地元を受ける?現住所を受ける?

こんにちは!松本ですヾ(o´∀`o)ノ
今回は、受験先についてお話したいと思います。
特に地方出身の方に読んでいただきたい内容ですが、地元と違う受験先を考えている人にも参考にしていただけると思います!

私は広島県出身で、大学から東京に来ました。
そして、就職先として公務員を選んだときに、「地元で働くのか、それとも東京で働くのか?」と悩むようになりました。
このブログを読んでいる方の中にも、地元と現在住んでいる場所が離れている、という方もいるのではないでしょうか。
皆さんが受験を考えている地上・国家一般職の職種では、転勤がないか・あったとしてもブロック内などの場合がほとんどです。
つまり、地元を選ぶか、現住所を選ぶのかの2択を迫られてしまうのです。

もちろん、そこできっぱりとどちらを選ぶか決められる人もいると思います。
しかし、私は優柔不断でなかなか決められず、最終的に地元と東京の両方を受験しました
運よくどちらにも内定はいただけましたが、就職先として選んだのは東京です。
選ぶ際にはいろいろなことを考えました。
そこで、どのようなことを考えたのか、そして考えるべきなのかについてまとめてみます。

①両親や家族
 地元にいる家族がどのように考えているのかは重要だと思います。
 私の両親は放任主義だったので、地元か東京好きなほうを選びなさいといってくれました( ̄^ ̄)ゞ
 しかし、そうは考えない親御さんもいると思いますし、結婚した後のことを考えれば地元にいたほうがいいこともあるかもしれません。
 なんにせよ、家族と話し合って意見を共有することは必要だと思います。

②その場所に住み続けられるか
 ○○に住みたい!という憧れを持って受験する人もいると思います。
 その憧れは素敵なものだし、大事にしてほしいです
 ですが、憧れだけでは生きていけません。自分の経済状況で可能なのか、その町を本当に好きになれるのか?
 少し落ち着いて、長期的に考えることも大事です。

③やりたいことは何か
 公務員といっても、国家公務員と地方公務員・都市部と地方では出来る仕事が変わってきます
 ただ公務員になれればいいや、ではなく、やりたい仕事がその場所で出来るのか?も重要です。
 私の場合は、東京では○○がやりたい、けれど地元では△△の仕事がやりたいと考えていました。
 面接でも「地元じゃなくて良いの?」「東京が良いんじゃないの?」は聞かれます。
 その時のためにも、どこでどういう仕事をやりたいのか、はしっかり考えておくべきです!

④大事にしたいものは何か
 これは人によって違うと思います。
 私は、大学時代に出来た人間関係を就職によって切りたくないと考えており、それを守れる働き方を考えていました。
 自分のこれから大事にしたいものを考えてみると良いかもしれません!

以上、少し長くなってしまいましたが、私が受験先や就職先を選ぶ際に考えていたことです。
これからもUターンを考えている人向けの記事を月1回程度書いていきます!お楽しみに!

相談がある方はいつでもブースでお待ちしています.゚+.(・∀・)゚+.


~今月のブーススケジュール~
15日 13時~17時半 新宿 (今日です!!!)
17日 16時~20時半 池袋
23日 13時~17時半 立川
24日 16時~20時半 町田
30日 16時~20時半 立川

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR