国家一般職~地方編~

皆さん、こんにちは。
アドバイザーの竹内です。

今日は、『国家一般職試験~地方編~』をテーマとして書いていきたいと思います。
地方出身者向けの記事になってしまうのですが、参考にしていただけたら幸いです。


まず、私の受験先として、


6月1週目・・・東京特別区
  2週目・・・国家一般職
  4週目・・・地方上級試験(長野県庁)
7月2週目・・・市役所試験
  4週目・・・市役所試験

計5つを受けました。

そして、筆記試験の結果が出始め、、、二次試験に移行していきました。
結果的には、私は長野県庁に決めたのですが、それまでには様々な出来事がありました。

以下、国家の試験話をメインで書き進めていきます。

まず、
①日程が被る場合があるということです。
詳しくは、
1.国家一般職の東京会場での説明会と市役所試験が被ったこと。
この7月はじめの説明会は、国家一般職の一次試験合格者を対象とした名目のものでした。筆記試験合格者はほとんど参加します。
しかし、私は地元の市役所の一次試験を受けるために直前に実家に帰省することにしました。
私は、国家一般職の中でも興味がある省庁が一つあり、以前行われた説明会には何度か出席していました。だんだんと人事の方に顔を覚えていただいたので、この説明会に参加できないことは痛手でした。
2.国家一般職の二次試験(人事院面接)と、市役所試験の二次試験が被ったこと。
こちらも、まさか・・・でした。次は市役所の二次試験と、国般の二次試験日が被りました。
そこで、市役所の面接日を変えてもらったのですが、絶対的に印象が悪いことには変わりありません。


②地方の情報が集めにくい!!
国家一般職試験において、地方の情報を得ることが苦難な場合があります。
現に、私が受験した地方労働局・地方検察庁の説明会情報は夏ごろ出た覚えがあります。
目を光らせて、逃さないようにしましょう。
また、市役所巡りのように気軽に訪れることができない場合もあります。
情報を豊富に持っている先生方に質問に行くなど、情報収集の仕方は工夫が必要です。


③説明会の重要性
首都圏で行われる説明会に比べて、やはり地方の説明会は人数が少ないです。
また、開催日数が限られてきます。
こういった理由から、参加すると人事の方々に覚えていただきやすい場合があります。
私は、説明会に参加しておいてよかった、と思う部分が面接以外にも何度もありました。
『説明会に参加したことある?』といった質問から花が咲くような。
ただ参加するだけでなく、質問をしたりメモを取ったり積極的にいきましょう!


④予定の立て方
国家一般職には他の試験種にはあまり見られないような「官庁訪問」があります。
(試験本番間近には、そういった情報を得ることができる担任ホームルームなどが開催される場合があるので要チェックです。)
この官庁訪問を、地方(地元)でやるのか、東京でやるのか、また何日程かかるとされる試験なのかをきちんと把握しなければなりません。
私は、都合上、東京で憧れていた省庁への官庁訪問は諦め、長野県内に絞って官庁訪問をすることに決めました。
しかし、他の試験では、日帰りで東京→長野→東京などが続く日もありどっと疲れが溜まる日もありました。
時にはオフの時間を作ることも必要だったりと、筆記試験が終わってもスケジュール管理は重要です。


転勤がある可能性など、知られていない特徴に注意
例えば、労働局は、受けた県内で二年間勤めた後に、各ブロック内(長野の場合は関東ブロック)で2年間×2年間の転勤があります。
こういった特徴をしっかりと掴むことも必要だと思います。


このように、国家一般職の中でも地方での就職を考える場合は、いくつか気をつけることがありますので注意してください。




~~~竹内の残りブース~~~

15日(火)新宿16:00-20:30
22日(火)町田16:00-20:30

大相談会と卒業式が被ってしまい、参加することが出来ません。
この二回のブースでラストになります。
最後に情報をもぎとってください。

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR