FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この時期からできる「既卒職歴あり」の面接対策

こんにちは!
合格者アドバイザーのF.Mですヾ(・∀・)ノ

2月も後半となり、直前期の直前!に突入しましたね。
時事、過去問、教養論文、都庁志望者は専門記述・・・ect.とやらなければいけないこともどんどん増え、「正直、キツイよ。。。」と思っている人も多いのではないでしょうか?

こんな中で面接対策についてお話しするのは気が重いのですが、筆記試験終了から面接試験までの間は想像以上に短い!ということで、「この時期からできる面接対策」についてお話ししますヾ(o´∀`o)ノ

特に、面接に関して、「既卒職歴あり」の皆さんは、「前職についてどう説明すればいいの?」「数年で辞めたことを責められないの?」など、色々な懸念事項があると思います。
今回は、そんな「既卒職歴あり」の皆さん向けに、私の経験を踏まえながら、面接対策をお伝えします!

少々長くなってしまいましたが、最後までお付き合いいただけると嬉しいです


自己PRを考えてみよう!
公務員の面接で必ず聞かれるのは、自己PRです。

特に、「既卒職歴あり」の皆さんは前職でのエピソードから、実務で活かせる力をPRをしたほうがいいでしょう。なぜなら、「既卒職歴あり」には即戦力として入庁することが求められるためです。

しかし、「前職でPRにつなげられそうなエピソードなんてないよーヽ( ´_`)丿」という方も多いのではないでしょうか??
でも、大丈夫!!
必ず自己PRにつながるエピソードはあります!!
「スケジュール管理が上手」、「窓口・営業でお客さまと話すうえで○○に気をつけていた」、「事務作業を工夫して進めた」など、自分では当たり前と思っていることであっても、話し方次第で自己PRに活用できます

今の時期を活用して、自己PRにつながるエピソードを見つけるために、前職での経験を整理してみてくださいね!

志望動機を考えてみよう!
志望動機も自己PRと同じぐらい公務員の面接ではよく聞かれます。
特に「既卒職歴あり」の皆さんは、ここを上手に説明できないと、「前職がイヤだから辞めて公務員になるのではないか?そんな子官庁でうまくやっていけるのか?そもそもまた辞めるのではないか?」などと、余計なことを詮索されかねません。

これを避けるためには、「前職の入社理由、働いていた事実」と公務員の志望動機の整合性を説明し、ポジティブな転職であることを面接官に理解してもらう必要があります!!

この整合性がとれた志望動機を作るために、私は次の順番で考えました。
これは今の時期から始めたので、皆さんもぜひ参考にしてみてください

 1、1回目の就活から今(公務員受験)に至った経緯を整理する!
   前職の入社理由と公務員受験との整合性を取るには、まず経緯を整理し、自分で
  理解しなければ前に進めません。
   
   具体的には、
   ・学生時代の就活の軸を思い出す
   ・学生時代に受験した業種・企業を書き出し、軸とすり合わせる
   ・前職の就職時に実現したかったこと、前職で働く中で実現できたこと・
   できなかったこと、を書き出し、表を作る
   ・前職で働く中で、公務員受験を考えた理由をまとめる
   (前職の仕事内容から動機付けるとよい)

 2、前職の業務内容を整理し、志望動機に使えそうなエピソードを見つける
   「前職で働く中で公務員を志望するに至った」と論理的に説明するには、心変わり
  のきっかけとなったエピソードを話すのが手っ取り早いと思います。
  具体的なエピソードの探し方は「自己PRを考えてみよう!」を参考にしてください
 
 3、前職と志望官庁とのつながりを見つける
   上記、1・2を参考に論理的な志望動機を作ったとしても、客観的に見て前職と
   志望官庁とのつながりが全く見えないと面接を説得することは難しいです。
   そのため、今の時期から、前職と志望官庁のつながりを見つけておきましょう。
   
   具体的には、
   ・前職の業務内容、取引先・関連企業などの業務内容を整理する
   ・志望官庁のHP、政策資料を読み、関連ニュースも把握する
   
   この2点を実践するだけでも、全くつながりが見えなかった両者間につながりが
   見えてくると思います。
   また、広域自治体などは様々な政策を行っているので、つながりが見つけやすい
   と思います!


LECを最大限に活用しよう!
上記を参考に自己PR・志望動機がある程度まとまったら、面接対策イベント・合格者ゼミを活用して、アドバイザーや他の受験生に聞いてもらい、アドバイスを受けましょうヾ(・∀・)ノ
他の人に聞いてもらうことで、自己PR・志望動機に整合性があるか、リアリティがあるか、聞いていて納得感があるかを確かめることができます
また、リアル面接シュミレーション・担任相談では、先生と一緒に自己PR・志望動機作りができます!!

LECでは面接対策のために様々な機会を提供しているので、ぜひご活用ください~

以上、「既卒職歴あり」の方向けに今からできる面接対策についてお伝えしました♪
自己PR・志望動機について今の時期に土台を作っておくと、面接試験直前に焦らずにすみます
ぜひ、参考にして、取組んでみてくださいね~!

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。