夜明け前が一番暗い

こんにちは!アドバイザーの川越です
月1ペースで細々と続けていた七十二候シリーズ(全3回)も今日で最後です笑
3月26日~30日は七十二候でいう「桜始めて開く(さくらはじめてひらく)」にあたります
愈々桜の咲く時期で、新年度に向けて気持ちが新しくなる今日この頃ですね
お正月の時も言いましたが、節目節目で気持ちを切り替えて、良いスタートを切れるようにしましょう


さて、今日はアドバイザーとしての最後のメッセージを皆さんにお伝えしたいと思います。
(※綺麗事が嫌いな方、もう受かってるひとに共感されるのが御嫌な方は読むことをお薦めしません。御了承下さい。)


思い返せば、言いたいことは正直もう結構書いてしまったような気がします。
(1月2日「気を引き締めていきましょう!」2月3日「進路に迷いが生じていませんか?」など)

そこで最後に、私の好きな言葉について語らせて頂こうかと思います
(ある意味同じことを繰り返し言っているだけかもしれませんが…)
完全なる自己満足ですが、皆さんの勉強の励みにでも、人物試験のヒントにでも、
少しでもなればアドバイザー冥利に尽きることこの上なしです。



まずこの記事のタイトルでもある夜明け前が一番暗い
(科学的には嘘である、とかそういう無粋なツッコミは置いておいてくださいね)

これは「困難は終わりかけの部分が一番苦しい」という意味ですが、
暗くて苦しい思いをしているなら、きっともうすぐ夜が明ける・事態が好転する
とも捉えられる言葉です。
長期間耐え忍ばなければならない苦痛・困難は、結果が出る直前が一番苦しいものです
今までに積み上げてきたものを抱えて、目の前に迫り来る試練に挑むプレッシャーは、
その困難に向き合って、そして潜り抜けてきたひとでないと体感できないものだと思います。
皆さんはこれからそこに立ち向かう訳であって、今はその準備段階にあるのです(長い長い準備段階ですね…)
だから、これから試験が近づくにつれて、一層辛い想いをしなければなりません
それは結果を出す為に心血注いで努力をしているからであって、当然のことです。
「周りのひとも皆同じように辛い思いをしているんだから」とかそんなつまらないことは言いたくないです。
一人一人違った苦しみがありますし、背負っているものも皆違います。
ただ、その辛さ苦しみから逃げることなく、一片の悔いも残さないように、少しでも自分の人生に納得できるように、
向き合い続けていく真摯さがあれば、辛さは一層増しますが、
その分結果が出たときの喜びも一入である
、ということを声を大にして伝えたいです。

他人と妥協し合って生きていくことは時には必要ですが、自分と妥協してはいけません
自分を納得させられることができるのは自分だけです。
夜明け前が一番暗い」という言葉を信じ、
苦しい思いをしているのはもう直ぐ明るい未来が待っている証である」と自分に言い聞かせて、
どれほど辛い時でも前向きな気持ちを忘れないで
一日一日を大切に過ごしていって頂きたいと思います



あとは知行合一
これは私の座右の銘です。

人文科学の思想の範囲でも登場しますよね。御存知、陽明学の命題の一つです。
知って行わないのは、未だ知らないことと同じである」「行動を伴わない知識は未完成である」という意味です。

この言葉を前提に、公務員試験の勉強に取り組んでみてください。
大袈裟な話かもしれませんが、公務員試験の勉強は、公務員になってから役に立つかもしれません
むしろ、立つと思います。特に法律科目や行政学。社会人として知っておくべきという意味では経済学などもある意味そうですし、社会科学なども言ってしまえば一般人の教養ですよね。
受験勉強だから!という義務感に縛られながら勉強するとうんざりしてしまいますが、もしかしたら今している勉強が未来の仕事に結び付くかもしれない!人生のどこかで役に立つかもしれない!と思うと、ちょっと今までと違った純粋な興味が湧いてきませんか?(湧かないかな…)

勉強が嫌いな人にこのようなことを言うと「ふざけんな!」と思われてしまうと思いますが、
是非、学ぶことを楽しんでください
そしてこれを言うと綺麗事御小言やめろ!という声が聞こえてきそうですが、幾つになっても学べるということは本当に幸せなことだと思いますし、
やりたい仕事に向かって勉強に励めるというのはとても幸せな環境であると思います(勿論、働かれながらの勉強だったりとか、やむを得ず公務員を目指さなければならない環境にあったりとか、大変な思いをされている方もいらっしゃるとは思いますが…)。

個人的な話になってしまいますが、
幼い頃は、親に「こんなに勉強できて幸せじゃない!」と言われても正直「そんなわけない・・・」と思っていましたが、
自分が納得するためにもう一年勉強をしてきた今、努力ができる環境にいられるということは恵まれていることなのだと実感しました。

今試験勉強を頑張って公務員になったら、それは一生モノの努力になります。
そうなれるように、悔いを残さないように、あと約2ヶ月一日一日を踏み締めるように過ごしていってください。
文字通り「知行合一」になるかはわかりませんが、この記事を読んで、皆さんの勉強に対する意識が少し変わって、この長丁場を乗り切る手助けに少しでもなったらなと勝手ながら願っております



あ、あと最後に
勉強が辛くなってきたら、こう…身体を浮かすイメージでやるといいらしいです。心をにして。
大学時代、私の周りの友人は浪人経験のある方が多く、苦労話を聞いたりすることも少なからずあったのですが、
そのようなことを言っている方が複数人いました(漠然としていますが)。
私自身、公務員浪人を経て漸く彼等と渡り合えるようになったなあと思う次第でありますし、
なんとなくその感覚も今ならわかるような気がやっとしています。
楽しみながら勉強して!とか言いましたが、実際のところ最終的にはもう無心で勉強し続けるしか道はないです。他のことを考える暇なんてないです。

真面目な話、もはや何も考えられない領域にまで達するほど勉強にのめり込んだ方が後々の後悔は少ないと思いますよ。
今まではブースに来て下さった方、イベント等でお話しさせて頂いた方、まだまだ間に合いますよと笑顔で対応していましたが、
4月以降の川越は真顔です。一年前の4月と5月、私の顔は死んでいました。
もう言い訳できないですよみなさん。今やらないと一生何もできない人間になりますよ
それが厭ならつべこべ言わず勉強しましょう。点数は嘘をつきません。面接官は言い訳を聞いてくれません
今頑張ればきっと良いことがあります。ですが今頑張らないともう何もかもどうにもなりません
最終的に決めるのは自分です。自分を納得させることができるのは自分だけです


影ながら、最後まで応援しています。
自分のベストを尽くすことを諦めないでください。



追記は完全なる個人の趣味なので、お暇な方だけ読んでください。
今までに参拝した中で心に残っている寺社仏閣について語っています。
学生時代・大学卒業後に旅行した中で特に心に残っている寺社仏閣トップ5
(※順不同、自分が参拝した順番に書いてあります)


受験とは直接関係ないのですが、後から振り返ると、趣味で寺社めぐりをしているお陰で結構御利益があった気がするので、書かせて頂きました
(全体的に俄かなので、あくまで個人のぼんやりとした感想になっております。縁起とか本尊とか難しいことは公式HPを御覧ください・・・すみません)
御興味ある方、是非一度参拝してみてください
境内が広く(規模が大きく)見所が満載で知名度が高めのお寺をピックアップしたつもりです。
お寺自体にあまり興味がない方でも楽しめると思います。



1.須磨寺(神戸市須磨区)
一ノ谷の合戦の旧跡が残り、源平の名所として知られています。境内にある「源平の庭」には、平敦盛・熊谷直実の一騎打ちの場面が再現されており、涙をそそります。
敦盛首塚だけでなく、シベリア満蒙戦没の慰霊碑などもあります。お寺の中に神社があり、神仏習合の名残が見られ、色々なものが祀られていて不思議な気分になります。
また、「おもろいもんめぐり」といって、からくり時計や撫でると動いたり音楽が鳴ったりする様々な石像など(特にミーシャぐまが可愛い)、見ていて楽しいものが沢山あります。


2.鞍馬寺(京都市左京区)
源義経が幼少期(牛若丸、遮那王だった頃)に預けられていたお寺です。天狗と修行していたという伝説が残っています。
奥の院まで行こうとすると完全にハイキングコースになってしまうほど、それなりにガチ山です。途中、木の根道義経公背比べ石があります。
下山すると貴船神社に辿りつきます。こちらも渓流が綺麗なので鞍馬寺と併せてオススメです。水占が有名で、縁結びを求める女性の参拝客が多いです。
10月には「鞍馬の火祭り」が行われ、松明を持った若衆が「サイレイ、サイリョウ」の掛け声と共に鞍馬一帯を練り歩きます。海外の方にも人気です。


3.恐山菩提寺(青森県むつ市)
下北半島にある日本三大霊場のひとつです。イタコが有名で、あの世への入り口とも言われています。
境内には硫黄の腐卵臭が漂い、荒涼とした岩場が広がっています。殺風景な色味の中、鮮やかな風車がカラカラと回っている様がなんとも不気味です。敷地がかなり広く、血の池地獄修羅王地獄などの地獄と、宇曽利湖=極楽浜という極楽があります(これはもう実際に行って頂かないと伝わらないところだと思いますが・・・)。とにかく自然が美しいです。
境内にある宿坊に宿泊すると、精進料理を頂き、朝の勤行でありがたい説法を聞くことができます。恐山温泉は硫黄成分がとても強いので、眼に入らないように要注意。


4.太宰府天満宮(福岡県太宰府市)
学問の神様である菅原道真=天神様を祀る全国約12000社の総本宮です。学業成就を祈願しに全国から参拝する受験生が沢山います。自分が参拝した時期には、御神木である飛梅がちょうど咲き始めていたので、物凄く混み合っていました。
菅公歴史館という菅原道真の資料館がとても面白く、見応えがあります。また、太宰府天満宮の神紋は梅紋なので、御守りなどのデザインがとても可愛いです。受験生向けに文房具なども販売しています。
因みに、僭越ながら、皆様の合格を祈願し、太宰府天満宮の学業成就の御守りを購入したので、早稲田本校の色紙に貼っておきましたもしよろしかったら御覧になってください


5.善光寺(長野県長野市)
「牛に引かれて善光寺参り」で有名な善光寺です。長野は善光寺の門前町であったというだけあって、内装が豪華で美しいです。黄金の装飾がとても印象に残っています。
お寺の中では「お戒壇巡り」といって、御堂の地下(?)の真っ暗闇の中を手探りで進み、「極楽のお錠前」に触れて、仏様と縁を結び極楽往生のお約束を頂くことができます(公式HPより。文章だとどういうことなのか伝わらないと思いますが・・・)。こう、徳を積めるイメージですかね。たぶん。
他には絵馬と御神籤の種類が豊富で、見ていて飽きなかったです。平成22年にはダライ・ラマ14世が来日参拝し、特別記念講演がなされたそうで、資料館である日本忠霊館もコンテンツが充実していました。



最終的には神頼み
かもしれませんが、神頼みできる一定程度の前提くらいまでは、自力で頑張りましょう
大事なことは意外とで決まったりします。努力できるところまで努力して、後は天に任せましょう

ここまでお読み頂きありがとうございます
少しでも御利益がありますように

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR