4月からの勉強

みなさんこんにちは\(//∇//)\

4月に入り、アドバイザー達は旅立ってしまいましたが、ブログはまだまだ続きますヾ(o´∀`o)ノ
これからも見てね

さて、今日から4月です。年度も替わり本試験が間近に近づいてきましたね。
そろそろ早い試験種の申し込みが始まる頃だと思うので、その辺のチェックも怠らないでくださいヽ( ´_`)丿

では、今日は4月に入ってからの勉強について書いていきたいと思います。
みなさん、勉強はどのぐらい進んでいますか?思うように進んでいる人、いない人いますよね?
どちらのひとも、ここからの頑張り次第で本試験の点数ががらっと変わってきます。手を抜けば点数は下がりますし、頑張れば伸びます。ではどんなことをやっていけばいいのか。

①過去問を解こう
公務員試験は過去問と似たような問題が出題されやすい試験です。ほとんど同じような問題が出題されている例もあります。また、試験種の傾向をつかむことが出来ます。傾向がわかれば、そこの部分を手厚くKマスターなどで見直せますよね?
さらに、しっかりと時間を計って過去問を解くことで、試験感覚が養えます。模試などでやってはいると思いますが、時間内に問題を解き終わらなくてはいけないので、あらかじめ科目の時間配分などを決めておくとよいでしょうo(^▽^)o

②時事をやろう
大事だとはわかっていてもなかなか時事に手をつけられてない人も結構いるのではないでしょうか。時事、「日ごろからニュース見てるから大丈夫だよ」って言う人もそろそろやり始めなきゃまずいよ
なぜかというと、時事って以外にボリュームある科目なんですね。それを試験前一夜漬けにしようというのは結構無謀ですよ(´;ω;`)
また、日ごろからニュースを見ていたとしてもなかなかわからない問題も出てきます。みなさん、政治・財政・医療制度・国際関係などなど日ごろのニュースだけで完璧に把握できてますか?本試験中にやっておけばよかったと思っても遅いです。時事を舐めずにしっかりと対策してください。

③論文を仕上げよう
公務員試験のなかで論文は結構重視されています。配点が低い試験種でも論文でしくじると足切りなんかもあるので注意してください。
時間が無い人でも最低限書き方だけは覚えていきましょう。

④見切りをつけよう
理解できない科目についてまだ悪戦苦闘していませんか?そろそろ残り時間が少なくなってきています、思い切って捨ててしまう勇気も必要です(゚△゚;ノ)ノ
捨てるといっても科目を丸々捨てるのではなく、理解できない分野だけを捨てるようにしましょう((´・ω・`;))

※出願時にESを出す自治体を受ける人向け
⑤ESを仕上げよう
そろそろ各試験種の出願が始まると思います。出願が始まってからあわててESを書いて、面接で後悔するなんていうことがないように、今のうち完成させて置いてください。書き上げたESで模擬面接を一度やっておくのが理想的です(*´~`*)



どうだったでしょうか?
みなさん、自分に負けないで試験日まで駆け抜けましょう(´ω`人)

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR