【社会人経験者向け】ちょっと早めに面接準備を

おつかれさまです!技術職アドバイザーの竹内です( ̄^ ̄)ゞ
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

12月にもなり冬本番の寒さとなってきましたね

さて、本日は、主に社会人経験者に向けた面接のお話をしたいと思います☆
社会人経験者のあなた!「もう面接の話?早くね?」とお思いでしょう。しかし、社会人経験者は早めから面接対策に取り組む必要性があるということをお伝えできればと思ってます あくまで、私個人の意見ですが!(笑)

1.社会人経験者は、試験勉強とはかけ離れた生活を送っていたために、勉強してきたことに対する知識がほぼ消えている。また、働きながらの人にとっては勉強時間がなかなかとれなくて焦る
⇒ 直前期は勉強のみに集中したい ⇒ 早めの面接対策が必要


2.面接(人物重視)試験に大きなウエイトを置いている自治体が増えてきている。また、社会人経験者は、学生と比べて『社会人生活』を経験しているわけだから、当然のごとくそのことについて面接で大きく聞かれる割合が多く、面接対策として準備する分量が比較的多くなる
⇒ 面接試験における配点がでかい ⇒ 勉強もあるのに直前期に面接対策に追われて勉強がはかどらない ⇒ 面接対策と筆記対策の両方が疎かになりがち ⇒ 筆記試験で通過しても面接で失敗しては台無し ⇒ 早めの面接対策が必要

少しは、ちょっと早めに面接対策を始めてほしいという気持ちを感じとっていただけたでしょうか??

ですが、社会人経験者は、次のような強みもあります!
・就職活動で面接の経験をしているため少しは面接の要領をわかっている。
・プレゼンや会議、商談などで人前で話すことに少しは慣れている。
・面接において、より具体的な内容の話をすることができることがある。

人は誰しも緊張したり失敗したりする生き物なので、自分は大丈夫だろうと思っている人ほど不意なことで失敗しやすくなるのです。
これらの強みに、早めの面接対策が加われば、面接を大きな得点原とすることも可能だと思っています!

では、まずは何から取り組んでいけばいいのだろう?志望先はまだ確定してないし・・・という言う人もいると思います。ですが、やはり、まずは自身の社会人経験を振り返ることを強くオススメします。

・前職をやめる(もしくは、やめたいと思っている)に至った理由 [これはかなり深堀りされます]
・前職でどんなことを身に付け、それを志望先(決まっていれば)のどういったところにどのように活かすことができるか
・前職で苦労してがんばったことにおいて、自身としてどのような工夫(取組み方)をしてこなしてきたか [最低2つ以上の話を]

カッコいいことを書く必要はありません。ありのままに書いてみてください。
すごい成果を求められているわけではなく、仕事に対してまじめに、愚直に、誠実に取り組んできたということが伝われば良いのです。
時間があるときに、まずはこれらを改めて振り返って考えてみてはいかがでしょうか。
振り返るときは必ずノートなどにまとめて保管しておいてくださいね!

面接の種類、回数、形式などは自治体等によって異なると思うので、
志望先が決まっている人は、そこがどういった面接を行っているのかをしっかりと調べて、時間が比較的取れるこの頃から少しずつ取り組んでみてはいかがでしょうか?ヾ(・∀・)ノ
もちろん、早めから完璧にというわけではありません。あくまで、少しずつ少しずつ、直前で一気にやろうとして面接対策に追われないように!ということです♪

それでは、長くなりましたが、以上で失礼します!
|v・`)ノシ

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR