都庁第一志望の方へ

こんにちは!!河合です!!

今日は、「今の時期から都庁を第一志望にし、都庁にすごーーく行きたいとお考えの方に向けた記事を書こうと思います!ということで、それ以外の方はこれ以降読まなくて大丈夫です(笑)

ではでは、はじめていきます!ヾ(o´∀`o)ノ

私も、この頃「都庁に行きたい!むしろ、都庁にしか行きたくない!!」という思いで勉強をしていました。

こうした第一志望に対する強い想いというのは地道な勉強を進めていく上で大きなモチベーションとなりました。だからこそ死に物狂いで勉強し、合格できたのだと思います。一方で、受験会場ではいつもの自分をうろたえさせる大きな原因にもなりました。「ここに落ちたら行きたいところがない・・・」と思いながら試験を受けることは本当に本当に大きなプレッシャーでした。そのせいで・・・というと言い訳っぽいですが、筆記本番は簡単な問題でぼろぼろと点を落とし、面接では苦戦を強いられました(。pω-。)
第一志望への強い想いはいわば、「両刃の刃」だと思います。決して、「良いことばっかり!」というわけではありません。なのでうまくコントロールする必要があります。

 特に皆さんが目指されている東京都庁の専門試験は、多くの自治体で課されている択一式ではなく記述式で課されます。つまり、都庁にだけ行きたいのであれば専門択一試験の勉強はしなくていいわけです!ラクですね!(´∀`σ)σ ですが、択一の勉強をしていない分、他の官公庁・自治体との併願がしづらくなります。゚(゚´Д`゚)゚。

 「都庁しか行きたくないんだから、併願なんてする必要ないじゃないか!」・・・確かにそうなんです。私もそのように考えて、併願先の対策はどうしても手薄にしてしまいました・・・( ノД`) 私は都庁のほかに、横浜市、国家一般職、国税専門官を併願したものの、このうち国般は一次不合格、国税は二次不合格、横浜市のみ最終合格、という結果です。今から思い返すと、非常に余裕のない受験になってしまいました。合格が出るまでの間、辛かったです・・・

 長々と書いてきましたが、何が言いたいかというと、「都庁にだけ行きたいのだとしても、併願先対策はしっかりとやって下さい!」ということです。都庁だけでなく併願先も合格できる対策をしていれば、本番でも心の平穏が保たれます!(笑) 心の平穏が保たれれば、都庁の試験本番の凄まじい緊張感の中でも実力を出し切れる可能性が高まります!!都庁の試験で実力を出し切れる精神状態を準備するためにも併願先対策はしっかりするべきだと私は思います!

そのためには、、、
①専門択一試験対策をしっかりとする!
 併願先対策になることはもちろん、都庁の専門記述対策をする上でも択一の勉強をしていたほうが勉強がラクですよ(*´ω`)┛それに年が明けると教養論文や専門記述など、都庁対策に多くの時間が割かれますので、択一の勉強にしっかりと時間が取れるのはなんだかんだ今だけです!!頑張ってください!
②他の官公庁、自治体、民間企業にも興味を持とうとしてみる!
 これに関しては言いたいことがたくさんあるので書ききれませんでした(笑) 詳しく聞いてくださる方は是非ブースへお越しください♪(o・ω・)ノ))
 
しょっぱなから長々と失礼しました。色々と言ってきましたが、第一志望をしっかりと決め、そこに自分の情熱を傾けながら勉強することは大事です!むしろそれがなければ第一志望合格は難しいと思います!でも、公務員試験に限らず、選択肢を一つに絞って就活するのはリスクが高いです(つω-`。) 優先順位を付けて対策をすることで、今のうちから受験期の自分をいたわってあげましょうヽ( ´_`)丿 

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR