アドバイザーにインタビュー!Vol.4 その②

こんにちはー!2日連続の長谷川です
本日は特別区のアドバイザーに『面接対策を始めた時期&対策法』について聞いてきました。
特別区志望の方は参考にしてくださいね!


山崎(自己紹介はこちら)
対策開始時期・・11月
面接対策になるかは分かりませんが、11月くらいに一度街歩きをしました。
その後は年末年始道場面接HRに出て、3月頃リアル面接シュミレーションをしました。7月に入り、また街歩きを再開したり自己分析をしたりしました。
他の方が言っているように面接練習は場数をこなしたくさん練習すれば形になってくるので、苦手な人ほどたくさん練習しましょう。
そしてコツとしては面接練習で上手いなって思う人の良いところはどんどん盗んで(丸パクリではなく、自分なりにアレンジしましょう)、自分のものにしていけると良いと思います。


金沢(自己紹介はこちら)
対策開始時期・・4月
面接対策は4月から開始されたプレミアムゼミから。
公務員試験におけるESの書き方や「どのような趣向で書けば良いか」を学びました。基本だけを学んで後は特別区一次試験以降まではノータッチ

一次試験後の練習はとにかく生徒同士で。合同の練習会には極力参加しました。
また、定期的に担任相談を利用して、先生から客観的な感想をもらっていました。リアル面接は使っていません。

アドバイスとしては、
自信を持つこととおごることは別問題。中身の無い、説得力の無い見栄は胡散臭いので必ず「身の丈に合った戦術」を組んでください。
とにかく人と話しましょう。ESの内容を考えるところから模擬練習をするまで。自分の考えを口に出して、それを他人に聞いてもらうことに意味があります。また、友達だけでなく、これを機に両親や祖父母とも色々な話をしてみてください。
必ず得るものがあると思います。


(自己紹介はこちら)
対策開始時期・・特別区の一次試験合格発表後(7月)
対策の仕方としては、①想定質問に対して自分の答えを用意する②自己分析をちょろっと、という感じです。
対策の方法は、大学の就職キャリアセンターを2回、予備校での面接練習2回、面接シュミレーションを3回、家族と2回くらいです

なんやかんや面接対策のやる気が出なくて、取り掛かるのがバタバタしてしまったので早めの対策をオススメします。あとは、『笑顔でハキハキと』これに尽きます。


長谷川(自己紹介はこちら)
対策開始時期・・国家一般職試験後(6月中旬)
国家一般職まではしっかりと択一対策に専念し、それ以降に面接対策を始めました。どの受験地も合否が出る前でしたが、去年の面接シートを参考にどんな内容のことを書くのか考え、書いたら担任相談で添削していただきました。
それと並行してリアル面接の分析編を利用して、面接の基本や自己分析なども進めました。
対策の仕方としては面接のHRで知り合った受験生同士での面接練習が基本(ほぼ毎日)であり、大きな役割を果たしていたと思います。他にも、リアル面接シュミレーションを2回利用しました。

アドバイスとしては
なるべく多くの人に面接練習をしてもらう。多くの人とやることで、様々な視点から評価をもらうことができます。また、色んな角度から質問をしてもらうことで深堀対策をする事ができ、想定問答に深みが増します。
客観的な視点も重要に。面接では面接官の視点が非常に重要になってきます。話す内容の他にも、声の大きさ・態度・微妙なクセ等も見ています。自分で確認することは難しいので、練習の段階からしっかりと指摘してもらいましょう。練習の様子をスマホなどで録画して後で見直している人も中にはいました。
また、練習中には面接官役も必ずやると思うので、面接官の視点も学び、自分の練習にも役立ててください。

面接は一発勝負の自治体が多いと思います。面接中に失敗したな~とか間違っちゃったなと思っても、その気持ちは内面にとどめ、外見は『爽やかな笑顔』で対応しましょう。
なので、練習の段階から泣いても良いので厳しくつっこんでもらいましょう。情けは人の為ならず、だよ。

横松(自己紹介はこちら)
対策開始時期・・2月
2月位からアドバイザー相談リアル面接分析編を利用して、自己分析を進めていました。
本格的に始めたのは、特別区の一次試験合格後です。
面接対策で使っていたのは、リアル面接シュミレーション・ハローワーク・就職サポートセンター・担任相談・HR等です。

とにかく色んな人に聞いてもらうことで様々な視点から自分の面接や志望動機・自己PRなどを評価してもらうことを意識していました。



森口(自己紹介はこちら)
対策開始時期・・11月
自己分析を11月頃から始めました。他は大学の就活セミナーアドバイザーHRに参加して進めていました。
面接練習を本格的に始めたのは筆記試験が終わった6月末です。HRに参加したり受講生同士で模擬練習を行い、週4日くらい練習していました。
また、7月と8月にはリアル面接シュミレーションを受けました。
面接は場数を踏めば踏むほど上達すると思うので、練習できる機会があれば出来る限り参加することをオススメします。




以上、インタビューでした。
特別区は去年から人事委員会面接が1回勝負となったり、3分間のプレゼンテーションが導入されたり、面接の比重が増している気がします。
対策を本格的に始める時期は昨日と変わらず筆記後の人が多いですね。頻度も相変わらず高めです。
去年の特別区志望の人は、LINEでグループを作って、大人数で練習していた印象です。仲間を作るためにも面接HR等に積極的に参加しましょう!
そして、面接練習を重ねて日々ブラッシュアップしていきましょう!面接はやればやるほど伸びると思います
ではまた明日(=゚ω゚)ノ

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR