試験超直前期にして欲しいこと

皆さんこんにちは!

5月もいよいよ今日で終わり、試験超直前期と呼ばれる時期になりましたね

緊張してきたという人、不安や焦りがすごいという人もいると思いますが、そんなときこそ冷静に自分の出来ることをしていきましょう



さて、今回は、そんな試験超直前期にして欲しいことして欲しくないことを書いていきたいと思います





超直前期にして欲しいこと

①体調管理をしっかりする
まずは何と言っても体調管理です


体調不良で試験を受けても実力を100%発揮するのは難しいです



もちろん限界ギリギリまで勉強して欲しいところではあるのですが、体調を崩して本番で後悔するようなことがないように体調管理は徹底しておきましょう



②知識を総復習する
総復習する、といっても全部の問題を解いている時間はないのでざっと見直すだけで充分だと思います


本番で「見たことある気はするけど思い出せない・・・」という悔しい思いをしないためにも、今まで勉強してきたことをもう一度見直して穴がないようにしていきましょう



超直前期にして欲しくないこと

①新しい知識等に手を出す
今まで捨ててきた科目や分野をこのまま捨てていいのか、超直前期はやっぱり不安になってしまうものです



しかし、この時期になって新しく知識等を付け足しても消化不良のままになる可能性が高いと思います

消化不良の知識は本番で上手く活用できないことも多いですし、今まで勉強してきた分野をもう一度見直す方が点数に繋げやすいと思います


また、全ての科目、分野が完璧な受験生なんてまずいないはずです



今まで自分が頑張ってきたことに自信を持って、しっかり復習することに専念することをおすすめします


②生活リズムを大幅に変える
本試験は午前中から行われることが多いので朝型のリズムに直すことが理想的ですが、生活リズムを大幅に変えるとストレスになって体調を崩す場合があります


また、徹夜や睡眠時間を削って勉強時間を増やす、というのもおすすめしません



いずれにしても体調を崩して追い込みが出来ないと元も子もないので、無理はしないことをおすすめします!




今回のブログは以上です!

本番で自分の実力を発揮できるように、体調管理はしっかりしていきましょう

では、最後の追い込み頑張って下さいね!

職種別面接プレミアムゼミが開講!!

こんにちは。
LEC公務員合格者スタッフです。

昨日は、国家専門職、都ⅠAなどお疲れ様でした!!
来週は都庁・特別区、続いて国家一般職など1次試験のピークとなりますが、続いて2次試験の対策が必要となります。
そこで、LECでは毎年多くの受験生から好評を頂いている面接プレミアムゼミを今年も開講します!

お申込希望の方は、各ゼミの説明会への参加をオススメ致します。

<申込み上の注意>
1、原則お申込は1次また2次試験合格発表日当日より実施本校にて受付開始いたします。
2、定員管理のため実施本校のみで受付いたします。
3、申込時に受験番号の分かる受験票を必ずご持参下さい。


『東京都 I 類B(一般方式) 面接プレミアムゼミ』
合格発表前クラス:岡野朋一LEC専任講師
開講:6/13(月) 説明会:6/6(月)15:00~16:00
実施:LEC池袋本校
※当クラスは、随時申込受付中!!発表前にお申込ができます。

合格発表後クラス:新谷浩史LEC専任講師
開講:7/10(日)/7/13(水) 説明会:7/2(土)17:00~18:30
実施:LEC新宿エルタワー本校

『東京都 I 類A 面接プレミアムゼミ』
新谷浩史LEC専任講師
開講:7/2(土) 説明会:6/27(月)19:00~20:30
実施:LEC中野本校

『東京都 I 類B(新方式3次対策) 面接プレミアムゼミ』
新谷浩史LEC専任講師
開講:7/24(日) 説明会:7/17(日)14:00~15:30
実施:LEC中野本校

『特別区 I 類 面接プレミアムゼミ』
池袋本校:岡野朋一LEC専任講師
開講:7/23(土) 説明会:7/16(土)13:00~14:30

渋谷駅前本校:丸尾旭LEC専任講師
開講:7/25(月) 説明会:7/18(月祝)14:00~15:30

■詳細はこちらをご確認下さい■

東京都庁Ⅰ類A応援メッセージ

皆さんこんにちは。

いよいよ明日は東京都庁Ⅰ類Aの試験日ですね(^-^)/
当日に全力を出せるよう、今日は早めに寝ましょう

その他注意点としては・・・

①試験当日
いつもより少し早めに起きましょう。そして必ず朝ごはんを食べましょう!必ずです!ちなみにお米がおすすめです。炭水化物はブドウ糖に変わるので脳のエネルギーになります。あとは味噌汁と納豆!家にない方はコンビニまで買いに行きましょう。

②教養択一
時間配分に注意です!今まで自分で解く順番など戦略を立てられたかと思いますが、その戦略通り本番では臨みましょう!分からない問題はあって当たり前です!そういう問題は潔く捨てて、他の取れそうな問題に時間をかけましょう!

③教養論文
例年でいくと資料が3つ出されます。必ずそれらに触れるようにしましょう!自分が知っているテーマだからと行って、資料を無視して書いても問題の意図に答えていないとみなされてしまいますよ。
また、当たり前ですが文字数に注意です!少な過ぎても多過ぎてもダメです!今までの論文対策で培ってきたものをここで出し切りましょう!

④専門論文
どの科目を選択されるかは人によって変わってくるかと思います。もし公共政策を選択される場合はまず必ず構成をしっかり考えてから書きましょう!公共政策はとにかく文字数を書かなければいけないので、いきなり書き始めてしまうと文字数が少なくなってしまったり、論点ズレが起こってしまう可能性が大きいです!

教養論文と公共政策では知らないテーマが出ても焦らずに!自分の知っている知識をうまくつなげて何とか書き上げましょう!

⑤試験後
試験日の数日後に教養択一の解答がHPにアップされます。必ず採点をしましょう!そして面接の準備を始めていきましょう。(Ⅰ類Bも併願されている方はまずはそちらの教養択一対策を行ってください。面接対策はその後からやりましょう。)
自己採点が悪かったと感じても、必ず面接対策は始めてください。筆記試験合格発表日後に始めても面接まで数日しかないので準備する時間がありません。

当日は緊張するかもしれません。でも大丈夫、周りだって緊張しています!ここまでくれば今まで勉強してきたものを出しきれた人が勝ちます!!!落ち着いていきましょう。

まずは第一関門突破を心より願っています。頑張ってください(*・`ω´・)ゞ

国家専門職試験応援メッセージ

明日は遂にやっと国家専門職試験の本番ですね

今日まで必死の思いで勉強をしてきた皆さん、いよいよその実力を発揮する時が来ました
悔いのなきよう、1点でも多くもぎ取って、目にモノを見せてやりましょう
これまで努力を継続してきた自分を信じて、是非とも合格を掴み取ってください

そして、試験でしっかり力が出せるように、今日はガツガツ勉強するよりもゆっくりリラックスしましょう
夜なかなか緊張で寝られなかったりすると思いますが、人間は一日寝なかったくらいではダメになったりしません
むしろ適度な緊張感が続いた状態で試験に臨んだ方が、感覚が冴えてきて良い!とポジティヴに考えるようにしましょう

また、忘れ物をしないように、持ち物の確認を念入りにしましょう
受験票、筆記用具、時計、ハンカチ、ティッシュ、(会場によっては)上履き、(天候によっては)折りたたみ傘など、早めに準備しておきましょう
会場で直前にチェックするまとめノートや、専門記述の答案集なども持っていくといいと思います

あと、時間に余裕を持って家を出たとしても、初めて行く会場だと駅や道で迷子になったりすることもあり得るので
(昨年自分は駅で迷子になり乗り継ぎに失敗しました)、
そういった事態に備えて心にも余裕を持つようにしましょう
緊張していると不必要なほど動揺してしまったりしますので・・・

ではでは、明日は気持ちと時間に余裕を持って、試験会場に向かってください!
自分を信じて、最後まで諦めずに、解答時間を大切に、とれそうな問題で一点一点を丁寧に積み重ねていきましょう
そうすれば、合格にグンと近づくと思います
皆さんの合格を心より祈っています

今出来ることを全力でやろう

こんにちは!

試験までももう残りわずかで、そわそわしたり、不安になったり、あまり勉強が身に入らなかったりしている人も多いのではないでしょうか?
でも、試験前の今しかできないことが沢山あります!
集中して今やるべきことを着実にこなしていきましょう

では早速今やるべきことを挙げていきます(*^_^*)
特別区に話が少し寄ってしまうのですがご了承ください。


*過去問*
過去問はきちんと復習していますか?
一回解いたことがあっても、時間配分などを確認したり、傾向を今一度つかんでおきましょう!


~特別区志望者へ 試験1週間前に過去問を解く時のポイント~
①古い年度から最新のものを解こう
古いものでも過去問は過去問なのですが...私は古いものの方が易しい気がしました
専門は満点を取れることも割とあったりして『案外いけるのかも』と思ってしまったりしがちです。
しかし、近年難化傾向にあると言われているので、直前に最近の過去問を解くことをオススメします!!

②解く順番と時間配分を決めて解こう
解く順番と時間配分は決まりましたか?
特に時間が足りなくなりがちな教養択一は、科目ごとの目安の時間も設定していました!
私の場合(特別区:教養120分想定)はこんな感じです!
教養:文章理解(35~40分)→知識系(約20分)→数的(55~60分)
専門:法律系→学系→ミクマク
人によって様々だと思うのですが、大体の順番と時間は決めておくと本番時間に関するミスは減ると思います( ^ω^ )


*教養論文*
①暗記する
教養論文はきちんと暗記出来ましたか?
準備した論文は丸暗記する必要はないですが、テーマごとに流れや重要な単語はきちんと頭に入れましょう

②過去問をもう一度解いてみる
直前期に過去問を復習すると同時に、まだ書いたことのない年度の論文も書いてみましょう!
初見の問題でどのように書いていくかを直前期にもう一度確認しておきましょう!
論文に関しても、大体の時間の目安は持っておくと良いと思います
これも私の場合(特別区:80分想定)ですが、参考に書いておきます。
構成を考えてメモする(10~15分)→メモをもとに論文を書く(50~60分)→見直し(5~10分)


*暗記・知識系科目*
知ってるか知らないかで解ける、暗記・知識系科目は覚えた者勝ちです.゚+.(・∀・)゚+.
トイレの中、洗面台の鏡、勉強机などに分からない言葉やどうしても覚えられないことを付箋にメモして貼っていました
最後まで妥協せず、頭に詰め込んで試験に臨んでくださいね!


【直前期QMを回解く際に気をつけていたこと】
・QMの傾向分析ページの星★の数等を参考にして受験先の頻出分野を厚めにor絞って解く
・基本問題を中心に解いて最終確認をする


試験前の今しか出来ないことが沢山あります
筆記試験が終わった後に、
あのときあと少し頑張っておけば...
あのときあの単元復習しておけば...
ということにならないためにも、試験が全て終わるあと少しの間全力で頑張って下さい!

本試験で注意しておきたいこと!

こんにちは本試験が迫ってきた方も多いと思います。今回は本試験で気をつけたいことについて話したいと思います


Point①鉛筆を用意しておく
1次の筆記試験は択一のマークシート式が多いと思います。その際、基本マークシートは鉛筆を使用して書いてくださいと言われます。鉛筆しか机の上に出してはいけない自治体もあるので、鉛筆3本以上は筆箱に入れておきましょう
※計算用にシャーペンを使用していい場合もあるのでシャーペンも持っていったほうがいいと思います!


Point②本試験前の注意をよく聞く
試験本番は緊張していて、職員さんの注意事項が頭に入ってきづらいと思いますが、重要なことを話しているので聞き逃してはなりません
<例1>国家一般職1次試験で配られる受験心得に付いている住民票記載事項証明書を、第二次試験までに役所で印をもらって二次試験で提出する!!
→これ一次試験の注意事項が書いてある受験心得の下にしれっとついているものです。ちゃんと確認しないとこの紙を捨ててしまいがちなので注意しましょう

<例2>マークシートの塗り方!
→自治体によってはマークシートを塗りつぶすのではなく、枠内に一本線を書くだけの塗り方もあります。試験開始前の案内をよく聞いて、受験案内をよく読みましょう。

<例3>面接カードの提出日の確認!
→面接がある日に面接カードを提出するのではなく、事前に提出する自治体もあります。一次試験に必ず案内があるはずなので、第二次試験に必要な物は確認しておきましょう。


Point③受験会場、行き方の確認を
人がいる方向に歩けは案外危険です!事前に場所をWEB上でもいいので確認しておきましょう。もし道に迷ってしまったり、電車に乗り過ごしてしまって、時間が危うくなったらタクシーを使いましょう


Point④自信を持って
試験前は不安で不安でしかたないと思いますし、思うように睡眠がとれず寝不足だったりするかもしれませんですが、私はこれだけがんばってきた!できる!!と自信を持って本番に挑むことが重要です


本試験を少しでも良い状態で受けられるように、体調には気をつけてラストスパートをかけていきましょう(*^-^*)

コンディションを本試験に合わせていこう!

やあ、みなさんこんにちは!!(*`・з・´)



メンタル状況はいかがでしょうか



大丈夫ですか



いよいよ本試験が目の前までやってきましたね



本試験に向けて体、脳を試験モードに合わせていきたいところです。



というわけで、今日は【コンディションを本試験に合わせよ】という内容です。



ではどうしろ、ということかというと



本試験当日のような生活をして体、脳を慣らしておけということです。



具体的には、この時期から


本試験当日に起きる時間に起床し

本試験が行われる時間帯にその科目の問題を解き

本試験と同じ順番で問題を解く



ということです。



今までみなさんがしてきた、公務員試験におけるすべての勉強は合格するためにやってきたのです。



そう、練習のための練習(勉強)ではなく、本番のための練習(勉強)です。



なので、本試験でベストを尽くすためにも今から本試験を想定した生活を送り、本試験にコンディションを合わせていきましょう!!



では、ラストスパート頑張ってください!!


『継続は力なり』



本試験無料成績診断&受験相談会をフル活用!!

みなさんこんにちは!
LEC公務員スタッフです。

今回は本試験受験後に役立つサービスをご紹介!!

『本試験無料成績診断』

2016年度本試験 (国家公務員総合職・国税専門官/財務専門官/労働基準監督官・裁判所職員一般職・東京都職員 I 類B・特別区職員 I 類 事務・国家公務員一般職) の択一式試験の解答をご入力いただいた方に、無料で成績を診断いたします。
LECの本試験成績診断ならば、合格発表日よりも前に「ご自身の順位」や「受験生全体の解答状況」を、無料で確認できます。
第2次試験対策や併願先など、今後の対策にお役立てください。

成績表サンプルをWebページで公開しているので是非ご覧下さい!
■詳細はこちらをご確認下さい■

『2016年絶対合格!! 本試験真っ只中の大受験相談会』

参加無料・予約不要(先着順となります)
本試験を受験して、順調に結果が出せそうな方、なかなか自分の実力を発揮できずいる方様々だと思います。
どうしても1人で考えこんでしまい良い方向に進まないこともあります・・・
そんな6月本試験真っ只中、みなさんの悩みを解消するため「大受験相談会」を開催します!!
LEC講師や2015年合格者アドバイザーも駆けつけます!!本試験が1週間あく6/18.19を使って次のステップへ進みましょう。

日時:6/18(土)10:00~12:00
    6/19(日)16:00~18:00


場所:LEC水道橋本校

■詳細はこちらをご確認下さい■

もう少し あと少し…

題名はZARDの名曲から。
皆さんこんにちは!日々いかがお過ごしでしょうか?

いよいよ特別区や都庁一類B、そして裁判所職員の試験日まで2週間ほどとなりました!
恐らく関東圏の公務員試験の中でも多くの方が気張る試験ではないでしょうか。

ここからの時期、自分は全ての教科において特別区の問題のみをクイックマスターから抽出してやり続けてました。おそらく一日で300問以上をこなしていたと思います。
分量は人それぞれですが、これからの勉強の趣旨は「あー、あの日にもっとやっておけば良かった!」と後悔しないようにするという事になると思います。

仮に失敗したとして。まず湧いてくる後悔は直前の行いに対してのものが多い気がします。
だからこそ、試験日まで間もないこの時期にしっかりと納得いくような勉強をしましょう。

あと教養論文や専門記述がある方はしっかりと要点のみをまとめておさらいしておくと良いと思います。
「ラスト1ヶ月は学系教科の暗記期間!」とはよく言ったものですが、そうした“記憶しておくにふさわしい時期”に論文の要点や情報等をありったけ詰め込んでおくといいでしょう

缶詰になって勉強する方も多いでしょうが、体を壊さないように頑張って下さいね!

ゴールは間近だよっ!

特別区・都庁・地方上級・国税・労基・財専・裁事etcが第一志望の方たちは試験まで後1ヶ月前後となってきましたね。

1年以上前から勉強してきた者、年明けから始めて切羽詰っている者、それぞれだとは思いますが、
この辛い辛い辛い・不安不安不安な勉強ばかりの生活もあと少しです。
ゴールが見えてきましたね。
人間ゴールが現実的になると、またやる気が出たり、もう一段階ギアを上げることが出来ます。

あと1ヵ月後には人生が大きく変わっているかもしれないのですよ?
そのためにいまやらないで、いつやるの?

あと直前期はある程度苦手テーマや試験で出そうな分野を絞って対策したりします。
そういったことを自分なりに考えて勉強しましょう。
ただ勉強するのと、考えて勉強するのって、
結構効率違うと思いますよ?


勉強も仕事も人の言われた通りするのと、それをまた自分なりに考えて行動するとでは大きく異なります。
ぜひ、みなさんは後者の人間になっていただきたいです!


それでは月に1度のブギウギコーナー!
今回は勉強のお供、おすすめコーヒーをご紹介したいと思います。
おそらくこのコーナー史上初めて役に立ちそうな内容だと思います。笑

エントリー№1 TULLY'S COFFEE BARISTA'S BLACK
個人的には、これが1番おすすめ!香りも豊かで味も良し!
比較的どこのコンビニでも売っているので入手もしやすいです。
ぜひ、今日の休憩はこちらを!

エントリー№2 キリン ファイア 新豆挽きたてブラック
これはあまり見かけないのですが、水道橋校の近くの自販機にあったのでよく購入していました。これはコロンビア産の豆を主に使っているのですが、
コロンビア産の豆って香りも豊かで酸味もほどよく個人的にはとても好きです。
(ちなみに良く飲まれているのはブラジル産が主に使われているブレンドが多いです。クせがなくバランスが取れています)
缶コーヒーもお店のコーヒーも基本ブレンドなので様々な国の豆が入っていますので、裏の原材料を見て飲み比べてみましょう。

エントリー№3 豆香坊
水道橋校の近くの自家焙煎のコーヒー屋さん。種類も様々ですし、通えば自分好みのコーヒーが見つかるかもしれませんね。本格派のコーヒーが飲めます。
ちなみに自家焙煎のコーヒー屋さんですと、台東区にあるカフェバッハさんもとても有名なので近くに行った際は寄ってみてください。

番外編
最近コンビニのコーヒーが流行っていますが、それよりは上記したコーヒーはおいしいと思います。個人的にコンビニコーヒーは挽きたてなので香りは良いけど味は苦味ばかりが先行して、酸味などが物足りないように感じます。
アイスコーヒーは豆を深く焙煎するので、あまり差が出にくいのでコンビニコーヒーもよく飲みますが。
某コーヒーメーカー(UC○)は比較的苦味が強く、某コーヒーメーカー(キーコー○ー)は酸味が強いのが特徴的と言われています。
コーヒーはあくまで嗜好品なので、自分の好みに合ったコーヒーを見つけてください(*´ω`)┛

疲れたらコーヒーブレイクも欠かさずに!

では、また…

北海道庁応援メッセージ

皆さんこんにちは。

いよいよ明日は北海道庁の試験日ですねそしてこれを皮切りに本試験を迎えられる方も多いのではないでしょうか。

ここから体力的、精神的に負担が大きくなってきますが、最後の力を振り絞って頑張ってください

そして試験のアドバイスです☆

①試験当日
いつもより少し早めに起きましょう。あとは朝食を必ず食べましょう

②教養択一
とにかくスピード勝負です!特に数的は30秒くらい考えて解法が浮かばないのであれば潔くあきらめましょう!(中には解けそうだけど実はものすごい難しい問題があったりとかします・・・。)
そうしないとあっという間にタイムアップです。
「解けそうな問題はすばやく見つけて解いていく」という戦略でいきましょう(*・`ω´・)ゞ

③教養論文
問題文をしっかり読みましょう!何を書けば良いのか。北海道のことを書けばいいのか。一般的なことを書けば良いのか。しっかり読み取って、そして構成をしっかり考えた上で書きましょう!
あとは当然ですが文字数に注意です

④試験後
お疲れ様でした!合格発表までに面接練習を始めておきましょう。自己採点が悪くてもです。

さあ、全力を出し切れるように頑張ってください!

この時期にやるべきこと

こんにちは!
本試験まで日が迫ってきた中、調子はいかがでしょうか(○´・Д・`)ノ

過去問演習している方、論文を暗記している方、QMを回している方・・・
やっていることは人それぞれだと思います。
自分のペースが守れているようであれば、是非その勉強を続けてください

一方、焦りから何をやるべきか見失っている方
この記事を読んで一度落ち着いて、自分のやるべきことを洗い出してみてください。

では、本題に入ります。
この時期にやるべきことの中で最も重要なのは、「自分に足りていないものを知る」ことです。
足りていないものって具体的にどういうものかというと、
 苦手な科目or分野時間配分が上手くできない計算のケアレスミスが多い・・・などです。
これらは本試験までの期間だけでもまだまだ対処することができますというか対処しないといけないものです。

じゃあ、足りてないものを知るにはどうすればいいの?という疑問を持つ人もいると思います。
それは、今までの経験です。
皆さんは自分なりに勉強をして、模試を何度も受けたと思います。
その模試を通して、上記のような「自分に足りていないもの」が見えたのではないでしょうか。
それに気づけているのならば、あとは対処していくだけです
模試を通しても気がつくことが出来なかったという方は、今までの受験経験からでも構わないので、本当に足りていないものがないか考えてみてください。

では、足りていないものを知った後はどうすればいいか。
足りていないものを補っていきましょう。
・苦手な科目・分野 ← ちょっと時間を多めに割いて問題演習。もしくは、他の科目で点数を重ねられるようにそっちに注力。
・時間配分が上手くできない ← 予め時間配分を決めてしまう+解く順番を何パターンか試してみる。
・計算のケアレスミスが多い ← 間違えやすいところをチェック。見直しや丁寧にやることを心がける。
などが、補う方法として挙げられます。

正直、当たり前のことしか書いていません。
でも、この当たり前のことができるか否かで、本試験でどれだけの実力を発揮できるかが決まります。
追い込まれてきたこの時期だからこそ、当たり前のことを大事にして、自分らしくいきましょう

では、今日も1日頑張ってください。

本試験への心構え

こんにちは!
本試験まで残り約1ヶ月となりました。体調にも気をつけながら今日も頑張りましょう。

勉強の調子はいかがですか?
本試験に合格できる自信はつきましたか?


この時期は非常にナーバスになると思います。
思うように問題が解けなかったり、残り期間が少ないと焦ったり。。。
しかし、正直言って落ち込んでいる時間は非常にもったいないです。勉強もはかどりませんよね。

本試験に対して不安を抱いているのは皆同じです。あなただけではありません。
自分が今までしてきた努力を信じて、ポジティブに過ごして下さい。
僕も「これだけ勉強したのに、受からない訳ないでしょ笑」と常に自分に言い聞かせながら、去年の今頃過ごしていました(゚∀゚)

公務員試験は決して満点を取らなければならないものではないので、自分の取れるところを確実に落とさなければ合格することは十分可能です。
仮に勉強が人より進んでいない、模試で点数が取れていない状況であっても、周りに惑わされてはいけません
高得点でも及第点でも「合格」という事実には変わりはありません。
残りの期間、今まで自分がしてきた勉強法を信じて下さい
そして、自分なりの戦略を立てて、最終合格を勝ち取ってください。
応援してます(=゚ω゚)ノ

この時期に+10点は夢じゃない!

みなさんこんにちは!5月ですね
公務員試験に向けて真顔で勉強されていることと存じます

今日はこの時期に一気に点数の底上げを図る方法について書きたいと思います



①志望先の過去問を分析して、志望先に合わせた勉強をする
→当然のことかもしれませんが、これが一番効果的です
時間がない中でただ漠然とQMを回すよりも、志望先の頻出分野を集中してやる事で、少ない時間で効率的な択一対策をすることが出来ます(QMには試験種ごとの頻出の分野が書かれていると思います)
また、志望先の過去問を何年分もやることで、計画的な時間配分・苦手の克服・本番での緊張を和らげる、など効果があると思います
自分は直前期には、7年分ほどの過去問や今までに受けた7回分の模試の復習を行いつつ、あわせて第一志望先の国税で出題数の多い会計学と経営学の勉強を中心にしていました


②時事・教養択一・経済事情を攻める
→直前期に成績が伸び悩んできて、あと1点でも稼ぎたいと思ったら、短い時間でも1点をもぎ取れる余地のあるこれらの科目がオススメです一から勉強をやらなくても、部分・部分摘んでいれば、当日思いのほか効果を発揮します
自分は普段から時事・人文自然社会科学・経済事情の問題演習をするということはあまりしていなかったのですが、夜寝る前などにQMやテキストを眺めたりしているうちに、だんだん知識が身についてきました試験の超直前(前日夜や当日試験会場で)にザーッと見直すだけで、本番でも意外と良い点数が取れました!


③自分のリズムをキープして勉強する
→一見するとなんだこれ?だと思いますが、実はとても重要です
直前1~2ヶ月前からは自分の中で一定のリズムを維持出来るような勉強計画を練り、その予定の通り勉強するようにしてください
あれもこれもと手を出すと、メンタル的にも不安になり、本番で力を発揮出来なくなってしまう可能性があります
自分は4月の終わりごろに他社の模試や市販の直前対策問題本に手をつけたところ、思った以上に点数がとれず大きく自信を失いました
模試に関してはLECのコースに付いているもので十分ですし、今までの自分の努力を信じて勉強に臨めば、きっと結果は付いてくるはずです


④苦手意識のある専門科目は1日かけて1科目全体を総復習する
→5月の段階になっても科目全体を通じて理解が不十分であると感じる専門科目があるのであれば、直前期であっても丸一日かけて1科目全体を総復習する日を設けるのも一つの手だと思います
この時期は満遍なく色々な科目をやったほうが効率は良いかもしれませんが、やはり最後まで気がかりな科目を残しておくのは精神衛生上よくありません
自分は思い切って、「今日は行政法しかやらない!」「今日はミクロしかやらない!」といった日を5月中に何日か設けていました時間がなくて焦っていた分いつもよりかなり早いペースでQM1周終わらせることができましたし、1つの科目の体系的理解が捗ったのではないかなと思います



今までの蓄積を元に直前期に集中して勉強に励めば、最後の1ヶ月で幾らでも点数を伸ばすことは可能です
逆に言うと、今までの模試でいくら良い点が取れていても、この時期に慢心してダレてしまうと、下手をしたら本番で失敗してしまい、ボーダーを越えれないかもしれません
ここからが勝負ですこの時期に一切手を抜かなければ、本番で高得点をとることも夢ではないです
気を抜かず、油断せず、悔いの無いように今までの復習をしっかりやっていきましょう

疲れてきたら

こんにちは

みなさん勉強お疲れ様です
本試験まであとわずかとなり、緊張感も高まってきているのではないでしょうか
筆記試験まで泣いても笑ってもあと1ヶ月あまり、全力で突っ走りましょう

ですが、ここまで頑張って突っ走ってきた皆さんの中にはそろそろ燃料が切れてしまいそうな人もいるんではないでしょうか
勉強をしなければならないのにやる気がでない、危機感が今ひとつ感じられない、机には向かっているけど勉強に集中できない
こんなときってありますよね

でもでも、こんな日って受験生なら誰でもあるんです
僕も4月頃からやる気が出ない日が増えていきました。(通称:早期燃え尽き症候群
そんな日は、少し息抜きしてみるのもありなんじゃないかなと思います
もちろん、この時期にまるまる1日つかってリフレッシュしてくださいなんて、口が裂けても言いません。言えません
でもですよ、もやっとした気持ちのままで勉強に向かうよりは、少し時間をつかってリフレッシュしてから勉強した方が身に入ると思いませんか?
思いますよね?ねっ!

そんなもやっとした気分のときにオススメの簡単なアクションをいくつか紹介します


①散歩する
定番中の定番ですが、心も身体もスッキリします
やはり、ずっと座っているとストレスがたまってくるので、定期的に体を動かすのはいいことなんじゃないでしょうか

②ミント系のガムや飴をなめる
ガムは、辛口のものがオススメです眠くなったときや、食後など、頭がなかなか働かないときに食べるのが良いでしょう

③伸びる
非常に古典的ですが有効です。自習室や周りに人目がある場所ではあまり過激に伸びれないのが欠点かもしれません

④目薬を差す
スッキリします僕は「スーパークール」みたいな目薬を買って試したところ、目が焼かれるんじゃないかというぐらい強烈な激痛がはしりました
感度には個人差があるので注意して買ってください。(しかし痛みにより頭のさえ具合が非常に良かったのでその後もスーパークールを愛用していました

⑤コンビニに行く
やる気がおきない時にふらっと行きます。何も買わないのはあれなので、行ったらガムやコーヒーなどを買っていました。行き過ぎて金欠に注意

⑥飲み物を飲む

冷たいものを飲むと目が覚める気がします。あまり冷たいものを飲みすぎて、お腹を下さないように注意しましょう

⑦叫ぶ
心が叫びたがっているとき、ありますよね?
これは自宅でしか出来ないかもしれませんが、布団などに顔をうずめて何でも良いから叫んでみましょうスッキリします

こんなとこです。みなさん全部知っていると思いますが、やる気が出ないときに意識して実践してみてください
やる気が出るかもしれません

ラストスパート!!!

皆さんこんにちは!

特別区・都庁・裁事試験日までちょうど1ヶ月ですね!

直前期は焦りすぎて、何していいか分からなくなったり、急に新しい問題集に手を出したり、、、など焦りゆえに謎な行動を取ってしまうこともあるかと思います。

そんな直前期にオススメの勉強法を今回は書きたいと思います

①志望先に合わせた問題を解く
例えば国家一般職が第一志望ならQMの問題の中から頻度(星の数)が高い問題を解きます!
解けたか解けなかったか○×をつけておくか、付箋を貼って繰り返し解きましょう!

②QMの必修問題を全部解く
去年のアドバイザーの方に進められた総復習法です。必修問題を全単元解き、間違えた単元に関しては類題を解いて復習します。自分のできる範囲とできない範囲をしっかり把握し改善していきましょう!

③過去問を解く
もうすでに解いてるよ!という方も多いと思います。
特に特別区は過去問勝負みたいなところがあるので、何回も解いて知識の漏れをなくしましょう!

④模試を解き直す
一度やった問題でも意外と忘れているため、解き直すのは重要です特に時事は同じような問題が出る可能性があります。間違えた問題があったらその類題をQMで解いて、同じミスはしないように記憶を定着させましょう!

⑤HRに参加する
今年何が出る可能性が高いとか、去年これが出たから今年は可能性が低いとか傾向を分析してもらえます!総復習もできるため、効率的な勉強ができますよ!

直前期は難しい応用問題を解けるようにするのではなく、皆が解けるような基本問題を確実に取れるような勉強をしましょう
そのための総復習、繰り返し問題を解くことが重要です
ただし文章理解に関しては同じ問題を解くよりは新しい問題を解いたほうが良いと思います。

直前期でも焦らずに自分のペースを崩さず勉強頑張っていきましょう(*^_^*)!


都庁に特化したこの時期の勉強リズム

こんにちは!
今回は私がこの時期に行っていた、都庁に特化した勉強リズムをご紹介します!
先代のアドバイザーの勉強法なども載せましたので、残り1ヶ月の過ごし方の参考にしてみてください。

1日のスケジュール

<10:00頃~12:30> 数的処理QM・Kマスター(直前期はQMの抜粋、過去問、模試の問題)
・平日は移動して大学で勉強していたので、始まりが10時からと少し遅くなっています。
しかし、移動時間は時事に特化してテキストの読み込みを行っていました!
家で勉強する休日は早起きして、模試や過去問に取り組んでいました

・資料解釈以外の数的処理のQMやKマスターに、午前中は向き合うことをルーティーンにしていました。
毎日QMの基本問題とKマスターの問題を、解説を見なくても自力で解けるレベルまで解き続けることで、
答えの導き方やパターンがある程度身についたと思います。

・直前期は、QMに自力で解けるか否かで付けていた○△×を見て、なかなか×が○に変わらなかったものを解き直したり、
都庁の3年分の過去問や模試の数的処理の問題を解いたりしました。



<12:30~14:00頃> お昼ごはんを食べながら、資料解釈の教材読み込み
・資料解釈は都庁で4問出る重みがある科目なので、個別に時間を確保しました。
QMが難しすぎると感じたので、市販のテキストを使用して、一日に5題⇒だんだん増やして一日に10~15題
素早く解くための考え方を見直していました。

・先代のアドバイザーは都庁の過去問をやり込み、自分なりに対処法を研究することで、
資料解釈は直前期でも伸びる可能性が大いにある
と述べていました!!諦めず取り組んでみてください!



<14:30頃~18:30> 専門記述の暗記(合間に教養科目のKマスターやQM)
・専門記述は一日に3時間近くはやっていたと思います。毎日全科目に触れることを意識しました。
それでも足りないと感じた日は、帰宅前に地元駅のファストフード店などに寄って、気が済むまで覚えることもしました。
5月はインプットだけでなくアウトプットも重視して、口頭で暗記した解答をぶつぶつ言いながらキーワードだけ手で書き出す
という手法で効率良くたくさんの論点を復習することを意識しました。

・先代のアドバイザーは、本番の3週間前には全ての論点を1周は触れており、
それ以降は5~10論点を毎日5~6時間かけてチェックするようにされていた方もいました。
専門記述の論点は全てを完璧に書ける必要はなく、キーワードは必ず抑えて、
全論点を7割くらい書けることを目指して暗記に取り組んでいた
そうです。

・別の方は、眺めるだけやキーワードを拾う、テーマを見て3分間で書けるだけ書く→重要なキーワードが抜けていないかチェックするといった方法で、
短時間でできるだけ多くの科目を回せるような工夫をされていました。



<22:00~24:00> 文章理解、教養論文
・文章理解は寝る前、1題5分を目安にQMの現代文3~4問、英文2~3問を解いていました。

・教養論文は最も力を入れなかったものの、突破したいという思いはあったので、
HRでいただいた東京都の政策についての資料を読み込んだり、構成を考えたりしました。

・先代のアドバイザーは、直前期には自分の作成した各論点の骨格を暗記して本番に応用が利くようにする、
教養論文は丸暗記してもそのまま使えるものではないので、ある程度幅広く知識を仕入れ、HPなどを見ながら
こんな分野のテーマが出たら、こんな事が使えるかなーと思いながらまとめていたそうです。

専門記述よりも教養論文の方が周りと差が出やすく、しっかりとした対策が必要だそうなので、
私のように怠ることはしないでくださいね!!



今の時期に何をやるのか、参考になるものがあれば取り入れてみてください!
焦ったり不安になったりする時期ですが、新しい問題集に手を出すより
今まで使ってきたQMやテキスト、教養論文の骨格を繰り返し解いたり覚えたりすることが大事だと思います。


また、LECが直前期に行うファイナルアンサーなどの講座も、最後に信じる指針として参考になりました!!
使える手段は全部利用して、筆記試験通過に役立てましょう!!!

オススメのBGM

皆さんこんにちは!(*´ω`)┛
今回はちょっと息抜きの記事として、オススメのBGMを紹介したい思います。
かなり個人的な好みが入っていますが御了承下さい(笑)。

<勉強中のBGM>
勉強中のBGMは基本的に歌詞のないものがオススメです。
歌詞があると聞き込んじゃって頭の中もってかれることがありますからね・・・(゚д゚)
某動画サイトで「勉強 BGM」と検索すると沢山検索結果が出てきますが、僕が一番いいなーと思ったのは
【勉強用BGM・音楽】『α波』が集中力を高める!(以下略)
という、ピアノの音と波の音が一緒に流れてくるBGMです。
個人差があると思いますが、「波の音が入るだけでこんなに違うのか!」と思うくらい集中して勉強できました(笑)
ただ知能系の科目や苦手科目、知識系の科目でインプット作業をしている時等は「頭の中でしっかり考える」必要があるのでBGMはかけずに勉強した方がいいと思います。
知識系の科目等でアウトプット作業をしている時、なんとなく集中できないときは試しに聴いてみてください。
また僕はゲームが好きだったので、ゲームのサントラを聞いたりしていました。映画やドラマのサントラも、好きな人は聞いてみるといいかもしれませんね。

<リフレッシュのためのBGM>
これは本当に人それぞれだと思いますが、僕の場合「リフレッシュ」=「物思いに耽る時間」でもあったので、割としっとりした曲を聴いていました。
中でもお気に入りの曲が「想いでは遠くの日々」という曲です。
ある映画のエンディングで使われた曲なのですが、なんとも物悲しく切なくなる曲で非常に好きです(笑)
これも某動画サイトで検索すればすぐ出てくるので一度聞いてみてください。
また音楽ではありませんが、ラジオは聞いててすごく楽しいですよ!
普段からラジオを聴く人はあまり多くないかも知れませんが、調べると世の中いろんなラジオがあります。夜寝る前や勉強の合間に聞くと、笑ったり共感できたり、たまに泣いたりできて、良い心のリフレッシュになります。是非オススメです!


勉強中にBGMを流すことに否定的な人もいます。
ここまで書いて難ですが、僕もあまり良いことだとは思っていません。「ながら勉強」は集中力を下げると個人的にも思います。
ただし時と場合によっては、前述したとおり逆に良い効果があったりします。
色々なツールを適切に使い分けて、効率の良い勉強を今後も粘り強く進めていきましょう!

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR