国立大学法人等機関~二次試験Q&A~

みなさんこんにちは。
先日は、国立大学法人等機関の筆記試験お疲れ様でした!!

終わった次の日になんですが、国大ではそんなこと言ってられません!!

筆記が大丈夫そうであれば、すぐに希望する機関に関する情報収集を行いましょう。

国大の面接では、色々公開されていないことも多いので、実際どうなのか不安な方も多いと思います。

そこで、ここでは実際に国大の面接を受けた合格者の方にQ&Aとして、いろいろ答えてもらいました。


Q1.合同説明会での注意
A:興味のある機関の面接受験方法は早めに調べておくべき!合同説明会前から面接予約を受け付けている機関もあります!
B:合同説明会で面接の予約を受け付ける機関が多いです。特に人気のある大学では早めに予約が埋まってしまうので、事前に志望先を決めてから計画的に説明会をまわりましょう。
C:人気や募集人数を考慮して、計画的に回ることが大事だと思います。やはり、その場で予約の所が多いので、一回目から参加してる方が熱意のアピールにもなります。
D:面接の予約についてなのですが、自由に並んで署名制ってとこが多かったです。説明会では予約場所に近い席に座りましょう。あと、合同説明会のときにいた人が面接に出てきました。おとなしくしておいたほうがいいです。


Q2.周りの様子は?(面接)
A:集団討論に慣れていない人が多いと感じました。論破したり、機関について調べたことを披露したり、良いアイディアを出せば良いとは限りません。機関がどんな人物を求めているかは説明会やパンフレットで確認できるはずです。それらのことを踏まえて、自身をアピールすると良いと思います。
B:1次で集団面接を受けることが何回かありましたが、志望動機がまとまっていない人が多く面接官から厳しく突っ込みが入っていました。当たり前ですが、志望動機はしっかり練っておくべきです。
 また機関ごとに、ESの入手・提出方法、枚数なども大きく異なります。当日になって提出書類が足りないと焦っている人を何回か目撃しましたのでみなさんも十分注意してください!!
C:志望動機がやはり重要だと思います。集団面接などでは一人当たりの時間が少ないので、周りの事も考え、短く簡潔に、話すようにしましょう。出来てない人が結構います・・・
D:和気藹々としていました。僕が受験したところはどこも他の人と情報交換をするタイミングがありました。できる限り他の人と仲良くなって、情報を得ておくといいと思います。


Q3.面接の雰囲気は?
A:穏やかでした。圧迫を感じたことはありませんでした。
B:基本的には穏やかでした。ただ併願先や志望動機などにはやや厳しめな質問も多少ありました。
C:穏やかな印象でした。ただ、併願先の機関と面接を受けている機関の志望理由の整合性などは取れていないと、本気具合が疑われます。
D:志望動機について厳しく突っ込まれるときもありましたが、普通なことしか聞かれない面接だったと思います。


Q4.志望先を選んだ基準は?
A:志望動機がすぐに思いつくかどうか。志望動機がすぐに思いつくというのは興味があるってことだと考えたので。
B:面接を受けやすいように家から近い大学を選んでいました><!
C:第一志望を軸に他の志望先を固めました。特定の分野に特化している所に興味があったので、同じ志望理由で行けるところを探しました。
D:自分が興味があったところを一つと、採用人数が多いところを一つで選びました。


Q5.志望動機のつくり方
A:ほぼ思いつくままでした。大学で教育や文化に関する勉強をしていたので、自分の経験を中心に書きつつ熱意も込めました。
B:国立大学法人は公共の機関なので、自分が事務として働くことでどのように社会に貢献することができるのかを強く意識して志望動機を書きました。
C:その大学の特徴を3点にまとめ、それに関して自分の経験が活かせ、なおかつ、その特化している分野が今後の日本社会に重要であるということを強調しました。
D:第一志望先では貧しい人を教育面から支援することを志望動機としていました。国立大学は貧しい人に学ぶチャンスをくれる機関でもあるので、その辺を書きました。


Q6.何回くらい面接をするのか?
A:だいたい3回くらいでした。機関によります。
B:だいたい3回くらいです。
C:2~3回でした。
D:受けたとこは3回でした。


Q7.最終面接ってどんな感じ?
A:本当に来てくれるかどうかの確認が中心。仕事内容の確認や性格をみる質問が多かったです。全国転勤のある機関は勤務地についての説明もありました。採用するのは面接を受けた機関でも、最初の勤務地は国立大学法人等内の他機関であったり、関東甲信越外の支部であったりするので。
B:Aさん同様に、本当にここで働いてくれるの?という確認が中心でした。また入ったらしたい仕事や語学力についての質問がありました。
C:語学力は一次と同じ受け答えをしたら、更に突っ込まれたので、やはり語学力は重要だと思います。また、他の方の同様に、なぜここなのか?本気でここで働く気があるのか?が大事だと思います。
D:志望動機について厳しく突っ込まれました。玉砕しました。


Q8.これだけは言っておきたいこと
A:「ただの事務職」と思って受験するのはオススメしません。法人に移行はしたものの、交付金の増減や文部科学省の方針による機関同士の競争など、国立大学法人等にはまだまだ「変化」が求められています。それら国立大学法人等のバックグランドや現状もおさえながら面接対策を行うと他の受験生よりも一歩先に行けると思います。
B:面接では機関への熱意を1番に問われます。機関の魅力を語るように言われる事も多かったので準備してしっかりアピールできるようにしましょう!
C:最終面接は試験官の方の人数も多いので、緊張し過ぎないように。そして、真剣さをはっきり相手に伝え、どんなに揺さぶられても揺るがないように。語学力・パソコンスキルは大切です!
D:第一志望ではないって人も必ず志望動機を練っておきましょう。僕は志望動機の練りが足りず、落ちてしまいました。大学法人と、別の機関との違いは何なのか?大学法人の中でも何故他の機関ではなく志望機関にしたのか?この辺は深く練っておきましょう。




どうでしたか?最終面接についてなど、なかなか情報が入手しづらいとは思いますが、しっかりと志望先について調べ、なぜ国立大学法人等機関なのか?を自分自身で固めておきましょう。

筆記試験から面接まで期間が短いので、気を抜かないように、頑張ってください。

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR