筆記試験後の官庁訪問対策

みなさんこんにちわ!
そろそろ5月も終わですね!

今回は国家一般職試験の官庁訪問についてです。
もちろん今は筆記試験でボーダーを越えるための勉強が一番大切ですが、
その先を見据えて官庁訪問対策について書きたいと思います。

官庁訪問の名前はすごくいかついですが簡単に言うと
自分で志望官庁にアポを取って面接をしてもらいにいく
というシンプルな事です!
それでは官庁訪問に向けて自分がしていたことを書きたいと思います。

①一次試験が終わったら速攻で志望官庁のHPをチェック!
 一次試験終了後あたりを目安に、各官庁で独自の説明会が始まります。
筆記が終わったからといってあまりのんびりはできないので注意してください。
職場見学会や各局別の説明会など、各機関のことを知る絶好のチャンスですので
積極的に参加しましょう!
 また官庁訪問では面接形式や拘束期間、どういう人物が好まれるかなどの情報
いかに十全に収集できるかが鍵になります!この説明会を機に、たくさんの情報を集めましょう!
私は職員の方との座談会の際に、官庁訪問の雰囲気や内定が出るタイミングなどを
リサーチしていました。

②集めた情報をもとにして、どういう順番でまわるか計画を立てる。
 官庁訪問の予約の取り方や開始日時、内々定が出るまでの拘束日数をもとに
落とされるリスクを考えた日程を組みましょう。
 落とされても次に訪問する官庁を決めておくと、いざというときに
あせらずに行動することが出来ます。

③志望動機・入庁したらやりたい仕事について固める。
 官庁訪問で重視されるのは、その官庁への熱意です。
本当に官庁訪問とはこれに尽きると思います。
官庁訪問までに、しっかりと自己分析や官庁分析を行い
なぜ自分はこの官庁で働きたいのかという部分をしっかり固めましょう。

④入庁したら関わりたい仕事について調べておく
省庁全体の政策全部事細かに全部覚える必要は特にないですが、
自分の興味がある分野はしっかり調べておきましょう。
私は説明会のときに、座談会でどのくらい政策について聞かれるかどうかなど
さりげなく聞いて雰囲気を把握しておきました。

⑤最新のニュースなどにもアンテナは広く張っておく。
面接シートは当日記入の官庁もあり(これは各自で調べてください。)、その場でいかに対応できるかも大切です。
最新のニュースなどの時事関連のことも実際に聞かれたので広くアンテナを張っておきましょう。


私の行っていた官庁訪問対策は以上です。
みなさんがんばってください。

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR