【2016試験向け】試験勉強を行うにあたって知っておきたいこと

本日は来年の地上国家一般の公務員試験を受験する方向けの記事になります。すでに来年に向けて試験勉強を始めている受験生もいらっしゃるのではないでしょうか。

本格的なアドバイスについては2015年度のアドバイザーが今後書いてくれると思いますので、最低限押さえて頂きたいことをお伝えします。

①数的処理に力を入れる
数的処理はどこの自治体においても課される科目です。そのため公務員試験を受けようとは決めたけど、どこを受けようかはまだ決まっていない等目標が絞れていない方はまず数的から始めるのが良いかと思います。また数的処理の勉強は時間がかかるため、早めに手を付けて損はないと思います。

②分からないのは当たり前
授業を受けて問題集をやってみても出来ない問題ばかりだと思います。しかしそれは皆同じです。分からなくてもどんどん進めていきましょう。進めていくうちに分かってくる問題もあります。公務員試験の勉強のセオリーは同じ問題集を何度も回すことです。最初は分からないことばかりだと思いますが、繰り返すうちに分かってきます。分からないのは当たり前だと割り切って勉強していきましょう。

③長く勉強出来るペース配分で
公務員試験は長丁場です。やらなければならない科目も多く、勉強当初から多くの時間を勉強に割かなければならないと考えてしまうかもしれませんが、最初から飛ばしすぎると息切れしてしまいます。事実、最初は勉強していたけど続かずに受験を諦めてしまう方も多いです。例年通りであれば多くの試験は来年の6月であり、今からだと10ヶ月程度あります。無理のないペースで勉強を進めていくことをオススメします。今の時期だと一日5時間程度やることが出来れば御の字ではないでしょうか。

④勉強計画を講師に相談する
まだ第一志望や併願先が決まっていない方が多いかと思います。公務員試験は各自治体によって課す試験が違い、教養試験のみ、専門試験も課すところ、専門記述や教養論文があるところなど様々です。第一志望と併願先の兼ね合いによっては科目が被らず勉強の負担が大きくなってしまうことも考えられるため、LECの担任相談を利用し、勉強計画を相談することをオススメします。

本日の記事は以上になります。

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR