市役所の面接対策

こんにちは!
8月に入りましたが、体調管理にはくれぐれもお気をつけ下さいね

今回は市役所の面接対策に関する記事です。

市役所の面接では面接官により【熱意】を感じてもらう必要があると思います

例えば・・・
なぜ市役所なのか?(出身地や縁がなさそうな場合はもちろん)なぜこの市役所なのか
という問いに対して明白な答えを用意しておく必要があります。

受かったら必ずこの市役所に来てくれるのか、併願先についての確認ももちろんされます。

◎面接が複数回行われることが多いのですが、面接官を担当するのが最初から部長クラスの役員
それ以降では市長や副市長である場合が少なからずあるようです。

上記のような質問・状況において【熱意】を見せることは欠かせません!!


では、どのように志望先への【熱意】を高めればいいでしょうか。
実際に合格者が行っていた、3つの方法をご紹介します!



①街めぐりをする!
志望先に縁がない人はもちろん、地元であっても街歩きはやっておく価値があると思います。
百聞は一見に如かず、実際に目で見て街の魅力を話せるように準備しましょう!

始める時期として、面接の2ヶ月前から始める人もいれば、2~3週間前の人、地元だから2~3日前に自転車で回る人もいました回数としても、4~5回、2~3回、地元だから1回だけなど様々でした。

時期も回数も、『志望先とどのくらい縁があるか』によるようです!

回る場所としては、市街地やその地域独特の場所(山岳地帯などを歩いた人もいました!)、
名所やイベント行事などはチェック・参加しておくといいと思います

②市長ブログを日々確認する!
最初から役員クラスの方が面接官になる場合があるので、
市長が目指している市のビジョンは知っておく必要があると思います。

その有効な手段として、市長がブログやHPメディアに登場している場合はアンテナを張って、確認するクセをつけましょう!

面接で一言「見ています」と言えるだけで、印象もかなり上がると思います♪ウソはついちゃだめですよ

③市報を読む!
市報に書かれている情報は、やってみたいことのアイディアにつながることがあります!

特に年始(1月)に書かれている市長の挨拶&
年度初め(4月)に書かれている今年度の政策については必ず目を通しましょう!

バックナンバーは市役所の広報課でいただけるところもあるので、
時間がもしあったら読んでみて下さいね


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

街めぐりをする際には、水分補給や休憩の時間を欠かさず取って、無理のない範囲で行うようにして下さい。
気温が高い日が続きますが、志望先への熱意も高めていきましょう!!

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR