私が都庁ⅠB新方式を選択した理由

こんにちは!アドバイザーの薄井です。
最近結構ブログに登場しています。皆さんに色々お伝えしたいことがあるので頻繁に投稿させていただいております。

さて、最近相談ブースでは以下のような相談をちょくちょく受けています。

「都庁ⅠB一般方式と新方式で迷っているが、どちらを受験すべきか。」

正直その人の状況それぞれだと思います。迷われている方はブースにお越しください。一緒に考えましょう。

というわけで、今日はタイトル通り、なぜ私が都庁ⅠBの一般方式ではなく新方式を選択したのかを書こうと思います。選択する際の参考にしてもらえればと思います。
新方式を考えていないと言う方も最後にイベントの告知をしていますので、そこは是非ご覧いただければと思います。

では早速理由ですが・・・

専門記述を勉強する時間も自信も無かった
→都庁を本気で受けようと思ったのがそもそも3月くらいで遅かったですし、その時は働いていて専門記述に割ける時間の確保が難しいと感じました。そして何よりたくさんの論点を暗記しなければならないので、(当時)28歳の脳みそでそれが出来るのかと・・・。ハッキリ言って自信がありませんでした。一般方式の面接は1回ですが、それ以前に中途半端な完成度で筆記試験に臨んでそれこそ足きりでも食らおうものなら、都庁職員に自分をアピールするチャンスさえ与えてもらえないと思いました。(ましてや私はⅠBは年齢的にラストチャンスだったので。)
対して新方式であれば勉強の負担は大きく減るので、何とか本試験に間に合わせられるだろうと思いました。足きりも他の方式と比べると低いと言う話も聞いたので、これも新方式を選択させる要因の一つとなりました。(今年度は一般方式とⅠAの足きりが30点くらいということでしたが、新方式は25点で筆記試験を通過された方を私は知っています。)

プレゼンとかにそれなりに慣れていた
→営業をやっていたので人前で話すことには慣れていましたし、何より私は面接が苦手でした。それなら面接1回の一般方式を受ければよかったのではと思われるかもしれませんが、私はそうは考えませんでした
どういうこと?と思われるかもしれません。要するに面接の点数だけではなくプレゼン(と最終試験のグループワーク)の点数も加味されて評価される。ということを考えたのです。プレゼン(と最終試験のグループワーク)でいい点数が取れれば多少面接の点数が悪くても何とかなるのではないか。と。更にそもそもプレゼンとグループワークと言うこの方式ならではの人物試験をするからこそ、それぞれの点数の配点が結構あるのではないかと。(事実関係はわかりませんよ!!!強調しておきます。)面接が苦手だからこそそれ以外の部分で点数を稼ぐという戦略も一考に値すると思います。

プレゼンと聞くと仰々しい感じがしますが、皆さんよく考えてください。面接だって「プレゼン」です。「自分」という人間を売り込むのです。プレゼンをする対象が「自分」か「プレゼンシートのテーマか」の違いだけです。更に新方式のプレゼン試験では実際にプレゼンシートを見ながら説明出来るので、決して難しいものではないと思います。

倍率
以下書くことは私が新方式を選択する際に主観で推測していたものです。そこを強調しておきます。
倍率という数字だけで判断すれば圧倒的に一般方式の方が低いです。しかし私は考えました。「一般方式はどのような受験者が多そうで、そして新方式はどのような受験者が多そうか。」
私が推測したのは一般方式は確かに数字上の倍率は新方式と比べて低い。だけど、一般方式は都庁を本気で受かろうとする人たちの集まりなのではないか。きっと都庁向けの勉強はもちろん、面接対策も都庁に特化した対策をしてくるだろう。そのような方々と自分は勝負できるのか。ということでした。(仮に倍率が2倍だとしても半分は落ちるわけです。要するに「しっかり対策してきた人」が通って「対策不足の人」が落ちる」という構図が出来上がるのではないかと思っていました。)
対して新方式は表現の仕方は悪いですが筆記試験の負担が一般方式よりはるかに少ないので、「何となく受けてみた」という人達も一定割合いるのではないかと思いました。そのような方々には少なくとも時間をかけて勉強してきた私なら渡り合えるどころか有利になれるのではないかと思った次第です。

これらの推測がどう本試験で働いたかはわかりません。しかし、無事に試験を通過して最終試験までいったことは紛れも無い事実です。ⅠAの合格をいただいたので辞退をするという形にはなりましたが、少なくとも私はこちらの方式を選択して良かったと思っています。

そろそろ皆さんも本格的に決断を迫られる時期になると思います。もし迷っていたらブースにお越しください。本当に来て下さい!迷っている時間が無駄です。ここからは1分1秒が勝負になってくるのですから。
※ちなみにアドバイザーは3月までしかいません。4月からはそれぞれの就職先に就職するので。ご存じない方も結構いらっしゃる印象なので一応お伝えさせていただきます。



そして最後にイベント告知です。(2つあります。)

①新方式向けのイベントを開催します!

都庁ⅠB新方式イベント
~働きながら勉強して新方式に最終合格した人のハナシ~
日時:3月6日(日) 16:30~18:30
場所:水道橋本校


新方式はH25年度に出来た試験です。そのため情報があまりありません。そこで、実際に受験をした経験を基に徹底解説していきます!
新方式の試験概要に加えてプレゼンテーションはどんな感じ?グループワークは?などなどお話していきます。

更にこのイベントに限り、実際に働きながら勉強して新方式に見事最終合格された特別ゲストをお招きします。特別ゲストに会えるのは後にも先にもこのイベントだけです!
ゲストの方々には前半はパネルディスカッションを通じてお話をしていただき、後半は実際に座談会形式という形でお話をしてもらう予定です。(座談会ではどんどん質問して下さい!)

ちなみにⅠAと一般方式の話は聞けないの?と思われた方々、安心してください
後半の座談会では
ⅠA→薄井(私です。新方式も二次試験まで受験しています。一応働きながら勉強していた時期もありました。)
ⅠB一般方式→山口(国家一般職も最終合格しています。横浜市は最終試験辞退。)
それぞれも参加するので話が出来ます!
(ただし、二人とも終始働きながらの最終合格はしていないのでご了承ください。ましてや山口は学生なので・・・。)

このような方々には是非ご参加いただければと思います。
・新方式受験を考えている方
・どちらの方式を受けるか迷われている方
・働きながら新方式で最終合格した人の話を聞いてみたい方
・私や山口に会いたい方(笑)
など


はっきり言って他の都庁イベントと比べるとマイナーなイベントになるので参加人数はあまり多くないのではないかと思います。(自分自身ビクビクしています。笑)なので、座談会ではいつもと違ってじっくり話が出来るかも?

合格者アドバイザーの都庁イベントはこのイベントを含めあと2回です!聞き逃したことの無いようにしていただければと思います。

②東京都庁のKフォーラムがあります!

東京都庁業務説明会
~都庁の多様な職種と魅力~
日時:2月24日(水) 17:00~19:00
場所:新宿エルタワー本校


当日は人事ご担当者様(つまり、都庁現役職員の方!)をお招きしお話しいただきます!講演後は個別の質問にも時間の許す限りお答えいただく予定ですので、都庁志望者の方や都庁の受験を考えていらっしゃる方は是非是非お越し下さい!(ちなみに私もお手伝いで参加する予定です。4月からは私の先輩にあたる方になるので少し緊張しますが・・・。)

どちらのイベントも予約不要・参加無料・服装自由・LEC生以外の方の参加もOKです!

それでは皆さん勉強頑張ってください。

~今月のブーススケジュール~
21日(日)13:00~17:30 新宿エルタワー本校
28日(日)13:00~17:30 千葉本校

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR