FC2ブログ

国家一般職の官庁訪問対策~志望動機について~

こんにちは、中野のアドバイザーのK.Tです!3月10日の「官庁訪問攻略法!」イベントに参加してくださった皆様、誠にありがとうございました!このイベントを通して、官庁訪問に対する不安や悩みが少しでも解消できていましたら幸いです

今回は国家一般職の官庁訪問カードの志望動機作成で気をつけたことについてお話したいと思います。

①まずは情報収集から!説明会には必ず参加しよう!

国家一般職は中央省庁の他に出先機関も採用先に含まれる関係上、選択の幅がとても広いのが特徴です。官庁訪問でどの省庁を回ればいいのか決まっていない方は、まずは興味のある省庁の説明会を片っ端から参加しましょう!

ある程度回る省庁が定まっている方は、その省庁がどのような業務を行っているのか、どのような人材を求めているのか、意識しながら説明を聞きましょう。ただZOOMの画面を見ながら説明を聞き流しているそこのあなた!非常にもったいないことをしていますよ!配布資料に疑問に思ったことはメモを残してください。官庁訪問の逆質問時に役に立つことが多いです!

また、説明会後半の質疑応答時には必ず質問しましょう!逆質問の練習にもなりますし、面接カード作成の材料にもなります。対面で皆の前で質問するのは勇気のいることですが、今はチャットでの質問募集が多く質問しやすいかと思います。私が受験生の時は、他の参加者がする質問文を写真に残しておいて、逆質問の材料にしていました!説明会の情報は「人事院NAVI」というWebサイトでスケジュールが公開されているので、知らない方はぜひチェックしましょう!


②志望官庁のどの業務に携わりたいかを決めよう! 

これは官庁訪問にかかわらず考えることかと思いますが、ただ「○○省に入りたい!」と言うだけでは説得力0ですよね(笑)ですので調べるのが少し手間かと思いますが、具体的な業務内容を調べて、興味のある業務をいくつかピックアップしてみましょう。



③なぜその業務がしたいと思ったのか(ⅰ)、どのような能力が活かせるのか(ⅱ)、自身のエピソードと業務をリンクさせよう!

関わりたい業務が決まったら、さらに説得力を増すために関連する自身のエピソードを考えましょう!

(ⅰ)の場合、例えば認知症の祖父と過ごして△△の必要性を感じた→認知症対策・高齢者福祉に携わりたい→厚労省の○○という業務がしたい!という流れです。

(ⅰ)が難しいと思った場合は、(ⅱ)の方法で作成すると良いかと思います!
例として、総務省の○○という業務(例えば業務改善に関する仕事)に興味がある→大学の頃ゼミで業務改善を行ったとき、××という能力が培われた→業務の△△という場面で××という能力が活かせる!という流れです。

また官庁訪問時は、私の携わりたい業務があまり知られていないものだったので、「どこで知ったの?」と聞かれたこともありました。知るきっかけとなったエピソードも用意していたので、準備しておいて良かったと感じています。




以上が官庁訪問時の志望動機の作成方法でした!少しでも参考になれば幸いです

コメント

Secret

LEC受講生限定★時事

keyimg_convert_20111116140543[1]

LECの最新情報をTwitterでCHECK!Follow me★

最新記事

カテゴリ

Link

月別アーカイブ

アクセス数

facebookをチェックする

記事検索

プロフィール

★team公務員★

Author:★team公務員★
メンバー全員が公務員試験の合格者。春から全国の官公庁に勤務予定!後に続く受験生さんのために「何をどう勉強し、どうやって合格したか?」そのコツを公開します。

Supported by
資格のことなら合格のLEC

QR

移動中に!授業中に?!
いつでもどこでも合格情報をGET!
携帯版【公務員合格者ブログ】はコチラ!
QR