過去問始めてますか?

こんにちは!
勉強は順調ですか?体調崩さないように残り筆記試験までの数ヶ月、頑張っていきましょう!

ところで4月に入り数日たちましたが、皆さん受験先の過去問に取り組んでいますか?
まだ始めてない人はそろそろ取り掛かったほうが良いですよ!
今日は過去問演習の重要性について触れたいと思います。

なぜ過去問演習はしたほうが良いのでしょうか?
過去問をすることのメリットをいくつか挙げたいと思います。
①自治体に特化した頻出分野を知ることができる
今まで併願先も考えて、満遍なく勉強してきた方も多くいると思います。しかし、試験種によって出やすい分野・出にくい分野が少なからず存在します。
ですので、せめて第一志望については過去問演習を行うことで、分野ごとに傾向を把握し、本当の直前期(1週間くらい前)は無駄な勉強はしないようにしましょう!

②時間配分を決めることが出来る
過去問演習をすることで、「教養の知識系はこれくらいで解けるから、数的には○○分使えそうかな~」とどのように時間配分をすれば良いのか分かるようになります。特に教養試験はどの試験種においても時間が足りないことがほとんどなので、解く順番や時間配分を過去問演習をする中で、予め決めておくことは重要であり、必須ともいえます。
ですので、なるべく併願先の過去問も教養だけはやっておくことをオススメします!

③自信の理解度をチェックすることが出来る
普段QMを中心に演習されている方がほとんどだと思いますが、過去問で見る問題は初見の問題になると思います。ですので、過去問演習をすることで、本当にその分野について理解出来ているのか?QMの問題に慣れているだけではないのか?ということを知ることが出来ます。QMを解けるようになることがゴールではなく、初見の問題に正解できるよう理解することが本当のゴールなので、勘違いしないように!
また、「自分に今何が足りないか」を把握することが出来るので、過去問に触れて、今やるべきことを明確にしましょう!

④過去問から似たような問題が出題させるかもしれない
現段階で何年分か過去問を解いている方は気付いているかもしれませんが、公務員試験では過去に出題された問題が出やすい傾向があると思います。
私も去年、本試験において「過去問でみたことあるな~」という問題といくつか遭遇しました。
特に苦手な科目については過去問をしっかりやっておくことをオススメします。過去問から出題があればそれで1点確保できますよ!


以上述べてきたように、過去問演習をすることは大きな意義があると言えます。
今までの努力を実らせるためにも、本試験までの数ヶ月、過去問演習をしっかり行いましょう!
本日は以上です(=゚ω゚)ノ

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR