2015年受験に向け勉強を始めた方へ

みなさんこんにちは~
本日は来年に向けて勉強を始めた方むけに書きたいと思います!


~勉強編~
① 数的処理は毎日
公務員試験でもっとも大切な科目は、数的処理です
そしてこの科目は、苦手な方も多く、日々の努力が実を結ぶ科目です。
早めに毎日解く習慣をつけることをお勧めします。
今は少しずつでも良いので解いていきましょう!!

② 講義→復習&問題を繰り返す
講義を受けたら、受けっぱなしになってしまう方も多いと思います。
定着を早くする為には、このサイクルが鉄板です。

③ 全体像を把握しスケジュールを立てる
公務員の勉強は想像以上に暗記量、勉強量は多いです。
試験日も試験によってばらばらなので、
自分がどの試験を受けたくて、どの科目が必要なのか
また、自分はどの時期に勉強時間が多く取れるのかなど考え
スケジュールを立てて勉強することをオススメします。



~勉強外でやっておいたほうがいいこと~
・ボランティア
公務員の面接でボランティアの有無や経験を聞かれる自治体もあります。
時間のある今、興味のある分野のものに参加すると、
志望動機など話しやすくなるかもしれません。


・志望先のイベントへの参加
自治体は、年間を通じて様々なイベントを行っていますね!
自治体のイベントには少なくとも職員の方が関わっているものが多くあります。
公務員としてどう地域に貢献できるのか知るきっかけにもなると思います。

・アルバイトやサークルなど勉強外のことも頑張る
これが最も大切です!
公務員の面接では、頑張ったことを聞かれます。しかも複数個です!><
現在社会人の方はお仕事でのお話をされますが、学生の方でエピソードが無いという方は
今のうちに何かやっておくといいと思います。エピソードはなんでもOKですよ!

公務員試験は本当に長丁場なので、
今の時期は、息抜きしつつ遊びつつ
自分のペースで勉強を進めていきましょう


本日の記事をもって、2013年度LECアドバイザーからのブログの更新を終わります
1年間、ありがとうございました!
次回の記事から2014年度LECアドバイザーに引き継ぎますが、これからもLECアドバイザーをよろしくお願いします

C日程試験を受けて感じた事

こんにちは!

勉強お疲れ様です。

今回は2014年合格目標の方に向けて記事を書こうと思います。

これから受けられる試験はかなり厳しい戦いになります。というのは、不確定要素の多い面接の倍率が非常に高いからです。

そこで、私はこの記事を書いた2年前に戸田市役所と蕨市役所の2つを受験したので、受けた感触を知ってもらい、C日程について少しでも情報提供できればと思い書いています。


まず筆記試験です。


一般的に教養択一と論文の2つが課せられると思いますが、千葉県などは専門択一がある自治体があるらしく、試験概要をチェックするか、担任相談や教えてチューターで確認する必要があります。


戸田市役所は、他の試験種と同じ教養択一試験(数的処理、文章理解、社会科学、人文科学、自然科学、時事)と適性試験と論文試験があります。

蕨市役所は、独特な筆記試験と論文試験があります。筆記試験は、簡単な計算が膨大な量あり、計算の速さと正確性を図るようなテストでした。


次に論文です。

市役所の論文試験は、市に関することが出る傾向がありますし、市の現状を踏まえた論文が評価されると思います。戸田市役所は記憶にないのですが、蕨市役所は、市の商店街を活性化させるためにどのような取組みを行うべきか自分の考えを述べよ、というものでした。


最後に面接です。

戸田市役所は1次面接で、50分で受験生5人に対して面接官3人の集団面接があるのですが、

民間企業に勤めていた社会人、留学経験者、大学の体育会系出身者など、なかなかスペックの高い方がいて萎縮した覚えがあります。

また、最後に逆質問をされたので、応えられるように準備しておく必要があります。


戸田市役所は、1次面接で落ちてしまいましたので、次に蕨市役所についてです。


蕨市役所は2回面接があり、どちらも個人面接でした。1回目は中堅職員3人と和やかな雰囲気で面接だったのですが、最終面接では、市長と幹部職員の2人と面接なので、かなり緊張しましたし、ちょっと圧迫気味でした。質問内容としては、学生時代頑張ったこと、自己PR、ゼミで学んだこと、何回蕨市に来たことがあるか、やりたい仕事は何?、蕨市で働きたい理由、民間企業を受けなかった理由、蕨市の魅力について説明せよ、などです。


まとめると、


受かるためには、筆記試験の勉強はもちろん続けていただくのと、面接対策をしっかりとやる必要があると思います!



受験先にはESを出し終えていると思うので、勉強と併せてその市役所に向けた模擬面接をしましょう!




リアル面接は12月まで使えますし(2013年ベースで記事を書いているので、今年がどうか分かりませんが。)、公共機関の面接サービスは無料です。

結局受かったら勝ちなので、他の人よりも多く練習していきましょう!


面接で見られているのは、”今就活をどれくらい頑張っているか?”ということだと思います!


今の自分に自信が持てないならば、これから面接に向けて変えていけば良いと思います


この記事を見てくれる方がいて、実際に行動してもらったなら、嬉しいです(^^)


これが私の最後の記事になります。ご健闘をお祈りします。
 


採用面接って何・・・?

こんにちは!

都庁・特別区・国家一般職・国家専門職…もう続々と最終合格発表がされていますね筆記試験、人物試験お疲れさまでした

公務員試験って本当に長いですよね昨年のこの頃は、わたしはリビングで一日中扇風機をつけながら、横たわっていました。。。


さて、昨年わたしが悩んだ採用面接。「なんだこれ?」って思いましたよ、もうまだ面接あるの?あんなにがんばったのに?って思っちゃいましたよ。笑


でも、基本的には意向確認面接のところが多いです。
もちろん試験種、省庁によって異なることはありますが

もしも採用面接があると言われたら、緊張しすぎず、人物試験を突破してきたことを思い出して、ちょうどいい程度の緊張感で臨みましょう


わたしは最終合格発表日に、現在の就職先に電話をしました。
採用面接あるのかなーーーと不安になりながらかけたのですが、
「採用面接はないからそのまま内定ねだから、他のところ最終合格してても全部辞退してね」と言われました。

もちろん今の就職先が第一志望だったので、迷うことなく最終合格したところに電話をかけ、名簿からの削除願を提出しました。


採用面接はさまざまだとは思いますが、リラックスして話をしてきてください





ちなみに、最終合格発表日は他の内定者も電話をかけているので、すぐに担当の方を話すことができず電話で雑談をしていました。

職員「最近何してるの?」
私「甲子園が大好きなので、朝から晩までずーっと甲子園観てます(暑さに負けて甲子園観つつ、あとは寝ているなんて言えない!と心の奥で叫んでました)!」
職員「へぇー。甲子園が好きなんて知らなかったよー。笑 じゃあ普通に野球も好きなんだねーーー。」

なんて話をしていました。
内定式で判明したことは、採用担当の方々はみんな野球が好き、ということでした。
だから電話であんなに嬉しそうな声だったんだなあと思いました。笑


終わったら、人に話せるくらい好きなことを見つけるのもいいかもしれません
残暑厳しいですが、体調にはくれぐれも気をつけて過ごしてくださいね

【2015年度技術系】これから勉強する方へ

みなさん、こんにちは

今回は来年度の技術系公務員試験を受ける予定のみなさんに向けて、もしこの時期から勉強を始めていたらこうする!という観点から勉強法を紹介していきたいと思います。

私の場合は、公務員試験本番の前年12月頃に勉強を始めたので、いますでに勉強をしている方や、いまから勉強を始める方は少し余裕を持って勉強スケジュールを組むことができると思います。
そしてここでは、受けられそうな試験は全て受けると想定して、紹介していきたいと思います。


それでは、技術系でも共通の教養科目からお話したいと思います。

まず、みなさまに意識してほしいのは合格点までの最短ルートです。
公務員試験は満点をとる科目ではありません。
特に教養科目で満点をとる人は、まずいないでしょう。
合格最低点+α(最低点が20/40であれば、26~27点)を目指してください。


以上を考慮して確認してほしいことが、その科目を理解するのにかかる日数と志望先の試験で出される問題数です。

たとえば、数的処理の全範囲を理解するのにかかる日数が30日であるとします。
また、日本史の全範囲を理解するのにかかる日数が15日であるとします。

これだけ見ると、日本史を勉強した方が有利のように見えます。
しかし、試験によりますが、数的処理は一般的に15問以上出題されるのに対し、日本史は1問程度であることが多いです。

したがって、問題1問あたりにかけた勉強日数は数的処理で2日程度、日本史は15日となります。

これらを考えると、数的処理に時間をかけた方が圧倒的にコストパフォーマンスがいいということです。

ここで、理解するのにどのくらいかかるかに関しては、とりあえず最低でも講義の第1講を見てください。
だいたい講義を受けるとどのくらいかかるか予測することができると思います。

また、問題数に関しては早めに調べておいてください。
結果から話すと歴史が1問程度しか出されない試験種であれば、日本史や世界史のコスパはかなり悪いです。
まずは問題数を見比べてから勉強してください。

ただ、この時期から捨て問を作ることはおすすめしません。
しかし、最終的には優先順位を決めてほしいと思います。

私が来年度も公務員試験を受けられるとすると、一番優先順位の低そうな教養科目2科目(私の場合、人文科学のいずれか2科目)くらいを残した上で、年内に教養科目が終わる勉強スケジュールを立てます。
ここで、余裕があれば他の教養科目をする、予定通りに終わらなければ残り2科目を捨てるという方法をとります。

全範囲完璧に勉強しようとすると詰みます。
ぜひ満点ではなく合格点を意識して、スケジュールを立ててほしいと思います。


次に専門科目です。

これに関しては、職種によって仕様が異なる可能性があるので簡単に済ませますが、一般的に重要度は

専門>教養

です。

来年度から配点が変更になる可能性もありますが、今年度の代表的な試験の配点の比(記述問題含む)は、

国家一般職
教養:専門=2:3

国家総合職
教養:専門=1:4

東京都
教養は足切りのみ(点数化されない)

となっています。

これらを考えると、専門で合格か不合格かが決まるといっても過言ではないです。

とくに技術系志望の方が通学でLECに通っている場合、専門科目より教養科目に力を入れがちです。
しかし、教養科目より専門科目の方が配点が高いことが多いので、専門の勉強も一通り年内を目途に勉強するようにしてください

最終合格しても気を抜くな!

こんにちは!

8月の半ばにもなればもうすでに最終合格が出ていたり、また今まさに最終合格を待っているという人もいるかと思います。

ここで皆さんに思い出してほしいのは最終合格=内々定ではない!ということです!

だいたいどの試験でも最終合格後に再び面接を行うものが多いです。(採用面談とかですね)その面接で失敗してしまうと、せっかく最終合格できたのに内々定はもらえないという事態になってしまいます!!

それではこれまでの頑張りも水の泡です…。

したがって、最終合格しても絶対に気を抜かないようにしましょう!


最終合格後の面談でも志望動機とか自己PRとか頑張ったことなど、普通の面接で聞かれるようなことを聞いてきます!


油断してはいけません!
最後まで気を引き締めて頑張れよ!!

国税の採用面接

こんにちは!
毎日暑い日が続き、そろそろ台風もやってくるという厄介な時期ですが
みなさんお変わりありませんか?

ほかにもこの時期厄介なものといえば、夏風邪です!
私も先日まで夏風邪を引いており、すぐには治らず調子がなかなか出ませんでした。
みなさんも水分をしっかりとり、夏ばて予防のゴーヤなどの食べ物で元気をつけて、夏風邪・夏バテ知らずで夏を乗り切ってください!


本題ですが、今回は国税専門官の最終合格発表待ち、そして採用面接に挑もうとされている方用のブログを書こうと思います。
以前の記事にもありましたが、国税に関しても、最終合格=採用ではありませんので、国税に採用されたいという意志がある方は、必ず最終合格後の採用面接を受けましょう。ただ、これもまた、採用面接を受ければ必ず採用というわけでもありません。ご注意ください。

以下、私の国税の採用面接体験記です。

8/22 9:30~10:00受付で9:35着。
入った順に座らされる。受付開始5分後でもかなり長時間待たされる。
全員に紙を配られ、
今まで受験した受験先を、落ちたところも含めてすべて書いてください。
ここに虚偽の記載がある、または内定後に記載のない受験先に就職する
ようなことがあれば、受験先に連絡等することもあります。

といわれる。怖い…
私は、既に2次試験の面接では、
地方自治体受験は地元の市役所のみである体で面接シートに記入している。
今さら、実は基礎自治体も県庁も受けていて、どちらも駒が進んでいるとは言えない。。。
ここで言ったら虚偽の申告について追及されることは間違いない。
もう、2次試験のときの申告通りでいくしかない。

また、国税専門官が第一志望であるかという質問項目もあった。
私の場合、地方自治体を抜きにすれば、他の国家機関と国税で迷っていたので、
どちらも第一志望であるというように記入した。

そういうわけで、正直に併願先をすべて申告するタイミングを逸し、
心苦しくなる。。。

14:20
やっとのことで面接室によばれる。
待機中は、周りが面接している声がよく聞こえる。同時に5組くらい。(もっと??)
大体の組は、併願先についての質問や、地方に飛ばされても大丈夫かというような質問が目立つ。
10分程度の意向確認程度の軽い面接のようだった。

数分後、自分の番が来たが、なぜ他の国家機関と国税で悩むのかという質問と、
併願先についての確認をされただけで3分程度で終了。

18:00~
再度面接室に呼ばれる。
ここでも待機中、他の受験生の面接が丸聞こえだった。

丸聞こえのパターン①
「あなたを採用したいと思っています。ただ、併願されいている○○市(県)を8月26日までに辞退していただき、その辞退の連絡をしたときの併願先の担当者名と部署の名前、電話番号も控え、辞退完了の連絡をしてください。○日をすぎると内々定は出せません。」

丸聞こえのパターン②
「申し訳ありませんが、こちらとしては○○さんに本日、内々定を出すことはできません。また何かあったらこちらから連絡します。」


これを聞いていて、どちらのパターンもいやだな…と思っていました。

実際、自分の番が来て言われたことは、
「併願先の国家機関の次の面接はいつあるの?もう内々定出てるんじゃないの?
じゃあ、8/30までにうちに来る決心がついたら連絡してくれますか。決心がついてなくても併願先の国家機関とまだ悩んでますっていう途中経過報告でもいいから連絡してください。」

パターン①にも②にも当てはまらない感じで少し驚きましたが、
少し猶予をもらうことができました。

しかし、その後国税に行く決意をし、8/29に国税に採用してもらいたい連絡をしましたが、
「あなたの順位は後の方なので、しばらく連絡をお待ちください。」
と言われてしまいました。
もしこのとき、本当にすべての持ち駒を辞退したあとだったら、
国税からも後日本当に内々定の連絡が来るかも定かではなく、持ち駒も自らの手で手ばなしたことになり、
今年内定なし?!?!となり発狂していたと思います。

幸い、後日国税から内々定の電話がきて、
もともと第一志望だった自治体からも内々定をいただき、
全滅は免れましたが、
この時期は本当に精神的に不安定でした。

私の知る友人の中には、パターン②でその後内々定の連絡がこなかった人もいれば、
2,3日で内々定の連絡が来た人もいます。

私の場合、2500人ほどの最終合格者のうち、1000番台後半(確か私の友人もそれくらい)でしたので、
こういった冷遇でしたが、順位もそこそこで国税が第一志望であれば内々定はもらえるのではないでしょうか。
そのそこそこの順位がどのくらいかわかりませんが。。。

長くなりましたが、国税の採用面接は、もしかしたら今年も引き続きこういった感じかもしれません。
受験される方には、今後の内々定をもらうまでをイメージしていただく参考になればと思います。
お分かりの通り、恐らく待ち時間がめちゃくちゃ長いです。暇つぶし用具必須です。

あと少し、頑張ってください!!!

よい結果が出ていない方へ

こんにちは。
8月に入り、夏も本番ですね
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

そろそろ最終合格発表も始まり、ほっとされている方も多くいらっしゃるでしょうか。
本当におめでとうございます!!そしておつかれさまでした

また、思っていたような結果が出ていない・・・という方もあると思います。
今日は、とくに第一志望先の結果が良くなかった方に向けた記事を書きますが、
すでに気持ちの切り替えができている方は読まなくて大丈夫です(長いので時間がもったいない笑)。
「何もやる気がおきない、これからどうしよう…」と悩んでいる方に読んでいただければ嬉しいです。





みなさんは、第一志望に合格するために努力されてきたと思います。

第一志望先への想いが強い方ほど、
そのために多くの時間を費やしてきた方ほど、
心に穴があいて「これからどうすればいいんだろう?」と途方に暮れると思います。

この先どうするか?については、
急ぐ必要はないですので、
自分と向き合って後悔しない選択をしてほしいです。
また、精神的に弱っているときの決断は、いくら自分では正しいと思っていても
あとから考えると「?」なことも往々にしてあるものです。
ぜひ、信頼できる人に相談してみることも考えてくださいね。


よけいなお世話な気もかなりしますが、
以下では考えられる方針を私なりに整理してみたいと思います。


まず、来年もう一度受けなおすという選択肢があります。
そのつもりの場合には、当面は今年のC日程に向けて準備されることをおすすめします。
今年ひとつでも最終合格をもらっておくことは、やはり
来年に向けて勉強を続けるための大きな心の支え、自信になると思います。

また、併願先から最終合格をもらっている場合、
その併願先の官庁へ就職しようか、それとも辞退して来年の第一志望合格を目指すか、
迷うところかもしれません。
どこの職場にも必ず「やりがい」というのはあると思いますし、
縁があったということは確かですので
そこに就職するというのは自然なことでしょう。

一方で、辞退して再挑戦するのも、決して不自然なことではないです。
一度きりの人生ですから、自分のやりたいようにやるのが一番。
「親に迷惑かけるな…」などいろんな葛藤があるかもしれませんが、
きっとご両親も子どもが自分の望んだ職場でいきいきと働いてくれることを
望んでいると思います。
ちょっと大げさですが、「死ぬときに後悔しないか?」と自分に聞いて決めてください。


さらに、民間企業への就職や資格取得を目指すなど、公務員とは別の道を歩むという選択肢もあります。
事実私は、昨年度の公務員試験でどこからも内定をいただけなかった場合には
なにかほかの職業に就いてみようと考えていました。
7月の終わりに遅ればせながらマイ○ビに登録したことを覚えていますw


選択に正解・不正解はないと思います。
正解の選択肢があらかじめ用意されているのではなく、
選択した道で精一杯のことをすることによって、
その選択肢が正解に「なる」んじゃないかな?と思っています。
(えらそうでごめんなさい・・・)




みなさんは、それぞれに異なる事情をお持ちだと思いますが、
どのような方に対しても確実に言えるのは

人生全体で見た場合、
結果がよくなくても
最終的にどんな道を選んでも
何かに向かって努力したことは決して無駄にはならない

ということです。

その時は結果につながらなくても、
「ある一時期に一生懸命取り組んだこと」は
どんな形かはわかりませんが、必ず人生のどこかで活きてきます。

このことは、
「自分はそれほど一生懸命になれずに終わっちゃったな・・・」
「あの時さぼらずに勉強していれば、違った結果になったかもしれない」
という方にも言えます。
(こういう後悔って苦しいですよね
 ただ、わりと多くのひとが経験することだとも思います。私はこっち派です


どんな結果でも、自分の頑張りに対してどんな評価をしていても、
これまで積み上げてきたものが「無駄」になることはありえません。


今はそんな風には思えないかもしれません。

でも、私自身を振り返ってみると、
結果がどうなったかに関係なく、
何かを頑張った分はその分だけ、自分の糧になっています。
反対に、何もしなかった時間のツケも自分に返ってきていると感じます。
要するに、自分が頑張ったことも頑張らなかったことも
すべてダイレクトに今の自分に反映されている、というわけです。


結果は重要ですが、運とか縁とか自分の力ではコントロールできない要素も絡んでくるものです。
でも、そのとき置かれた状況に対してどんな行動をとるかはすべて自分次第ですよね。
したがって、最も重要なことは
「自分は目の前のことに必死で取り組んでいるのか?」
と自問自答しながら日々をすごしていくことではないでしょうか。


またまたえらそうでごめんなさい
ただ私が以前すごく落ち込んでいた時期に、
このようにしてすこーしずつ前向きに頑張れるようになったんです。

今から目の前のことに必死で取り組んだとしても
当然過去の失敗はなかったことにはならないし、その取り組んだことで成功できるかどうかもわからないです。


しかし、少なくとも、納得できる人生は送れるのではないでしょうか。
そして、自分さえ納得できているのなら、それ以上望むべきものはないのではないか?と私は思っています。

みなさんはどう思いますか?



私がこういうふうに考えるきっかけになったのは姉でした。

泣きながら「もうなにを頑張ってもムダな気がする・・・」等々の愚痴をこぼしたとき、

「何ばかなこと言ってるの?後悔なんてそんな簡単に消えるものじゃないよ。
 それにこだわってウジウジしてるうちは消えないけど、
 毎日を頑張っていくなかで、ある時気付いたらどうでもよくなってるっていうもんなんだと思うよ。
 だから今はそういうのは一旦胸にしまって、前向いて自分にできることをやっていくしかないんじゃないの?
 なにより、親とか自分に与えられてる環境に感謝してたらそんな言葉は出てこないはずだよ。」
と諭してくれました。
こうガツンと言ってもらって、自分はただ甘えているだけなんだと痛感しました。


”後悔とか、みじめさとか情けなさとかを今すぐに解消しようとするのではなく、
とりあえず目の前のことがんばってみよう。
そしたらいつかは、この気持ちを乗り越えられる日がくると信じてみよう”

姉の言葉のおかげでこのように考えるようになり、だんだん前向きになれました。



今日、明日に気持ちを整理しようと思わなくて大丈夫です。
むしろあまり思いつめずに、何日間か好きなことを好きなだけしてリフレッシュしたほうがいいと思います。
そのあとで、
今できることを考えてそれを実行してみてほしいです。
内心はどうあれ行動だけでも前向きにすることで
少しずつ心も行動につられて前向きになってくると思います。

すべてを投げ出してしまうのではなく
「ベスト=今年第一志望に合格すること」に準ずるような自分にとっての「セカンドベスト」の道を懸命に探っておくと、
後々「あのとき踏ん張っておいてよかったな」と思うと思います


まとまりのない文章になってしまいましたが、
とにかく今これを読んでくださっている方には踏ん張って、ここを乗り越えてほしいと強く思っています。
応援しています。

新方式合格発表

こんにちは!

今日は東京都Ⅰ類Bの新方式試験合格発表ですね
合格された方、おめでとうございます!

気にしている人もいるかもしれませんが、合格してしまえば一般方式でも新方式でも、変わりはないと思います。むしろ、同期の中でレア感あるように思われるかもしれません

第一志望の人は、合格の余韻に浸り、お世話になった人には早めにお礼を言いましょう。
後日行われる採用面接には、自信を持って臨んでくださいそして、もし可能なら採用面談の日に飲み会をやりましょう

同期はとても大切です今後30~40年間同じところで働く可能性のある人たちなので、今のうちから繋がりを作っておきましょう。入庁する前に、内定者での自主的な集まりがあったら、ぜひ参加してみてください。

これはどこの内定先でも同じかと思います。「性格的にちょっと…」という人でも、行ってみたら案外楽しいかもしれませんよ

また、就職先での生活を有意義にするためにも、就職までの残り時間を全力で楽しんでくださいね
アルバイトはLECの合格者アドバイザーがオススメですよ

私たちは各就職先でみなさんをお待ちしています!顔を見かけたら、ぜひ声をかけてくださいね

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR