そろそろ始める、教養論文対策!

こんにちは。アドバイザーの佐藤です。

今回はみなさんそろそろ気になってくるであろう教養論文について書いていきたいと思います。
教養論文は多くの試験で課されるものなので、併願のことも考えて極力早めに始めたいところです。
特に特別区の試験では、非常に配点が高いという噂があり侮れない試験なので気をつけましょう。
国家一般職では教養論文の配点は低く設定されているのですが、僕は(おそらく)教養論文をしくじったために最終不合格となってしまいました。

ということで、僕と同じようなことにならないためにもしっかりと対策していく必要があります。

まず始めるべきことは、LECの教養論文講座を受けることだと思います。この講座では基本的な論文の知識なんかも紹介していますし、まずは受けるべきでしょう。
講義を受けたら、頻出のテーマをひとつ選んで書いてみてもいいかもしれません。それを担任相談などで講師の方に添削してもらうことで、自分の論文の形が決まってくるでしょう。

他には、市販の教養論文対策本を買ってそれを真似して論文を書いてみたり、アドバイザーにどんな論文テーマを用意したか聞いてみるのもいいと思います。
みんな不安に思っていて、かといってなかなか手を付けにくい教養論文。
1月に入ったら少しずつ手を付け始めてみてください。

今後、アドバイザーが用意した数やテーマをブログ、NAVIなんかで紹介していきたいと思っています。乞うご期待!

さあいってみよう!「今日の名言(迷言)」
「辛くてもどうせやらなければならないなら、楽しいと思ってやった方が良い。」 by不明
いや,ほんとにこれはそう思います。
勉強も同じですよ。新しい科目に手を付けるときなんて憂鬱な気持ちになりがちですが,新しい知識を得れた!って思っえばなんとなくやる気もあがりません?
いやほんとに。
全ては気の持ちようです。がんばりましょー!

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR