意ってシートに書いてあるけど、資格とかある?
私:TOEICやTOEFLでは○○ぐらいです。………という理由で頑張ろうかな、と思いました。
男1:ふーん 感心だねぇ。塾のバイトでも英語教えてたってことだけど、大変だったことは?
私:こんなことが大変で、こんな風に対処するようにしていました。
男1:そうかそうか。保護者対応とかも今の時代は大変でしょ?モンペとか…
私:あー 自分の塾では保護者対応はありませんでした…(^^; (←ここは正直に言った方がいいと思いました)
男1:じゃあ教えるのに専念してたんだね。あとはスポーツが好きって書いてあるけど、趣味でやってるのかな?
私:小中高で部活として色々やっていました。大学では趣味で走ったり筋トレしたり、友人と○○したり……
男1:ふーん。じゃあ部活の経験とかもぺーたさんの人間形成に役立っているわけだ?
私:(お!良い方向に解釈して頂けた!)そうですね!○○や××といった挫折もしましたので、以前より……になったと思います。


男2:じゃあ次は私から。〇〇さんの国税の志望動機は?
私:こんな理由で志望致しました。
男2:なるほど(もうちょっと深掘りされたはずです)。ついでに志望順位も聞いていいですか?
私:(ぎ☆く☆り\(^o^)/)○○なので、こ、こ、国税が第一志望です!
男2:そうですか。じゃあ全然違う話だけど、電車でかよわい女性が変な男に絡まれてたらどうします(`▽´)?
私:(なんすかそれww)うーん、一番大事なのは車内でトラブルを起こさないことなので、弱そうな男なら○○、かなり強そうなら××しようと思います。

―男2との会話はこれ以上記憶がないです―

女性:〇〇さんの短所って何ですか?
私:○○なところがありまして、前まではむしろ長所だと思っていたんですが、昨年××な場面で……になってしまったことがありました。そのとき初めて、それが短所にもなるんだなーと思いました。
女性:なるほどー。こんな風に克服してる、とかありますか?
私:年末ぐらいから○○な習慣をつけるようにしているので、最近は順調です!

―女性との会話もあまり覚えてません―

男1:では終了です。お疲れ様でした。
私:ありがとうございました!


さすがにもう少し深掘りされたところもありましたが、流れは大体こんな感じです。
ご覧の通り和やかな面接でしたが、『どんな仕事があるか知ってる?』『国税の仕事キツいけどどう思う?』など、仕事関係の質問も多いようなので要注意です!

また、志望度の高い方は『税務署訪問』もした方がいいと思います。疑問点の解決につながるはずですよー。


多少でも参考になれば嬉しいです。今月は面接ラッシュという方も多いと思うので、しっかり準備して臨んでくださいねm(_ _)m

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR