国税を併願する人の専門記述対策

みなさん、勉強お疲れ様です!アドバイザーの堀です

本日は、「第一志望先に専門記述がないけど、国税専門官を受けたい」という方向けの、専門記述対策のお話をしたいと思います!

まず堀の受験結果についてお話させてもらいますと、
第一志望の特別区に合格、他国税専門官、国家一般職、さいたま市に最終合格しました。
この中で専門記述が課されたのは、国税専門官の試験だけです。

国税専門官の専門記述は【憲法・民法・経済学・会計学・社会学】の中から一題を選択して回答します。
私は経済学(ミクロかマクロのどちらかが出題される)を選択しました。

第一志望で専門記述が課されないけど、国税も受けたい!という方には、私は経済学を選択するよう勧めています。


経済学をおすすめする理由
経済原論の択一の知識である程度対応可能
 経済学の専門記述では「~~について、次の用語を用いて説明しなさい」と問われることがよくあります。ここで問われるのは、択一でも勉強するようなテーマです(例. 必需品と奢侈品の違いについて、費用逓減産業について)。択一で勉強した内容をしっかりと理解していれば、その知識を用いて回答を書くことができます!

小問に分かれている
 他の科目では一つの問題が問われているのに対して、経済学では問いが(1)~(3)くらいの小問に分かれています(近年の傾向では)。小問に分かれていることによって、短い分量で回答を終えることができます。文章の区切りがきます。つまり、長々と回答して文章が破綻する可能性が減ります!

グラフで挽回
 経済学では問いに対する説明とセットでグラフも書くように指示されることが多いです。問いに対する説明がつたなかったとしても、グラフをしっかり書くことである程度点数を稼ぐことができるようです(点数配分はわかりません)。


経済学の専門記述は、他の科目に比べて択一で学んだ知識をそのまま生かしやすい科目だと思います。
私は当時、専門記述の対策をほとんどしていませんでしたが、経済原論の択一の対策は力を入れて行っていました(式やグラフをノートにまとめて覚える、用語の意味をしっかり理解した上で勉強するetc.)。
その択一対策のおかげで、専門記述で高得点ではないですが、合格点を取れるぐらいの回答を書けたと思っています。

まとめ
◆第一志望で専門記述が課されない方には、経済学がおすすめです!
◆専門記述対策法としては、まず経済原論の択一対策をしっかり行うことが重要です!用語の理解を深め、グラフを自分でも書けるように勉強すれば、択一で経済原論を得点源にすることにつながります。結果的に、経済学の専門記述対策にもつながります。
◆そして、教養論文対策で文章力を身に着けてください!択一で身に着けた知識を、論文対策で培った文章力をもって文章化することにより、合格点をとれるくらいの記述ができあがります!

時間は限られているので、効率よく勉強していきましょう

おまけ:経済原論が苦手だった友人は、3・4月くらいから会計学の択一と専門記述の勉強をはじめ、会計学を選択して最終合格していました。
経済が苦手だけど会計学をやる根性ありますって方は、トライしてみては?


実践★面接カードを書いてみよう! (行政・事務職向け)


日時:2月15日(水) 16:00-17:30
場所:LEC水道橋本校
【参加無料・予約不要・LEC生以外も参加OK】
面接カードを使いながら、アドバイザーが自らの経験を基に自己PRの作り方・志望動機の作り方をお教えします。
※持ち物→筆記用具。事前準備不要
http://www.lec-jp.com/koumuin/event/adviser/(クリックでリンク先へ飛びます)

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR