“読む”ことをオススメします!

皆さんこんにちは、アドバイザーの金沢です。
そろそろ冬本番に近づいてきて、勉強も本気モードに入ってきたころだと思います^ω^

突然ですが、今回は変り種です。読み物に近いかも知れません。
あくまで自分の経験則からのお話なので、息抜き程度に目を通してみて下さい。



では早速………皆さん、本は読みますか!?

おそらく「本は嫌いだわ」という人と「たまになら読むよ!」という人で五分五分かなと思います。
ましてや、上でも書いたように皆さんはこれからが受験勉強本番です。「読書してる暇なんか無いやろ!」と思う方が大半だと思います。


でもでも…「1冊だけでも良いから読んで欲しい!」というのが自分の意見です。

それはなぜか…

ズバリ、面接対策で使えるからです!!!


まず、初めに。私金沢は1日1冊本を読んでいます。(忙しいときは2日に1冊程度)
読む本も疎らで、国内外の長編小説や短編集に始まり、エッセイやライトノベル、マンガまでと様々なジャンルを齧り続けてきました。

そんな金沢の面接のエントリーシートの趣味欄にはもちろん【読書】の文字が。。。
(読む量には個人差があれど、新卒の方には趣味欄に【読書】と書く人も多いのではないでしょうか)

「いやいや、こうは書いたけど実際は聞かれないだろ~^^」高を括っていたのですが、ところがどっこい。かなりの面接で聞かれました。

聞かれた内容は、以下の通り。

「読書どれくらいするの?」
「好きな作家三人あげて」
「座右の銘になってる作家さんの言葉ある?」
「新書とかも読む?」
「あー、あれ読んでるんだ!?本の中で作家さんが一番感銘を受けたって言ってた人物って誰だったっけ?」

発展した会話を省いてもこんなにあります。
「ちゃんと読んでなかったら終わってた…」と今でも思います。

それに普通ならこんなに聞かれないと思います。
(おそらく文化庁の日本人の読書離れのデータやら話題になった芥川賞の影響などが少なからずあったんじゃないかなーと自分は踏んでますが…)


「じゃあ、趣味に【読書】なんて書かなければ良いんじゃない?」と思ったそこのアナタ!それは惜しい

例えば皆さんがスポーツをやっていたとします。
面接では皆さんがそれを遺憾なくアピールするでしょう。“スポーツマン”としてのイメージを植えつけた後、次に面接官の眼に飛び込んでくるのは“読書”の二文字。「へぇ、本も読むのかい?」と聞く面接官にバッチリ返答できれば、その瞬間からあなたは単なるスポーツマンでなく“文武両道な人”と評価してもらえることでしょう。(安直過ぎだろうか…笑)
それに今すぐ読書家になる必要なんてありません!20~30分の面接の内に触れられる本のタイトルなんて1つが関の山です。
しかも直前期に読書好きでもないのに付け焼刃で読んだ本なんて、内容は頭に入ってこないわ、ページをめくる速度は落ちていくわでオススメしません。
だったら、この時期から少しずつ読んでおきましょう(^皿^)
1日10分でも5分でもいいんです。紙の本を読みましょう。


さて、ここからは具体的にどのように読むのかについて簡単にお話します。


①本を全く読まない方は…
【ベストセラー小説や映像化作品】をオススメします!
あくまで自分の経験ですが本ってやっぱり売れてるものは面白い!
それに映像で観て気に入っていた作品などであれば、登場人物や場面展開が想像しやすいはずなので、読書に慣れていない人にもオススメです。


②「本ならそこそこ読むよ」という方は…
【ビジネス新書や自己啓発本】【近代日本文学などの名作】をオススメします!
“ビジネス新書”というのは大雑把に説明すると、マナーや報道内容なんかを分かりやすく偉い人が説明している、文庫よりも若干細長いアレです。(実を言えば自分はこの新書というジャンルには若干疎い…^ω^;)
そしてこの新書って実は面接官に多い40~50代の方に結構ウケが良いんですよね。
自分もなかなか良い反応が返ってきました!(面接官の年齢や性別などから瞬時に話す本を選ぶのもテクニックの一つ!)
内容も面接で話せるものや論文や時事ネタに使えるものも多いので、勉強にも役立つかと思います。

また最後の【近代日本文学などの名作】、これはおそらく万人の面接官に対して話せるでしょう。太宰治や芥川龍之介、三島由紀夫などの名前であればおそらく多くの方が聞いたことあるハズ…っ!
ただ、ライトノベルなどに慣れすぎていると心理描写を読み取ったり、場面を把握することに忙しくなりすぎて、作品を楽しむことを忘れてしまうかも。。。
今回は中級者向けとさせて頂きます(^ω^;)



最後に。。。
今回勝手に語り出してしまったこの記事を最後まで読んでくださった方、本当にありがとうございます。
散々語っておいてアレですが、皆さんの本分は“勉強”です。
ここまでで喋った内容は勉強に支障をきたさない範囲で、1日5~10分くらいから始めてみて下さい!
おそらく半年後の面接シーズンには、皆さんの持ちネタが一つ増えていると思います。
それでは皆さん勉強頑張って下さい!

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR