特別区の過去問を入手しよう!

こんにちは!アドバイザーの内山です。

担任の講師やアドバイザーから過去問は10年分やってとい言われてる人多いと思います。
でも過去10年分の問題なんて販売していないですよね…
じゃあどうやって手にいれるの?

ということで過去問の入手の仕方について話します。
特別区のことを中心に書きますが、他の試験種の過去問を入手するときも参考にしてみて下さい。

①LECの過去問販売で購入する。
LECでの過去問を購入することが出来ます。購入できるのは2011~2013年の3年分です。(特別区以外のものもあります)
解説もしっかりついているので、購入さえすれば復習もしっかり出来ます。
でもこれで集められるのは、3年分までなんです。申し込んだコースによっては、直近3年分配布されるので、それと合わせて6年分です。あと4年足りないです。だから残りは他で入手する必要があります。

②オークションやネット販売で過去問の問題集を購入する
店頭には、過去10年分置いてないので、以前に発売された過去問をオークションで買うということです。
これが一番楽なのかなって思います。画面で購入をクリックするだけですからね笑
でも問題点が一つあります。かなり高いんです。
やはりみんな欲しい物だけあって、プレミアがついてて定価の数倍もします(つД`)ノ
去年自分もこの方法をとろうとしたんですが、高すぎて断念しました。

③区政会館で過去問をコピーする
区政会館に過去問が置いてあり、自由にコピーすることが出来ます。
区政会館でコピーできるのは、問題と正答番号です。
気付きましたか?解説が無いんです 笑 まあ特別区の施設にある問題に解説があるわけ無いんですけどね。
そこで解説が欲しい人は、国立国会図書館に行くことをオススメします。
国立国会図書館には、過去に発売された過去問題集が全て貯蔵されています。
持ち帰ることは出来ないんですが、お金を払って必要な箇所を複写することが出来るので、欲しい解説部分を複写してみて下さい!

過去問演習は必要不可欠です。直前期になってあわてて過去問を集めるのではなく、余裕がある今のうちに過去問を揃えておくようにして下さい( ̄^ ̄)ゞ



LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR