FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「これまで頑張った経験」についての書き方

こんにちは~!!

アドバイザーのS ・Nです。
今日は、皆さんが面接カードに沢山書くであろう、
「これまで頑張った経験」についての書き方についてご紹介したいと思います。

以下、ポイントを追って紹介していきます。

ポイント①:まずは話題を決めよう!!
今までの経験のうち、どの話題について書くのか決めましょう。
話題の決め方は、自分がアピールしやすいからという理由でも、
志望先で求められる強みをアピールできるからという理由でも、何でも良いと思います。
志望先で求められる資質は、採用パンフレットやHPに載っています。
そこに書いてある資質と同じ強みをアピールできるエピソードがあれば、
そのエピソードについて書くこともひとつの手段です。

ポイント②:どんなことに苦労したか思い出す。
受験生が苦労した話は、面接官の大好物です。
なぜなら、受験者が困った時、どうやってその状況に対処するのか分かるからです。
ですから、自分がどれくらい苦労したのか、どんな状況なのか、
面接官に分かりやすく説明し、理解してもらうことが重要です。

では、どのように書けば、面接官に大変さが伝わりやすいのか。
例えば、数字です。
「大学内で一番大きなスキー部で部長をしていた」と面接官に伝えるよりも、
150人の部員がいるスキー部で部長をしていた」と伝えた方が、
規模感部長の仕事の大変さが面接官に伝わりやすいと思います。
また、なるべく具体的に書くことも大切です。
「コンサートの運営の方法について意見対立になった」と書くよりも、
「コンサートでの発表曲順について、部員の意見が二つのグループに分かれてしまった」と書いた方が、
面接官に伝わりやすいです。
とはいえ、限られた場所に「これまで頑張った経験」について書かなければならないので、
苦労したことばかり書くわけにもいきません。
数字などを使って端的に表すようにしましょう。

ポイント③:苦労した状況をどのように打開したのか考えよう。
どうやって困難な状況を打開したのか。苦労している状況であればあるほど、
その後の打開したエピソードは輝いていきます。
勿論、打開したエピソードは、たいした成果が上げられていなくとも構いません。
面接官が知りたいのは、受験者が上げた成果ではなく、その経験の中で得たものなのです。
ですから、結果的に自分が得られたものがあればそれで良いのです。
「努力して全国大会で優勝した経験」があればベストですが、
「努力したものの大会で優勝できなかった経験」でも、
「大会に出場できなかった経験」でも、結果は何でも良いのです。
問題は、その経験から、受験者がどんなことを学ぶことが出来たのか。
そして、学んだことを、今後、どのように活かす事が出来るのかです。


以上、3つのポイントを踏まえ、「これまで頑張った経験」について、具体例を書いてみます。

「私は、大学3年次に、150人の部員が所属しているスキー部の部長を任されました。始めは部員の部活への参加意欲を上げることができず苦労しましたが、周囲の協力を得ながら、部員をそれぞれの技量に合わせたグループに分けることで、全員が自分のレベルにあった活動が出来るように変えることが出来ました。私はこの経験から、困難な状況では周囲との協力が大事であるということを学びました。業務を進めていく中でも、周りと協力していきたいと考えています。」

上記のように、まずは、頑張った経験。次にその説明。
最後に経験から学んだことと、それをどのように業務に活かせるのかという流れで書くと、まとまりある文章になります。

以上が、「これまで頑張った経験」についての書き方になります。

試験までもう少しの辛抱です。忙しい日が続くと思いますが、頑張ってください。ファイト~!!

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。