第一印象は入室時ではありません。

こんにちは!(*・ω・)ノ
面接対策として「入室時に声や姿勢で第一印象が決まる」なんて言う方がいらっしゃいますが、本当の第一印象は入室時ではありません。たいていの機関が面接前に受験生の面接シートを見ています。つまり、本当の第一印象は面接シートの時にある程度決まります(・ω・´)

乱雑に書かれていると「適当な性格なのかな」と思われたり、誤字脱字があると「そそっかしい」と思われたり、文字が汚かったり、小さい文字で読みづらかったり、何回も読まなければ理解できない文章も印象が悪いです(゜д゜;)

文章の内容は何度も添削するしかありませんが、文字の書き方は工夫をすれば好感の持てる面接シートになります!

1.ペンはZEB○AのSAR○SAの黒0.4(または0.5) 
ゲルインクなので発色が良く、なめらかに書けます。もともと宛名書きなどの公式文書にも使用できるペンとして販売しているので、文字がいつもより上手く書けていると思いました

芯は細過ぎると文字が貧相に見えるので、0.4mm以上にした方が良いと思います。個人的には0.4mmがにじみにくくて好きです。少し大きめの文字を書くならば0.5mmの方がちょうど良いです。0.7mmを好む人もいます。太さの好みは個人差があるので、お店で試し書きして自分にあった方をどうぞ

他にオススメのペンは、
・Pent○l(ぺんて○)のエナージ○ル
・三菱鉛○のuni-ball S○gno(ジグ○)
・PIL○TのVコー○
ゲルインクのポールペンが良いと思います

また説明会などで日常的に使う油性ペンならば三菱○筆のJETSTRE○Mの多色・多機能ペンが個人的にオススメです(´∀`*)

2.基本事項は厳守 
枠や罫線からはみ出ていたり、文字数が指定範囲外などは論外です。言われたことは守りましょう

3.文字はできるだけ丁寧に書こう 
字がきれいだから採用なんてことはないので、きれいな文字は書けなくとも真剣さを伝えるために丁寧に書きましょう乱雑な文字や誤字脱字は論外ですが、丸文字や小さい文字も避けましょう。

4.とはいえ出来るだけ綺麗な文字を書きたい 
文字を綺麗に見せるコツ
①漢字の直線や角をしっかりとつける
「章」の字を例とします。左右対称になるように、直角にしっかりとまげ、直線は水平になるように意識して書くだけでも違うはずです。

②ひらがなより漢字を大きめに書く
ひらがなより漢字をちょっと多きめに書くとバランスが良くなります。漢字を気持ち大きめで書いてみてください。

5.少し行間を空ける 
スペース内にタイルみたいに文字を埋めていくと、けっこう読みづらいです。各行、上の部分に少しスペースを作っていくと読みやすいです。行間を気持ち少し空けましょう

6.枠だけで罫線が無いときは、7mmほどの幅で鉛筆で薄---く罫線を書こう 
幅7mmほどが書きやすいし、文字も多く書けると思います

7.注目して欲しいキーワードを気持ち大きめに 
個人的に私がやっていたことです。質問してほしいキーワードやアピールしたいキーワードを少し大きめに書きました。面接前に面接官が読んでいるといっても、読む時間は限られているので、そのときにパッと目につくようにしたかったです。

面接シートは受験生の第二の顔でもあります
丁寧に心をこめて書きましょうq(*・ω・*)p

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR