甘えるな!!お返しは受かってからにしよう。

やってまいりました甘えるな記事。どうも、アドバイザーの佐藤です。

今日はホワイトデーで浮かれている受験生にを入れようと思います。
バレンタインデーあれだけ警告したのににチョコをもらってしまった皆さん。おめでとうございます。喜ばしいことこの上ないですね。
さて、そんなことは置いといて。

もう今日は3月14日。試験種にもよりますが本試験まであと3ヶ月を切っています。
ここからが勝負の分かれ目です。
今の時期には、勉強がある程度出来上がり、過去問をがんがん解いたり、論文をがつがつ作成していなければまずいですよ?
でも、みんながみんな予定通りに勉強を進められるわけじゃありませんよね。
今日は、今勉強が遅れている人がやるべきことについて書いていきたいと思います。

スケジュールを立てる(見直す)
本当はこんなことは年末年始あたりにやっているはずなんです!でも、いまからでもやるのとやらないのでは大違いです。
まず、スケジュールを立てる際には、自分の勉強の進捗状況を全て把握してください。やらなければならない科目は何なのか。それがどこまで進んでいるのか。また、筆記以外の試験科目はどうするのか。などなど、把握しなければならない点は山ほどあります。
次に進捗状況を把握したら、これからの勉強配分を考えましょう。得意科目、不得意科目、暗記すればいける科目など、人それぞれですが、1日にやらなければならない量を明確にし、決めたノルマは必ずクリアするようにしていってください。

捨て科目を考えよう
これはあまりやって欲しくないとブログなどで他のアドバイザーも言い続けて来ましたが、ここにきて勉強が進んでいない人はもう捨て科目を考え始めなければならないでしょう。
捨て科目の考え方の優先順位としては、
1、受験先で出題科目数が少ない
2、時間対効果が悪すぎる
3、解いても理解できない

この順ではないでしょうか。
1と2は共通しているかもしれません。

1と2は試験種ごとに変わってくるものですが、例えば特別区受験者であれば、今年から知能系科目の割合が上がり知識系科目の選択の幅が広がったため、範囲の広い日本史、世界史などは捨て科目にしやすくなりました。1題しか出題されない上に範囲が広く選択しなければいいだけなので、まだ手をつけていない人は捨ててしまったほうがいいかもしれません。
しかし、地上試験は人文科学の配点が高いので、併願先によっても捨て科目を考えなければなりませんよ。

続いて3ですが、
いいですか、解いても理解できないから捨てるというのは本当に最終手段なんですよ?
だって、公務員試験の問題は、ほとんどの問題が暗記で解けてしまいます。
極論理解なんてしなくていいんです。全部覚えてしまえば機械的に問題が解けるようになるんです。
しかし、全部覚えるのにも時間が必要ですよね。なので、時間帯効果を考えましょう。
理解できないからといって物理・化学などを問題も見ずに捨ててしまう受験生が多いですが、物理の計算問題なんて簡単なものは公式さえ知っていれば解けます!
計算ですら暗記なんですよ!!
なので、捨て科目を作る際は戦略的に捨てるようにしてくださいね!嫌いってだけで捨てるのはもったいない!

受験先に特化した勉強をしてしまう
既にこの勉強法を実践している人も多くいると思いますが、勉強は戦略的に進めましょう!
例えば、特別区が第一志望で専門科目を勉強する際は、基本的に基本問題をきっちり解けるようにすれば高得点を狙えます。無理に応用問題まで取り組んで時間を取られる必要はありません。
また、国家一般職を志望している人は、8科目の科目選択性なので、ある程度絞って勉強してしまっても良いと思います。ただ8科目ぴったりしか勉強していないと、選択した科目の問題が難しかった際に、どうしようもなくなってしまうので、1、2科目は多めに勉強しておきましょう。


このぐらいでしょうか。
勉強が思うように進んでいない人も、ここからの巻き返し次第で何とでもなります!
諦めずに頑張ってください!!

「今日の名言(迷言)」いってみましょう!

強い人間は自分の運命を嘆かない。
byショーペンハウエル

今の状況を受け入れて、ここから挽回しましょう!

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR