地元を出たからこその強み

こんにちは!アドバイザーの松本です♪(/・ω・)/ ♪
今回は,Uターン記事第2弾!地元を出たからこその強みです。
(第1弾:「地元を受ける?現住所を受ける?」はコチラ

公務員試験において,やっぱり地元に住み続けている方が有利なのでは・・・?と考える人は多いと思います。
私も地元の県庁を受験する際にはそう考えていました
でも,そんなことはありません!
試験を通して,地元を出たからこその強みがあると感じました♪(o・ω・)ノ))

以下、段階ごとに分けて有利なのかそうでないのか、お話していきたいと思います!

【情報収集・説明会】
 これは,地元のほうが有利かもしれません・・・|ω・`)
 ただ,自治体によっては東京や大阪などの大都市圏で,別に説明会をやっているところもあります
 おそらく地元民は来ないので,ここだけのチャンス!ということも出来ます。
 ちなみに,自治体や試験の情報収集という観点から,説明会への参加はオススメです。というかむしろ行ってください。
 また,試験の情報は地元に近いLECにあることが多いです。
 私は広島の自治体を受験しましたが,面接対策では広島LEC,情報収集では大阪の梅田LECにお世話になりました( ^ω^ )
 是非お近くのLECも活用してみてください(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)

【筆記試験】
 これは地元だろうが出ていようが全く関係ありません!!!
 しっかり対策するのみです。
 自治体によっては,筆記の点数は1次試験の合否判定のみに使用し,2次試験以降はその点数は関係ない!というところもあるので,受験案内をしっかり確認してください!
 また,地方上級に限って言えば,問題の雰囲気が他の試験種と違います。過去問を解いて,慣れておきましょう。

【面接試験】
 おそらく,一番気になっているのはここだと思います。
 地元かそうでないかによって,質問されることやアピールポイントは異なります(°_°)
 たとえば,「なぜUターンしようと思ったのか」「現住所でなくていいのか」ということは,Uターン者だからこそ聞かれる質問です。
 これに上手く答えることが出来れば,ポイントをぐいぐい上げていくことができます。(地元民はこのアピールは出来ないですよね)
 また,Uターンの人は一度地元を離れたからこそ,外から地元を見ることが出来るはずです。
 「地元民以外からもたれるイメージ・地元の便利さ・不便さ」。これらは地元の人ではなかなか気づくことは出来ません。
 実体験を元にこれらをアピールし,志望動機ややりたい仕事などにつなげていければ,印象がアップします+゚。*(*´∀`*)*。゚+ (私はしっかり準備して、面接でこのことを話すことが出来たので、高い評価がいただけたのだと思っています)
 面接でよくある質問やその答え方については,来月のUターン記事で紹介します。
 早めに聞きたいなどがあれば,ぜひぜひブースへお越しください(*゚ェ゚*)

以上のように,地元を出ているからこそ有利に進む場合もあります。なので,心配しないでください!
地元以外の自治体を受ける場合も,やることは変わりません!しっかり面接対策をすれば大丈夫です。
まずは,抜かりない情報収集と,筆記対策をしてください!!


~今月のブーススケジュール~
17日 13時〜17時半 水道橋
23日 13時〜17時半 立川
26日 16時〜20時半 立川
27日 16時〜20時半 新宿

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR