FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教養論文 この時期からの論点の増やし方

みなさん、こんにちは!!
合格者アドバイザーのF.Mですヾ(・∀・)ノ

教養論文道場や論文マスターを使い、教養論文の勉強を始めている方も多いのではないでしょうか?
ただ、教養論文対策講座や論文マスターの答練で扱うテーマは限られていますよね。
今回は、教養論文対策講座や答練で扱ったテーマ以外でどのように論点を増やせばよいか、について私自身の去年の経験をもとにお伝えいたします


★1つの論点に対して複数の政策を調べる★
例えば、「防災」という大きな課題に対して、自治体は木密地域の不燃化、無電柱化、避難所確保など様々な政策を行っています。これらの政策はそれぞれ独立し、内容もかなりしっかりしているため、いくつかの政策を組み合わせることで立派な論文となります。
つまり、1つの論点であっても、様々な政策があり、様々な角度から書くことができるのです!
このように複数の政策を調べ、まとめておくことで、論述内容のレパートリーを増やせるだけでなく、資料での縛りがある問題にも対応できるようになりますよ(^∇^)ノ


★過去に出題された論点について対策する★
過去に出題された論点はもう出題されないと思っていませんか??

そんなことはありません!!

むしろ、過去に出題された論点はそれだけ志望自治体にとって重要な課題であるとも考えられるのです。
例えば、東京都Ⅰ類B(一般方式)では、平成23年、平成25年に「防災」関連の論点が出題されています。

ということで、過去に出題された論点で未対策のものがあれば、ぜひ対策してみてください!
これにより、これまでの対策の「抜け」をカバーすることができますよ


★HRや担任相談で情報収集★
上記2つをやってもまだ教養論文が不安で仕方ない!!という人は、HRや担任相談を使い、出題可能性があるテーマを講師の先生に聞いてみてくださいヾ(・∀・)ノ
講師の先生は毎年出題傾向を分析しているので、次にやるべきことを教えてくれます!


★箇条書きで書く内容をまとめる★
対策する全論点を論文形式に仕上げているとかなりの時間がかかります。これでは、なかなか論点が増やせないだけでなく、他科目の勉強時間を圧迫しかねません!
このような事態を避けるため、私は、最重要論点以外は序論(課題)・本論(政策・解決策など)・結論、に分け、箇条書きにまとめていました
こうすることで、時間を節約し、より多くの論点・政策に対応できるようになりましたヾ(・∀・)ノ


以上の対策をすることで、私は東京都Ⅰ類A・Bの教養論文を乗り越え、合格までこぎつけました
皆さんもぜひ参考にしてください~!


さて、今回でこのブログへのF.Mの登場は最後...!!
この7ヶ月間、アドバイザーとして様々な経験をつませてもらい、とても充実した日々が送れました
本当にありがとうございました!
これからも、皆さんが合格をつかめるよう、応援しています

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。